全出演者が決定!「頂 –ITADAKI- 2017」のイベント概要や楽しみ方をチェック!

2017年6月、日本を代表する野外音楽フェスのひとつ「頂 –ITADAKI-」が開催されます。イベント作りに貢献しながら出演者のライブを楽しめる「頂 –ITADAKI- 2017」!今回は開催概要と出演者ラインアップ、そしてイベントの楽しみ方をまとめてお伝えします。参加しようかどうか迷っている方も、ぜひ参考にしてみてくださいね!

今年6月に開催される「頂 –ITADAKI- 2017」!出演者や楽しみ方を紹介!

(出展:PhotoMaterial)

日本を代表する野外音楽フェスのひとつ「頂 –ITADAKI-」(通称:頂フェス)。2017年版のイベント開催も間近に迫っています。出演者の最終発表もあり、あとはスタートを待つばかり!

今回は、「頂 –ITADAKI- 2017」の全出演者リストとともに、日程・会場・アクセスなどの概要やイベントの楽しみ方もまとめてお届けします。

こちらの記事もおすすめ!

「頂 –ITADAKI- 2017」特集①イベント概要

出演者も出揃った「頂 –ITADAKI- 2017」!まずはイベント概要を押さえておきましょう。

「頂 –ITADAKI-」はキャンプも楽しめる野外フェス!

「頂 –ITADAKI-」は音楽やアートを通じ、イベントコンセプト「LOVE FOR THE FUTURE」を伝える野外音楽フェスです。

出演者のライブを楽しめるだけでなく、参加者が持ち寄った廃油を使うバイオディーゼル発電を照明や音響に活用したり、物販でチャリティー活動をしたりといった面があります。

また、通常は公園である会場スペースに特別なキャンプエリアを設置。音楽好きというだけでなく、アウトドア好きの方もたっぷりと楽しめるイベントです!もちろん2017年の「頂 –ITADAKI-」も、これらの特徴を引き継いだ開催となります。

「頂 –ITADAKI- 2017」開催日程・会場

日程:

2017年6月3日(土) 開場9:30 開演11:00

2017年6月4日(日) 開場9:30 開演10:30

 

会場:

静岡 吉田公園特設ステージ(静岡県榛原郡吉田町川尻4036-2)

 

アクセス:

JR東海道線「島田」駅南口より無料シャトルバスで約30分

 

当日の持ち物:

  • マイ箸、マイカップ、マイボトル
  • マイキャンドル
  • マイゴミ袋
  • 雨具、防寒具
  • 廃油
  • チケット
  • 携帯灰皿(喫煙者の方)

(引用元:「頂 –ITADAKI- 2017」公式サイト)

車を利用する方への注意点

「頂 –ITADAKI- 2017」は出演者もさまざまですので、各地からファンが集まります。中には車で行こうと考えている方がいるかもしれませんね。

会場となる吉田公園周辺にはコインパーキングがありません。公園内にある駐車場を利用し、必ず駐車券を発行してもらいましょう。利用時間は8:30〜。3日は24:30まで、4日は22:30までです。

イベント当日は、多くの来場者が予想されるため、車1台あたりの乗車人数によってチャージがかかるシステムとなっています。チャージ料金は1人なら2,000円、2人なら1,000円。3人以上ならチャージ料金はありません。少人数であれば、電車と無料シャトルバスの利用がおすすめです!

「頂 –ITADAKI- 2017」特集②出演者

では、最終的な「頂 –ITADAKI- 2017」の出演者をチェックしてみましょう!

