コブクロ チケット
コブクロの風はなぜ切ないときに聞きたくなるのか?

きれいなハーモニーを聴かせてくれるフォークデュオ、コブクロ。黒田俊介と小渕健太郎の織り成す絶妙のハモリは多くのファンを魅了してきました。

ここではそんなコブクロの名曲の中から「風」に注目したいと思います。ぜひ最後までお付き合いくださいね。

コブクロのヒット曲「風」

コブクロのヒットシングル「風」は、2002年2月13日に発売されました。コブクロにとって4枚目となる本作には、表題曲のほか「そしてまた恋をする」がカップリングに収録されています。

シングルとして初動の売上は決して高いものではありませんでしたが、ジワジワと話題とともに人気が高まり、10万枚を超えるヒットとなりました。さすがコブクロの実力を知ることになる作品と言えるでしょう。

コブクロの「風」の歌詞を見てみよう

ここではコブクロのヒット曲「風」の歌詞を見ていきましょう。もういないあなたを思い出す朝の風、小渕健太郎らしい言葉が光る名作と言えるのではないでしょうか。

あのときああやっておけば良かった。そう思っても今はどうしようもできない、そう思うことは恋愛には多くありますよね。ちょっぴり切ないときに聴きたいナンバーです。

コブクロ「風」の歌詞

コブクロの「風」の動画を見てみよう

ここからはコブクロの「風」を動画と一緒に見ていきましょう。最初にご紹介するのは、テレビ出演時の模様です。

小渕健太郎が歌い出す冒頭部分、黒田俊介 が歌うサビ、それぞれ良さがありますよね。後半ではふたりのハーモニーも聴くことができます。コブクロの初期の名曲、ぜひチェックしてみてくださいね。

コブクロの「風」のap bank fes出演時のライブ動画を見てみよう

続いてご紹介するのは、コブクロがap bank fesに出演したときの「風」の模様です。なんとここではミスチルの桜井和寿のボーカルも聴くことができます。コブクロと桜井和寿の共演、とっても豪華ですよね。

良質なアーティストが数多く出演するap bank fesはとってもおすすめのフェスです。動画は他にもたくさんアップされているので、気になるアーティストのものは全部チェックしてみてくださいね。

コブクロのおすすめ記事はこちら!

コブクロのライブに行って、音楽やMCを楽しんでこよう

コブクロの初期の名曲「風」のご紹介いかがだったでしょうか。4枚目のシングルにしてとっても素晴らしい作品でしたよね。チケットキャンプではコブクロのチケットを取扱中です。コブクロのライブはとっても素晴らしい音楽を聴けるだけではなく、黒田俊介の面白いMCを聴けることでも有名です。ぜひ素敵なフォークデュオのライブに行ってみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。