ケツメイシの「君とつくる未来」は家族愛を描き出す人気曲

正確に言えばレゲエ系ヒップホップグループに仕分けされる2MCに1ヴォーカル、1DJのヴォーカル&ラップグループのケツメイシ

見た目はじゃっかんいかついし、ライブDVDが「ケツの穴」というシリーズというふざけたネーミングであったり、色物的にシーンに登場したけれど、実際に楽曲を聞くと心優しく繊細な世界観が広がって、ついついギャップ萌えしてしまうところが彼らの武器かもしれません。

そんな彼らにはしみじみとしたラブソングもたくさんありますが、この「君とつくる未来」のように、ファミリーソングともいうべき人気曲もあるのです。

バラード/君とつくる未来をAmazonでチェック!

バラード/君とつくる未来をAmazonでチェック!

NAOKI-Tの哀愁たっぷりなトラックメイキングが光るケツメイシ「君とつくる未来」


(出典:YouTube)

この楽曲はケツメイシの作詞・作曲ではあるけれど、作曲にはギタリストでトラックメイカーのNAOKI-T(ナオキ-ティー)の名もクレジットされているのが注意点。

NAOKI-TはFUNKY MONKEY BABYSをデビュー時から手がけた裏の仕掛け人であるとともに、ヒップホップにとどまらずに女性シンガーソングライターのmiwaの「ヒカリヘ」「Delight」というブレイクのきっかけとなった楽曲をプロデュースごと手がけていたことで知られる才人です。

ケツメイシ作品としては他に「君にBUMP」「さくら」「トレイン」「また君に会える」「旅人」など数えきれないヒット曲をともに制作しています。

赤ちゃんから老人まで、さまざまな”手”を鍵に作られたケツメイシ「君とつくる未来」PV

ケツメイシ1
(出典:TOKYO POP LINE)

2011年に発売された彼らの24枚目のシングルが両A面扱いの「バラード/君とつくる未来」。
ともすれば片方だけのPV制作になることも多い、せちがらい世の中だけれど、きちんと「君とつくる未来」にもPVが制作されていることが、この楽曲の人気の程が伺えます。

PVのディレクションは福居英晃(ふくい・ひであき)。女性アイドルのアイドリング!!!、まだZがつく前のももいろクローバー「行くぜっ!怪盗少女」からシンガーソングライターの阿部真央の出世曲「ロンリー」、ジャニーズものの嵐「One Love」まで幅広く手がける鬼才ディレクター。

今回は赤ちゃんから恋人同士、老人まで、さまざまな”手”をフィーチャリングすることによって、絆を描き出しているところが素晴らしい名品に仕上げています。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。