木村カエラのバックバンド/作曲者が豪華であると話題に!

その感性の赴くままに、アルバムごとに変幻自在にそのサウンドスタイルを変化させる木村カエラ

とかくその冒険するファッションや、彼女自身の佇まいに目が行ってしまうのは当たり前ですが、もうひとつ、そのバックを固める布陣にも目をやると、よりそのすごさがわかるのです。

今回はそうしたバックバンド及び楽曲提供などをこなしている豪華な面々にスポットを当ててみたいと思います。

木村カエラのバックバンド/作曲者 會田茂一

彼女をいちやくスターダムに押し上げた代表曲「リルラリルハ」や「Samantha」などの楽曲に参加していたのがこの通称アイゴンこと會田茂一(あいだ しげかず)

かつては日本のギターロックとクラブミュージックをたくみに融合したユニット・EL-MALO(エル・マロ)の一員で、コーネリアスなどとの共演で知られたサブカルシーンでの有名人。

近年では自らがプロデュースしていたバンド「HiGE」に突然加入したことでも話題となりました。

木村カエラのバックバンド/作曲者 ヒダカトオル

日本を代表する似顔絵お面でおなじみだったセミ覆面バンド・ビークルことBEAT CRUSADERSの中心人物だったのがヒダカトオル。カエラ仕事として携わったのは「snow dome」です。

ビークル自体、音楽マンガ「BECK」のモデルとされたくらい、メロコア系統のバンドでは人気がありました。

そして、この人も突然プロデュースしていたMONOBRIGHTに加入して話題になりました。

木村カエラのバックバンド/作曲者 末光篤

いわばT.M.Revolution形式で、ピアノとヴォーカルをひとりでこなし、SUEMITSU & THE SUEMITH(スエミツ アンド ザ スエミス)というグループ名を名乗っていた末光篤(すえみつ あつし)

木村カエラの一世一代の名曲で結婚式の定番曲「butterfly」を作曲したことで有名です。

木村カエラのバックバンド/作曲者 柏倉隆史

木村カエラのバンドとしての魅力を最大限にアップしているのがこのドラマー、柏倉隆史(かしわくら たかし)

ハイテクニックを身上とするバンド・toeのドラマーとしても活躍しています。

木村カエラの他のオススメ記事

チケットキャンプでは木村カエラのチケットを取扱中!

さて、いかがでしょう? 木村カエラのライブが見たくなってきたのではないでしょうか? やはり生のステージには音源だけでは味わえないリアルな感動があるもの。もちろんチケットキャンプでは木村カエラのチケットも取り扱っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。