加藤ミリヤはなぜ10代から愛される?その理由を徹底解明

加藤ミリヤといえば、10代の女の子を中心に圧倒的な支持を受けている女性シンガーソングライターですよね。加藤ミリヤがここまで愛される理由はどこにあるのでしょうか?

女子高生アーティストとしてデビューしたという背景も大きく影響していると思いますが、それだけではない!ただ単に同じ世代だから共感できるってわけではないですよね。

ということで、デビューから10年を経過しても今もなお10代から絶大な支持を受けている加藤ミリアの魅力に迫るべく、その愛される理由を探ってみたいと思います。

加藤ミリヤがティーンから愛される理由は歌詞にアリ!

加藤ミリヤがデビューした2004年といえば、音楽配信がスタートした年でもあります。加藤ミリヤ世代にとって、音楽配信サービスは切り離せないものですよね。さて。2004年デビュー組の大手歌詞検索サイト、歌ネットの「歌ネット歴代人気曲」というランキングでは、2位から5位まですべて加藤ミリヤの曲なんです。ちなみに1位は木村カエラの「Butterfly」です。

そして、加藤ミリヤの曲はダウンロード数が増えるとそれに比例して、歌詞を検索する人が増えていくというのです。つまり、彼女の曲は聞くだけではなく、歌詞を知りたい!という人が多いというわけなんですね。知りたい!と思われる加藤ミリヤの歌詞の魅力とは?

加藤ミリヤがティーンから愛される理由は心に染みる言葉?

加藤ミリヤ自身、女子高生アーティストとしてデビューしていたため、10代が抱える特有の気持ちの代弁者ということで、入り込みやすかったという理由も人気のひとつだったかもしれません。しかし、デビューから10年が過ぎた今でもなお、「恋愛の教祖」となって10代の女の子たちから愛され続けている理由はなんなのでしょうか?

本人がもう10代ではなくてもその世代を惹きつけているのは、人間が持っている孤独感、誰かを愛するという強い信念、切なさなど、世代も性別も関係ない普遍的なものをテーマにして人間の心の光と闇を書いているという点にあると思います。いくつになっても加藤ミリヤの曲にリアルさを感じるのはそういった点なのかもしれません。

特に10代に支持されているのは10代の心をわかって代弁してくれていた教祖的存在の加藤ミリヤが20代になってまた苦しい恋をしてその恋についてもがく様子を包み隠さず心にしみる歌詞で表現している姿にバイブル的なものを感じているのかもしれません。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。