木村カエラの新作「TODAY IS A NEW DAY」のたのしみ方

木村カエラといえば当初はかわいらしいルックスからアイドル視されながらも、サブカル臭を前面に押し出したファッションを含めた音楽性に路線変更して見事に成功を手に入れた女性アーティスト。

「リルラリルハ」の頃はどちらかというととんがったサブカルロック好きの人々の注目を集めていました。そして友達の結婚式用に作った「Butterfly」が大ヒットしてからはその人気は国民的なものに。

そして10周年を迎える今年は自身のプライベートレーベルELAも立ち上げ、改めてロックなテイストを前面に出してきて活動の幅を広げています。

木村カエラの新作「TODAY IS A NEW DAY」はロックしている


(出典:YouTube)

前作となる「OLE!OH!」はどちらかというと、木村カエラの持つポップスセンスが光った作品でした。もちろんそうした彼女のスタイルが好きな人もたくさんいるはずで、実に聴き応えのある内容でしたよね。

ところが今回は表題曲「TODAY IS A NEW DAY」でもわかる通り、カエラロックにはしばしば登場するメロコア系バンド・ASPARAGUSのギター&ヴォーカル・渡邊忍と作り上げたロック臭あふれるビートが炸裂。一曲目からファンをノックアウトすること確実です。

木村カエラの新作「TODAY IS A NEW DAY」はジャケも新鮮

普通にしてたら美しいし、かっこいいし、かわいい木村カエラ。

でもこのCDジャケットでもわかる通り、そこをそのまま表現しないのが彼女の持ち味。

いわゆるサブカル系ロッカーとして、一筋縄ではいかないぞという決意があふれるジャケットなので、かわいいカエラちゃんが望みの人は、少々がっかりするかもしれませんが。

木村カエラの新作「TODAY IS A NEW DAY」は洋楽的センスが光る

TODAY IS A NEW DAY (初回限定盤)をAmazonでチェック!

他の収録曲もかなりロックとしてガリガリのノリを聴かせてくれます。

2曲目の「c’mon」もまたエッジの効いたギターと疾走感あふれるビートで、カエラならではの本格英語発音の歌詞が乗っかって洋楽並みにかっこいい仕上がり。

またすでに発表されていた「Yellow」も、-kensuke ushio REMIX-として生まれ変わり、バーバルなリズムでかなりクラブ寄りのスタイルに仕上がっています。

TODAY IS A NEW DAY (初回限定盤)をAmazonでチェック!

木村カエラの他のオススメ記事

チケットキャンプでは木村カエラのチケットを取扱中!

さて、いかがでしょう? 木村カエラのライブが見たくなってきたのではないでしょうか? やはり生のステージには音源だけでは味わえないリアルな感動があるもの。

もちろんチケットキャンプでは木村カエラのチケットも取り扱っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。