>JUJU チケット
JUJUの「また明日」を徹底解剖!この曲に込められた物語とは?

200万人が泣いたとされる韓国のベストセラー小説「カシコギ」が原作のドラマ!「グッドライフ〜ありがとう、パパ。さようなら」の主題歌の「また明日」。

この曲はJUJU自身が原作を読み、ドラマのために書き下ろしたナンバーです。究極の愛の形を見事に表現し、描いています。

決して安易な歌詞ではなく深い意味や想いが込められています。この意味を理解したときには涙が溢れてくるのではないでしょうか?この壮大なバラード曲を動画や歌詞を交えてご紹介します♪

JUJUが原作から教えられた愛の形と絆

果てしない愛情とそれゆえの切なさを静かに歌っているフレーズです。サビの部分ですが、熱く力んで歌うのではなく、包み込むように歌い上げ、愛情の温かさを表現しています。

JUJU自身が好きなフレーズとは!?

これから起こる悲しみを見越して、子どもに対する強い想いが描かれている歌詞です。覚悟のようなものも感じられ、切なく、儚い願いが胸を締め付けらる、そんなフレーズをJUJU自身がお気に入りとしてインタビューで答えています。

JUJU「また明日…」のPVは母と娘の物語!

「また明日…」はドラマでは父の息子の物語だったのですが、PVでは母と娘の物語が3代に渡って展開されていきます。女性側からの視点で描かれているため、またドラマとは違った感情で見れるPVとなっています。子どもを残して先に逝ってしまう母の深い愛情や感情が涙を誘います。

もう一つの視点で、残されてしまった子どもの切なさと自分が母になった時に母の気持ちを理解するようになる様が見事に描かれています。

JUJUに関するおすすめ記事

JUJUが「また明日…」を書き下ろして伝えたい想い

JUJUがドラマを盛り上げるために制作した「また明日…」という曲は原作からJUJU自身が初めて気づかされた愛の形を表現しています。よりドラマの世界に入り込みやすいように作られた歌詞やPVはただ切なく哀しいというものだけではなく、究極の愛情を教えられるものとなっています。

生でその歌声を聴くとより一層感情移入できるのではないでしょうか?チケットキャンプではJUJUのライブチケットを取り扱っていますので、この機会にぜひとも検索してみてください☆

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。