オーストラリア・メルボルン出身のロックバンドJET(ジェット)が2018年に来日公演決定!

オーストラリア・メルボルン出身のロックバンドJET(ジェット)。2012年に惜しまれながらも解散しましたが、2016年に復活を発表し、2017年にオーストラリアで再結成ライブを行いました。そしてこの度、8年ぶりの単独来日公演が2018年3月に決定!

JET(ジェット)、8年ぶりの来日単独公演決定!

JET(ジェット)は2001年に結成されたオーストラリア・メルボルン出身のロックバンド。

フロントマンのニック・セスターとその弟でドラマーのクリス・セスターのセスター兄弟と、二人と同じ高校に通っていたキャメロン・マンシー、ベースのマーク・ウィルソンの4人からなります。

2003年にリリースされたデビューアルバム「Get Born」は世界中で350万枚以上のセールスを記録する大ヒット。

現在までに3枚のスタジオアルバムをリリースしていて、いずれも世界各地の音楽チャートにランクインしています。

「アー・ユー・ゴナ・ビー・マイ・ガール」はiPodのCMソングとして使われていたので聞き覚えがある!という方も多いのではないでしょうか。

フジロックフェスティバルの常連で、来日公演も多数。

2007年には日本武道館での公演も成功させています。

ドラムのクリス・セスターとベースのマーク・ウィルソンは The Vice Lords という名義でSuperflyをプロデュースしたこともあります。

また、Superflyの3枚目のシングル「i spy i spy」はJETとのコラボレーションによる作品です。

Superflyの越智志帆が以前からJETのファンということでダメ元でコラボレーションを依頼したところ、実現したそうです。

その後もSuperflyのアルバムにボーカルのクリス・セスターが楽曲提供をするなど、関係は続いているようです。

Superflyの越智志帆はクリス・セスターとの楽曲制作についてインタビューで答えていました。

以前「i spy i spy」を作った時も、すごく刺激をもらってたので、いつかまた一緒に出来たらいいなと思ってたんですよ。でも、彼と向き合うのは体力がいるので(笑)。変わり者だから(笑)。

彼はもともとオールド・ミュージックが大好きなんですけど、今の音楽にもすごくアンテナを張っていて、ちょうどいいバランスになりましたね。今の音楽だけど、音色にレトロさが残っているのがいい感じだなと思いました。このレコーディングは面白かったですよ。事件ばっかり起きて、全然レコーディングが進まない(笑)。クリスは思いついたフレーズをずっと録音し続けて、ほっとくといつまでもやってるので、“まだBメロのベースやってんの!”みたいな(笑)。でも、そこまでは長いんだけど、いざ本番となると速いから。思いついたフレーズを全部録って、ミックスの時に本当にミックスする。全貌が見えてないから、どんどん変わって行く。面白いですよ。無駄があるから。

(出典:BARKSより)

楽曲制作に妥協せず、こだわりの強さがうかがえますね。

世界中でアルバムをヒットさせた彼らでしたが、2012年3月に公式ホームページ上で解散を発表し、メンバーはそれぞれで音楽活動をするようになります。

ベースのマーク・ウィルソンとドラムのクリス・セスターはDAMNDOGSを結成し、フロントマンのニック・セスターはソロプロジェクトを行っていました。

そして2016年に再結成が発表され、アメリカのシンガーソングライター、ブルース・スプリングスティーンの2017年2月からのオーストラリア公演のオープニングとして復活を果たします。

フジロック2017にも参加し、フジロックの場で日本での単独公演を熱望したことから、2018年の来日単独公演が実現したとのこと。

日本でのライブについてベースのマーク・ウィルソンは以下のようにインタビューで答えていました。

すごく満杯で、みんなダイブをしたりとか熱狂的に盛り上がってくれて。そのときから、日本の聴き手が自分たちのことを本当に親身に受け止めてくれていると感じているよ。

(引用:CD Journalより)

日本のファンのことを大切にしてくれているようですね!

それが今回の単独来日公演へつながったのではないでしょうか。

JET(ジェット)来日公演2018の日程や会場情報

JET(ジェット)来日公演2018の日程・会場

  • 2018年 3月6日(火) 名古屋 DIAMOND HALL OPEN 18:00 / START 19:00
  • 2018年 3月7日(水)東京 新木場 STUDIO COAST OPEN 18:00 / START 19:00
  • 2018年 3月8日(木)大阪 NAMBA HATCH OPEN 18:00 / START 19:00

JET(ジェット)来日公演2018のアクセス

名古屋DIAMOND HALLへのアクセス

〒460-0007 名古屋市中区新栄2-1-9 雲竜フレックスビル西館5F

地下鉄東山線『新栄町駅』2番出口より徒歩2分

東京 新木場 STUDIO COASTへのアクセス

〒136-0082 東京都江東区新木場2-2-10

JR京葉線・りんかい線 東京メトロ有楽町線 新木場駅から徒歩5分

大阪 NAMBA HATCHへのアクセス

〒556-0017 大阪府大阪市浪速区湊町1丁目3-1 湊町リバープレイス

地下鉄 四ツ橋線・御堂筋線 なんば駅26-B出口

JET(ジェット)来日公演2018の見どころ

JET(ジェット)はストレートでシンプルなロックンロールサウンドを奏でるバンドとしてザ・ストロークスやザ・ホワイト・ストライプスやダットサンズなどと共に「ロックンロールリバイバル」と称されていました。

再結成後、2017年7月に待望のニューシングルを発表しています。

イタリア出身のエレクトロ・グループ「The Bloody Beetroots」とコラボレーションした 「My Name Is Thunder」を配信リリースしています。

これまでの彼らとはまた異なる一面を見せてくれるのではないでしょうか。

今までにリリースした3枚のスタジオアルバムの楽曲だけではなく、来日単独公演で披露される新曲への期待も高まりますね。

以前からのファンの方以外にも、フジロック2017で興味を持ったという方もいるのではないでしょうか。

そんな方にも今回の単独来日公演は嬉しいお知らせと言えそうです。

これまでのアルバムを復習しつつ、新曲に期待しながらライブを待ちましょう!

JET(ジェット)のおすすめ記事

JET(ジェット)8年ぶりの単独来日公演!

(出典:PAKUTASOより)

オーストラリアのロックバンド、JET(ジェット)8年ぶりの来日単独公演の概要・日程・会場・アクセスや見どころについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

デビューした時からのファンという方も、今年のフジロックフェスティバルでのライブを観てファンになった!という方も、また来日してくれるというのは嬉しいのではないでしょうか。

JET(ジェット)は日本のファンを大切にしているので、きっと良い演奏を披露してくれるでしょう。

2018年3月までまだまだ時間がありますし、スケジュールを調整してJET(ジェット)のライブを楽しんでくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。