ブライダルソングとして人気!清木場俊介が放った「愛のかたち」

EXILE在籍時にもSHUNとして代表曲の「ただ…逢いたくて」の作詞なども手掛けていた清木場俊介。ソロとなり「唄い屋」となってからは荒々しいメッセージソングも多かったけれど、彼のソフトな歌声もまたファンが多いのです。

そんな中でウェディングソングとして発表された「愛のかたち」はそんな彼の繊細なヴォーカルワークがたっぷり堪能できる美しきバラード作品

こんな歌で祝福されたいものです、ほんと!

syun01
(出典:amazon)

「ただ…逢いたくて」のタッグで生まれた「愛のかたち」

「愛のかたち」は2008年にリリースされた清木場俊介の9枚目のシングル。

何といっても作曲が春川仁志ということで、EXILE初期の超名曲「ただ…逢いたくて」と同じタッグになっているのでその名曲っぷりはハンパないです。

伴奏はピアノのバッキングが中心で、そこには圧倒的な清木場俊介の歌声の存在感がどっしりと。ミクロの限界まで繊細に声をコントロールしている至宝ともいうべき名曲がここに誕生したわけです。

清木場俊介本人が手掛けた「愛のかたち」の歌詞

愛のかたち(DVD付)をAmazonでチェック!

「愛のかたち」の歌詞を見ていきましょう。

「どれほど君を愛せば この胸の痛み消えるだろう」
「言葉にならないほどに 伝えたい気持ちが強すぎて」
「この両手で 抱きしめられたら それ以上他には 何もいらないから」

ピュアです。何てことのない言葉なのに、真心が伝わってきます。決して奇をてらうことなく美しいメロディーにぴったりでまっすぐな愛の言葉を綴ってくれています。惚れます!

▶︎愛のかたち(DVD付)をAmazonでチェック!

清木場しか歌えない「愛のかたち」のメロディー

さらに「愛のかたち」の歌い方を見ていきましょう。

「愛してる ただその言葉の意味を 僕はずっと知らずにいた」

ラブソングといえばやはり「愛してる」の言葉ははずせません。でも…、そう、誰が歌っても良い訳ではないんです!

SHUNじゃなきゃ歌えない、この繊細なメロディへそっと寄り添うような歌い方だからこそ、感動できるんです!!

「愛のかたち」のMVをみてみよう!

清木場俊介の名曲「愛のかたち」のミュージックビデオを見てみましょう。

レコーディングのときの様子が中心なので、ステージ上のキリリとした彼とはひと味違います。

随所に「愛のかたち」が流れ、彼のあたたかい人間性が見事に伝わってくるMVに仕上がっています。

清木場俊介のオススメ記事

感動的な声は生歌で聴きたい!

syun02
(出典:H.I.P)

清木場俊介の名曲「愛のかたち」のご紹介、いかがでしたでしょうか。

彼の細やかにコントロールされた歌声はまさに国宝級。「愛のかたち」以外にも、こうした感動的な声は聞くことが出来ますが、それがライブで、生で、となるとまた格別。鳥肌間違いなしなので、ぜひ一度ライブに行ってみることをオススメします。

チケットキャンプでは、清木場俊介のライブチケットを取扱い中です。ぜひ実際に足を運んでみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。