コブクロ チケット
コブクロ 小淵健太郎のギター特集!使用機材からライブ動画まで!

黒田俊介と小渕健太郎による音楽デュオ、コブクロ。日本人の琴線にふれるメロディ、情緒あふれる歌詞が多くの音楽ファンに愛され、発売する多くの作品が大ヒットを記録しています。

「ここにしか咲かない花」「桜」「君という名の翼」、コブクロのヒット曲は数多くありますよね。ここではそんなコブクロのギターを担当している小淵が使用しているギターを中心にご紹介していきたいと思います。ぜひ最後までお付き合いください。

コブクロのギターを担当する小淵健太郎

コブクロのギターを担当するのは小渕健太郎です。コブクロではボーカル、ギター、コーラスなども担当していることでもおなじみですよね。

小淵が作る作品は名曲が多く、コブクロの名曲のほとんどは彼が作曲したものになります。あの名曲、「ここにしか咲かない花」「君という名の翼」「蕾」などが代表作にあげる方が多いのではないでしょうか。そう思うとコブクロでの彼の役割はとても大きいのだと改めて思わされますよね。

コブクロの小淵健太郎が愛用するギター

ここからはコブクロのギターを担当する小渕の使用機材を見ていきましょう。小淵は大きく分けてアコースティックギターとエレクトリックギターを使っています。

アコースティックギターではギブソンやマーチンと言った世界の名だたるブランドを愛用していることで知られています。

エレクトリックギターでは「All Cocobolo Telecaster Full Scratch」という山崎ギター工房製の小淵健太郎フルオーダーメイドなども使用されています。

さすが人気アーティストだけあってオリジナルモデルがきちんと用意されているようです。

コブクロの小淵健太郎がギターを弾く動画を見てみよう「陽だまりの道」

ここでは実際に小淵がギターを演奏している作品を動画と一緒に見ていきましょう。最初にご紹介する動画は、コブクロの「陽だまりの道」。

アカペラで歌から始まるのが印象的なナンバーですよね。小淵が使用しているのはマーチンのアコースティクギター。彼が作り出す名曲はこのような楽器から生まれてくるのだと想像すると、感動してきそうですよね。ぜひ歌と一緒にお楽しみください。

コブクロの小淵健太郎がギターを弾く動画を見てみよう「桜」

続いてご紹介するのは、コブクロの名曲のひとつである「桜」。コブクロが結成するきっかけにもなった曲として有名ですよね。

ここで使用されているのは、ヘッドのロゴから見ておそらくギブソン製のギターではないでしょうか。楽曲によってギターを使い分ける小渕の姿勢、作曲家としてだけではなく、ギタリストとしての拘りを感じさせてくれます。素敵なメロディが印象的な「桜」、ぜひ最後までお楽しみくださいね。

コブクロのおすすめ記事はこちら!

コブクロのライブに行って、ふたりの歌に酔いしれよう

ここではコブクロのひとりである小渕のギターに注目してみました。いかがだったでしょうか。彼の作り出す作品はどれもとても魅力的ですよね。興味のある方はぜひ彼の機材を追及してはどうでしょうか。チケットキャンプではコブクロのチケットを取り扱い中です。日本人なら誰もが共感するメロディ、ぜひ生で聴いてみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。