井上陽水初心者にもオススメな王道フォークソング「心もよう」のいろは

浮き世離れしたシンガーソングライターといえばやっぱりこの人、井上陽水

フォークシンガーとして名をはせて、今でも現役、もはや「井上陽水」というジャンルにでもするしかない独特の魅力を持った音楽を生み出し続ける彼の不朽の名盤「氷の世界」に収録されていたのがこの「心もよう」。

「傘がない」などシュールな楽曲世界が特徴の井上陽水作品にあって、この「心もよう」は王道フォークソングとしてしっかり成立している謎の少ない曲。陽水初心者にも安心してすすめられる一曲となっています(笑)

若き陽水が歌った「心もよう」をライブ音源で

ここに、「心もよう」のライブ音源がありますので、ぜひ聞いてみてください。


(出典:youtube)

1979年の渋谷公会堂でのライブパフォーマンスです。そんなに今と変わっていない不思議な響きと存在感。でも音楽の方は実に素敵です。

アルペジオのギターの音色でフォーク度10000パーセント。サビの盛り上がり方がまたちょっとした往年のロックバンドみたいでたまりません。なんどでも聞きたくなるような名曲ですね〜。

歌うことで激情が伝わってくる「心もよう」の歌詞

「心もよう」の歌詞をみてみましょう。どうでしょう、ごくおとなしい感じのせつせつとした印象がありませんか。

名曲、心もようの歌詞の続き

そしてこのサビになります。

歌詞だけならやはり遠くにいる人に手紙をしたためた歌なので、せつなさが満ちています。

でも上記の音源で聞くと全然印象が違いませんか?「徒然草」ていどのニュアンスだったのが、下手をするとレッド・ツェッペリンの激情のロックチューンみたいにサビで爆発します。こういうところがすごいんですよねー。

たくさんのミュージシャンにカヴァーされる名曲定番

心もようをAmazonでチェック!

「心もよう」は聴いてもかっこいいですが、歌ってみたくもなる曲なんですよね。

シンプルなのに華がある、何か情熱を爆発させて歌いたくなる絶妙な歌世界なんです。

それはプロのミュージシャンにとっても同じなようで、アイドル歌手の南沙織にはじまって、小柳ルミ子、平原綾香、陽水の提供曲「飾りじゃないのよ涙は」を大ヒットさせた中森明菜など、多くのアーティストによって、カヴァーされているのです。それもなぜか女性アーティストによるカヴァーが圧倒的に多いのも不思議なところですね。

▶︎心もようをAmazonでチェック!

井上陽水のオススメ記事はこちら

生のヴォーカルで聴く「心もよう」は一生の宝物になる

井上陽水の「心もよう」について書いてみました。

不思議なムードをたたえた、やたらいろんな人から尊敬されているのに行動は天然としか思えない黒いサングラスのおじさん、くらいにしか若い世代の人には印象がないかもしれませんが、とてつもなくすごい人なんですよ。

まあそれをわかるのはステージを見るのが一番ですが。チケットキャンプではもちろん、井上陽水のライブチケットも取扱い中です。ぜひ実際に足を運んでみてくださいね!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。