【祝・復活】キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)おすすめアルバムTOP3

完全復活と共に新曲「千%」の公開と、待望のニューアルバムの発売を発表したたキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)のおすすめアルバムTOP3を発売日や感想などを交えて紹介していきます。復活で盛り上がるキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)のおすすめアルバムTOP3をチェックして、来たるライブに備えましょう。

 

キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)、遂に復活!

2017年6月18日に再結成と共に新曲「千%」の公開と、14年ぶりとなる待望のニューアルバムの発売決定を発表したたヒップホップグループ・キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)

KREVA,MCU,LITTLEの3MCからなるキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)の圧倒的な個性とスキルで、ヒップホップシーンに留まらず、日本全国、音楽シーンを巻き込む社会現象とまでなりました。

2001年5月23日にシングル「スーパーオリジナル」でメジャーデビューから2004年6月20日の活動休止までメディアへの出演や記録的なセールスで、日本の音楽シーンに革命を起こしたキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)の復活を記念して、おすすめアルバムTOP3を発売日や感想などを交えて紹介していきます。

キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)とは?

CUE ZEROとともにBY PHAR THE DOPESTで活動しており、国内最大級のヒップホップイベント・B-BOY PARKのMCバトルで前人未到の3連覇を成し遂げたKREVA、アンダーグラウンド・シーンでもその名を轟かせるRADICAL FREAKSのMCU、そしてサポートDJとしてキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)を支えるDJ SHUHOと共にソロMCとして東京を中心にスキルフルなラップで支持を得ていたLITTLEのまるで「ドリームチーム」のような3MCで1997年にキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)を結成します。

結成のきっかけは初めて3人がコラボレーションした楽曲「カンケリ」で共演したことから始まり、グループ名は「缶を蹴る奴ら」という意味です。

結成後すぐに「タカオニ/カンケリ」でインディーズデビューすると完成度の高い楽曲と、「キャラ立ち3本マイク」と称される3MC共がキャラ立ち、存在感凄まじいパフォーマンスで話題となります。

2001年5月23日にシングル「スーパーオリジナル」でメジャーデビューから2004年6月20日の活動休止までメディアへの出演や記録的なセールスで、日本の音楽シーンに革命を起こしたキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)。

その功績はメジャーデビューアルバム「VITALIZER」はオリコンウィークリーチャート初登場3位、2003年11月に発売したベストアルバム「BEST ALBUM 2001-2003」はオリコンウィークリーチャート初登場1位、さらに2002年12月31日には、第53回NHK紅白歌合戦に「マルシェ」で初出場を果たします。

さらに国内だけに留まらず、台湾から台湾親善大使を任命、招聘されたり、ニューヨークで開催されているヒップホップ界の最高峰アワード「THE SOURCE HIP HOP MUSIC AWARDS 2003」に日本人初ノミネートされ、アルバム「magic number」がフランス、カナダ、イギリス、キューバのアーティストらの作品とともに「International Album of the Year」を受賞するなど正に伝説のグループと言っても過言ではありません。

今から発表するおすすめアルバムTOP3をチェックすれば、復活で盛り上がるキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)をより深く知ることが出来ます。

キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)おすすめアルバム第3位「GOOD MUSIC」

発売日:2004年1月1日

収録曲:

  1. OPENING
  2. 性コンティニュー
  3. パレード
  4. MISSION 1
  5. 脳内VACATION (album edit)
  6. ALL NIGHT LONG
  7. 裏表
  8. 揺れ
  9. MISSION 2
  10. 自由TIME (album edit)
  11. ナビ
  12. LIKE THIS (GOOD!)
  13. GOOD MUSIC
  14. MISSION 3
  15. パンク寸前のFUNK
  16. もしも

2003年8月からスタートした怒涛のシングル5枚連続リリースの集大成であり、キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)が活動休止前に発表された最後のアルバムです。

このころのキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)はグループとして成熟を迎えており、今までの短く濃い活動のハイライトのようなアルバムです。

しかし、アルバム自体に纏まりがあり、アルバム自体が一曲のように感じます。

非常にバランスが良いのは勿論、「キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)=ポップ」というイメージを払拭しました。

玄人受けするアルバムながら、初めてキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)を聴くという人にもお勧めできる傑作です。

キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)おすすめアルバム第2位「magic number」

発売日:2003年1月1日

収録曲:

  1. 登場
  2. RE-FRESH
  3. 地球ブルース ~337~
  4. ストレス
  5. mama said ~ハタラキッパ~
  6. アンバランス
  7. ナニカ
  8. movingman
  9. DJDJ (for RADIO)
  10. CAN-CAN
  11. TORIIIIIICO! (feat.CASSETTE VISION)
  12. E.L.E.M.E.N.T.S
  13. LONELY ONE
  14. sayonara sayonara (Album Edit) (feat.CUE ZERO)
  15. magic number

キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)において通算3枚目、メジャーで2枚目のアルバムながら日本武道館での初公演、NHK紅白歌合戦への出演など、最も乗っている時期に発売されたアルバムです。

当時、社会現象ともなったキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)のとんでもない熱量と勢いをそのままパッケージされています

大ヒットシングルが目を引く中、キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)ファンの間で一番の名曲、隠れ名曲と名高い「ナニカ」も収録されています。

アッパーなチューン、メッセージソングなど様々なタイプの楽曲が収録されており、キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)の様々な顔を見ることが出来ます。

大ヒット曲「sayonara sayonara」はKREVAの盟友・CUE ZEROがフィーチャリングするヴァージョンになっており、是非聞いてほしいです。

キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)おすすめアルバム第1位「VITALIZER」

発売日:2002年2月14日

収録曲:

  1. THE THEME OF “KICK”
  2. スーパーオリジナル
  3. マルシェ
  4. ONEWAY
  5. カンケリ02
  6. キックOFF
  7. イツナロウバ
  8. C’MON EVERYBODY (Remix)
  9. VITALIZER
  10. ONE FOR THE WHAT, TWO FOR THE WHO PART.III
  11. ?WHATCHANAME?
  12. 神興ロッカーズ
  13. LIFELINE (VERSION 2)
  14. HANDS

キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)記念すべきメジャー・ファーストアルバムであり、日本のヒップホップ・シーンにおける名盤です。

正に初期衝動のような勢い、革命前夜の高揚感、ワクワク感がアルバム全編に渡って感じることが出来ます。

発売から10年以上が経っても尚、新しく感じるクオリティーは当時リアルタイムで聴く以上に今でも衝撃を味わうことが出来ます。

正に金字塔であり出発点、原点において最高傑作ともいえる名盤ですので是非聞いてみてください。

まとめ

(出典:PAKUTASOより)

今回は2017年6月18日に再結成と共に新曲「千%」の公開と、14年ぶりとなる待望のニューアルバムの発売決定を発表したたヒップホップグループ・キックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)のおすすめアルバムTOP3を発売日や感想などを交えて紹介していきました。

また音楽シーンを盛り上げてくれること間違いなしのキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)。

復活で盛り上がるキックザカンクルー(KICK THE CAN CREW)おすすめアルバムTOP3をチェックして、ニューアルバムの発売、夏フェスやライブに備えてください!

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。