2016年注目株!イトヲカシが路上ライブを続ける理由

毎年、全国を路上ライブで巡るという異例の活動を行っている2人組アーティスト「イトヲカシ」。いま音楽ファンに大人気のイトヲカシの魅力と、そもそもなぜ彼らが路上ライブを行っているのか探っていきましょう。

ここ数年で音楽業界は激変しました。CDというメディアから、インターネットによる音楽配信に軸足が移り、さらにはYouTubeなどの動画サイトによってプロモーションを行うといった手法が主流となっています。誰もが自分で作製した楽曲を世界に向けて発信することが可能となり、そこから人気に火が付きデビューするといったケースが多くなりました。

イトヲカシ」。彼らもそのような形でチャンスをつかんだアーティストですが、毎年、全国を路上ライブで巡るという異例の活動を行っています。今回はそんなイトヲカシの魅力と、そもそもなぜ路上ライブを行っているのか探っていきましょう。

 二律背反(オリジナル特典付)はAmazonをチェック!

全国路上ライブツアー〜2016春〜が大盛況に終わったイトヲカシ

3月中旬から4月中旬まで、全国20カ所を巡ったイトヲカシの「全国路上ライブツアー〜2016春〜」は大盛況に終わり、初日からの4日間で3,500人以上を動員しました。2013年春の路上ライブツアーでは31ヶ所で12,000人以上、2014年秋には17ヶ所で7,000人以上を動員しましたが、今回はそれらを大幅にうわまわる過去最速のペースとなりました。

通常、アーティストがライブツアーを行う場合、プロモーター(興行主)と呼ばれる企画や運営をする担当を置くのが普通です。しかし彼らはプロモーターには頼らず完全にメンバーふたりだけで行っている、いわば「手作り」の路上ライブツアーといえます。だからこそファンを大切に思い、「神対応」と呼べるような素敵な心遣いにあふれているのです。

実際に参加したファンの声をまとめると、サインや握手にも快く応じてくれて、中には色紙以外の複数の私物にまでサインをもらったというファンもいるようです。

また、全国の会場でファンが寄せ書きをリレー形式で繋ぎ、それをイトヲカシの2人へ渡すといったことも行われ、受け取ったふたりは、全部読むことを約束してくれたそうです。

ファンとの絆がここまで強いことも、イトヲカシの最大の魅力ともいえるのではないでしょうか。

イトヲカシが路上ライブを行うようになった理由

アーティスト、特にバンドマンにとってライブというのは特別なものです。生で聴いて、肌で温度感を感じ取ってほしいと思うからこそ、一人でも多くの人たちに届けるためにライブツアーで全国を飛びまわります。

もともとバンドマンだったイトヲカシのふたりも同様に感じていました。インターネットで配信はしているけど、やはり生音で直接届けたい、感謝の気持ちを届けたい、といった理由でライブに積極的に参加するようになります。2013年頃からは、さらに自分たちからも会いにいきたいという想いで全国各地を路上ライブで巡るようになり、以降毎年路上ライブツアーを敢行。年を追うごとに動員数を増やし続けています。

動員数が増えてきても路上ライブというスタイルを変えずに貫くことは、想像以上に大変なことではないでしょうか。しかし、何よりもファンを大切に想う気持ちがそれを支えている最大の原動力なのかもしれません。

全国路上ライブツアー〜2016春〜以降も見逃せないイトヲカシ

ファンとの距離が近く、心のこもった神対応。毎年のように路上ライブツアーを行っているイトヲカシは、今後も要注目のアーティストです。ぜひ一度、彼らのライブに足を運んで、アットホームでホッとする時間を一緒に過ごしてみてはいかがでしょうか。

イトヲカシのおすすめ公演はこちら

★2016年5月14日スタート!イトヲカシ first one man tour「捲土重来」

イトヲカシ初の全国ツアー、「イトヲカシ first one man tour『捲土重来』」が5月14日(土)からスタート!路上ライブとはまたちがう、迫力満点のステージを満喫してみてくださいね!イトヲカシのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。