コブクロ チケット
コブクロの桜 毎年春の季節に絶対聞きたい2人のハーモニー!

黒田俊介と小渕健太郎のふたりで結成された音楽グループ、コブクロ

2001年のデビュー以降、数多くのヒット曲を世に送り続けてきました。ふたりの織り成すハーモニーは聴いていると幸せな気持ちになりますよね。

ここではそんなコブクロのヒット作品の中から、特に人気の高い「桜」に注目してみたいと思います。ぜひ最後までお付き合いください。

コブクロのヒットシングル「桜」

コブクロの大ヒットシングル「桜」は2005年11月2日に発売されました。

定番の「桜ソング」としても知られていますが、発売は11月という桜の季節ではないのも特徴のひとつにあげられます。

「ここにしか咲かない花」「桜」「君という名の翼」と前後に発売されたシングルを並べてみても誰もが知っている作品ばかり、改めてコブクロのすごさが分かりますよね。

コブクロの「桜」の歌詞の世界

ここではコブクロの名曲「桜」を動画と一緒に見ていきましょう。ギター1本で奏でるアルペジオ。そこから始まるふたりのハーモニーが絶品です。

派手な演奏などなくとも、こんなシンプルな形態でも素敵な曲があるのだと改めて認識させられますよね。

コブクロのファンだけではなく、全ての人に見てもらいたいそんな作品に仕上がっています。

音源と同じ演奏が楽しめるコブクロの「桜」

続いてご紹介するのは、ライブで演奏された「桜」。

こちらはギターの演奏が主体で、バンドサウンドも入ってくる音源に近いバージョンと言えます。あのままの雰囲気を感じたいという方におすすめできる動画です。聴いていると涙がつたってくるかのような感動を覚えますよね。

この作品だけにかかわらず、コブクロの作品どれもふたりのハーモニーがとてもきれいですよね。何度も聴きたくなる名曲です。

コブクロのおすすめ記事はこちら!

コブクロのライブに行って生の声を聴いてみよう

コブクロの大人気シングル「桜」のご紹介、いかがだったでしょうか。少し切ない歌詞、シンプルな演奏が楽しめる動画、音源と同じ演奏が楽しめる動画、バリエーションが豊富でいつまでも楽しめますよね。チケットキャンプではコブクロのチケットを取り扱い中です。日本が誇るフォークデュオ、コブクロのライブにぜひ行ってみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。