ケツメイシの哀感みなぎる「冬物語」は、「さくら」の冬版?

ケツメイシといえば果てしなくロマンティックでせつない楽曲。

ビッグヒットとなり並み居る桜ソングの中でもひときわ人気の高い「さくら」をはじめ、終わってしまった愛を愛感たっぷりに振り返らせたら日本一ともいうべき作風が特徴。

そんな中で根強い人気を持っているのが「さくら」の冬バージョンともいうべきこの2007年に「聖なる夜に」との両A面扱いで発表された「冬物語」です。

聖なる夜に/冬物語をAmazonでチェック!

▶︎聖なる夜に/冬物語をAmazonでチェック!

ベテラン・アレンジ職人のYANAGIMANが参加したケツメイシ「冬物語」

この楽曲の作詞・作曲はもちろんケツメイシ。

編曲にはFUNKY MONKEY BABYS、倖田來未などの仕事もこなすベテラン・アレンジ職人のYANAGIMANが参加しています。

そしてMVのメガホンをとったのはGReeeeN「旅立ち」「キセキ」等のPVも手がけた直(CHOKU)監督。リアルなラブシーンと空撮・車載カメラで撮影された冬景色をカットバック手法で編みこみながら、モノクロで切ない感を存分に出しているのが印象的です。

ひたすらに終わった愛を”思い出す”ケツメイシ「冬物語」

ケツメイシ 1
(出典:OKmusic)

あまりに切ない「冬物語」の歌詞の中でも、印象的なのはこの部分。

終わらない 冬の空から雪が舞い降る
終わったはずの 冬の恋が重なる
変わらない街に 白い粉雪舞い降る
変わったのは 
君がいなくなった事だけなのに
思い出す 君の囁(ささや)き
思い出す 雪の輝きに
思い出す 君の温もり
思い出す 冬物語

やっぱりヒップホップ系のアーティストだけあって韻の踏み方が見事な歌詞です。「終わらない」「変わらない」と「終わった」「変わった」を交互に出しながら、最後は「思い出す」のリフレインで余韻を強調しています。

韻を踏みながら切なさを増幅させていくケツメイシの「冬物語」

ラップ部分はひたすら自分の心の中をのぞきこむ、自問自答スタイル。以下は2番のあとに出てくるラップパート。

(ラップ)見上げた空は また重く白く
見慣れた街 冬支度を急ぐ
静かに灯(とも)り出す 街灯(あか)り
思い出す寂しさ あの日のままに
いつかは忘れていくの?
その記憶はかすれていくの?

きっちり韻を踏みながら疑問符をさし挟み、切なさを増幅させていく手法はやはりケツメイシならではの重要なスキルです。

ケツメイシの他のオススメ記事

チケットキャンプではケツメイシのチケットを取扱中!

ケツメイシ 2
(出典:ケツメイシ公式サイト)

さあ、いかがでしょう? ケツメイシのライブが見たくなってきたのではないでしょうか? やっぱり生のステージには音源だけでは味わえないリアルな感動があるものです。もちろんチケットキャンプではケツメイシのチケットも取り扱っています。ぜひチェックしてみてくださいね!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。