ケツメイシの「ライフイズビューティフル」は哀愁の人生賛歌

八王子近辺をウロウロしていたやんちゃ坊主たちがひとりの生活者としてじっくり人生に向き合っていくうちに、いろいろと不快感街にたどり着き、それをヒップホップ〜レゲエのトラックに乗せて歌モノJ-POPとして成立させてしまった…。それがケツメイシの音楽。

彼らの一連のヒット曲に込められているメッセージはいつも深くて鳥肌が立ってしまうものばかりだけど、彼らの名曲扇子が光るのは決してシングルとしてカットされたものばかりじゃありません。

中でも名曲の呼び声が高いのが、この「ケツノポリス5」に収録されたミディアム・バラード「ライフイズビューティフル」。まだ聴いたことのない人は人生を損しているはずです。

ケツノポリス5をAmazonでチェック!

▶︎ケツノポリス5をAmazonでチェック!

サビ始まりの冒頭から涙腺を崩壊させる隠れた名曲・ケツメイシ「ライフイズビューティフル」

このサビ始まりで展開するこのナンバー、冒頭から鳥肌&涙腺崩壊の美しいメロディーと歌詞で圧倒してくれます。

もはやこの歌詞は壁に貼って毎日の元気の源として読みあげたいほどの完成度。相田みつをがそのまま書としてしたためてもおかしくない、人生の機微を知り尽くした人でしか書けない歌詞ではないでしょうか。

汗まみれの体と心をクールダウンさせるケツメイシ「ライフイズビューティフル」

「ライフイズビューティフル」を直訳すれば、人生は美しい。

一見見た目がむさ苦しい彼らに言われると、余計にそのギャップで深く感じ入ってしまう面もあると思います。

ライブでも汗まみれのアッパーチューンのその後にクールダウン的な役割で演奏されることの多いこの曲、冷えきっていく汗とともに感動の鳥肌が立つという心憎い演出に使われることの多いナンバーです。

耐え難いほどの苦労や苦悩の果てにあるもの……ケツメイシ「ライフイズビューティフル」

リフレインされるこちらの歌詞。

人生の美しさを心ゆくまで味わうためには、苦労と苦悩が必要だと彼らはこうして歌うのです。

RYOJIの美声とともに告げられるこの御託宣。内容の割に全然説教臭く聞こえないところが、彼らの音楽性の深さだといえるのではないでしょうか。

ケツメイシの他のオススメ記事

チケットキャンプではケツメイシのチケットを取扱中!

さあ、いかがでしょう? ケツメイシのライブが見たくなってきたのではないでしょうか? やっぱり生のステージには音源だけでは味わえないリアルな感動があるものです。もちろんチケットキャンプではケツメイシのチケットも取り扱っています。ぜひチェックしてみてくださいね!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。