「頂 –ITADAKI- 2017」出演者【MCなど】

  • MC:PJ&Keyco
  • Live Paint:Kads MIIDA&Gravityfree(3日のみ)
  • Sound:Acoustic,sound ETHNOS
  • Lighting:SHINKILOW
  • Candle Time:ちろりろうそく
  • Moon Stage:Taiheichang

「頂 –ITADAKI- 2017」出演者【3日】

  • Robert Glasper Experiment
  • EGO-WRAPPIN’
  • サニーデイ・サービス
  • never young beach
  • Yogee New Waves
  • toe
  • THA BLUE HERB
  • DUBSENSEMANIA Guest.PAPA U-Gee
  • 犬式(INUSHIKI)
  • Candle Time:アン・サリー
  • Campsite Only Show/Moon Stage –Midnight Landing-:奇妙礼太郎
  • Campsite Only Show/Moon Stage –Midnight Landing-:Marter

「頂 –ITADAKI- 2017」出演者【4日】

  • スチャダラパー
  • 水曜日のカンパネラ
  • THE BAWDIES
  • OKAMOTO’S
  • Predawn –Sunday Morning Set-
  • 七尾旅人
  • EVISBEATSとPUNCH&MIGHTY
  • GOMA&The Jungle Rhythm Section
  • 渋さ知らズオーケストラ –SPECIAL SHIBUKUNAI SESSION-
  • Candle Time:高木正勝

(引用元:「頂 –ITADAKI- 2017」公式サイト)

「頂 –ITADAKI- 2017」の出演者ラインアップには、野外音楽フェスにぴったりのアーティストの名前が並びました。

インスト曲でありながら聴くものを魅了するバンド「toe」、唯一無二の音楽性が印象的な「犬式(INUSHIKI)」、交通事故で負った怪我の後遺症を乗り越えて復活した「GOMA」など、注目したいアーティストも多数!

初日のみ、レゲエ・アートを追求するKads MIIDA、海外でも活躍するユニットGravityfreeのライブペインティングが楽しめます。キャンプスペースのみで見られる奇妙礼太郎やMarterのステージにも注目したいですね!

また、当日はステージ装飾やライティングなどへのこだわりも細かくチェックしてみると、普通のライブとは違った楽しみ方ができますよ。

「頂 –ITADAKI- 2017」特集③イベントの楽しみ方

最後に、「頂 –ITADAKI- 2017」の楽しみ方をお伝えしておきましょう。「頂 –ITADAKI-」最大の醍醐味はやはりキャンプ!本来キャンプ場ではないので水回りなどが多少不便ですが、キャンプスペースでくつろぎながら、出演者のパフォーマンスを堪能するのが最高の楽しみ方といえるでしょう!

通しキャンプ入場券を持つキャンパー限定のMOON STAGEが楽しめるのも嬉しいポイント。また、会場から徒歩1分のところにスーパー銭湯「遊湯の里」があるので、お風呂にも入れますよ!

3日9:00〜4日16:00(最終クローズ17:00)まで利用出来るキャンプスペースは、以下の2種類があります。お好みに合わせて利用を検討してみてくださいね。

①グリーンキャンプエリア

芝生の上でゆったりとキャンプが楽しめます。メインエリアに近いので移動も楽チン。一区画4m×4mの広さです。

 

《注意点》

  • 芝生を傷めないよう、細めのペグを少なめに使用してください。
  • 熱のあるものを芝生の上に置くと焦げる可能性があるので気をつけましょう。
  • 薪・炭、直火は使わないでください。(調理などにはガス式ストーブやコンロを使用)

②オートステイエリア

車ごとステイできます。もちろんテントを張ることもOK。一区画6m×5mで、広々としたスペースです。

 

《注意点》

  • 地面が砕石なので、金属製の細いベグをおすすめします。
  • 車の出し入れは基本的に緊急時以外できません。(エリア内走行は必ず徐行運転)
  • 直火使用は禁止ですが、BBQコンロなどで薪・炭を使用できます。

こちらの記事もおすすめ!

「頂 –ITADAKI- 2017」に参加しよう!

出演者が出揃った野外音楽フェス「頂 –ITADAKI- 2017」のイベント概要や楽しみ方をまとめてお届けしました。キャンプ初心者という方も、ぜひこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

出演者と参加者が作り上げる独特な空間がクセになる「頂 –ITADAKI-」。2017年版の開催が待ち遠しいですね!

(敬称略)

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。