川谷絵音率いるindigo la End(インディゴラエンド)のメンバーやプロフィールまとめ!

メンバーチェンジも多く、バンド、そしてメンバー個々のプロフィールなども謎の多い川谷絵音さん率いるindigo la End(インディゴラエンド)について紹介します。indigo la End(インディゴラエンド)と言えばゲスの極み乙女。の川谷絵音さんの印象も強いですが、もちろん他のメンバーの魅力も十分にあります。メンバーチェンジもある為、現在のメンバーはもちろん、元メンバーのプロフィールも紹介します。元メンバーにも興味がある方は最後までチェックしてみてください!!

indigo la End(インディゴラエンド)を知りたい!

(出典:足成より)

indigo la End(インディゴラエンド)はゲスの極み乙女。の川谷絵音さんが率いるバンドで、ゲスの極み乙女。とはまた違う世界観を繰り広げているバンドです。

川谷絵音さんがいるという事もあり、ゲスの極み乙女。のファンという方もいるかもしれませんが、そのサウンドや世界観は別物です。
今回はそんなindigo la End(インディゴラエンド)のメンバー個々のプロフィールを紹介していきます。
indigo la End(インディゴラエンド)のメンバープロフィールを知ってもらえれば、indigo la End(インディゴラエンド)の魅力が川谷絵音さんだけで成り立っている物ではないという事もわかるでしょう。

indigo la End(インディゴラエンド)バンドプロフィール

indigo la End(インディゴラエンド)のバンドプロフィールとしては、活動開始は2010年2月、川谷絵音さんを中心に結成し、2014年8月に後鳥亮介さんが加入、2015年に佐藤栄太郎さんが加入し2017年現在の形となります。
所属レーベルはワーナーミュージック・ジャパン傘下のunBORDEで、バンド名の由来はスピッツのアルバム「インディゴ地平線」から由来しているのだそうです。

現在のメンバーはこの通りです。

・川谷絵音 (Vocal/Guitar)

・長田カーティス (Guitar)

・後鳥亮介 (Bass)

・佐藤栄太郎 (Drums)

メンバーは第1期から第5期に渡る

indigo la End(インディゴラエンド)のメンバーは第1期~第5期とメンバーの入れ替わりが多いです。
第1期から変わらずにメンバーとして在籍しているのが川谷絵音さんと長田カーティスさんとなり、ベースとドラムに関してはメンバーチェンジがあります。
また、ドラマーに関しても第1期から第4期までのドラマーはオオタユウスケさんでしたが、現在の体制の第5期に入り、佐藤栄太郎さんとなります。
他にも正式メンバーではないものの、サポートメンバーも多く、第1期から第5期まででサポートを担当したメンバーは

・ベース

久保寺豊さん

塩澤由希子さん

露崎義邦さん

・コーラス

佐々木みおさん

工藤愛子さん

太田美音さん

となります。ちなみに、現在正式メンバーの後鳥亮介さんも第2期ではサポートベーシストとして参加しています。
正式メンバーはもちろんですが、サポートメンバーのプロフィールなども気になりますね。

川谷絵音プロフィール

名前:川谷絵音(かわたに えのん)

indigo la End(インディゴラエンド)の創立者でもあり、第1期からのオリジナルメンバーです。
indigo la End(インディゴラエンド)ではボーカル、ギター、作詞、作曲担当を担当しています。
細かいプロフィールとしては、1988年生まれ、長崎県出身、東京農工大学工学部応用分子化学科卒業、父親は高校教師だそうです。
indigo la End(インディゴラエンド)と別にゲスの極め乙女。でもギターボーカルを担当しています。

長田カーティスプロフィール

名前:長田カーティス(おさだ カーティス)

indigo la End(インディゴラエンド)ではギターを担当し、川谷絵音さん同様第1期からのオリジナルメンバーです。
細かいプロフィールとしては、1988年生まれ、山梨県出身、O型、牡羊座で、なんと法政大学社会学部を卒業しているそうです。
一見優しそうな顔立ちをしていますが、実は元ヤンという事も公言しており、子供が苦手という事もカミングアウトしています。

後鳥亮介プロフィール

名前:後鳥亮介(ごちょう りょうすけ)

indigo la End(インディゴラエンド)には第2期にサポートメンバーでベーシストとしてして参加し、正式に加入したのは第4期からとなります。
メジャーデビューアルバムである「ダビングシーン」のMVなどにも出演をしており、2014年のROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014にて正式加入が発表されました。
細かいプロフィールとしては、北海道音更町出身、趣味は映画鑑賞や漫画、アニメを見る事です。

佐藤栄太郎プロフィール

名前:佐藤栄太郎(さとう えいたろう)

indigo la End(インディゴラエンド)のドラムス担当で、第5期から加入となります。
2015年のワンマンツアー「幸せが溢れたら」を経て最終日に正式メンバーになる事が発表されました。
細かいプロフィールとしては、兄は格闘家、プロレスラーの佐藤光留さん、indigo la End(インディゴラエンド)以外の活動としてはDJ有るジェルゴットリッヂ名義でDJとしても活躍しています。

元メンバー和田理生(絵にならない課長)プロフィール

和田理生さんは第1期のメンバーとして、ベースを担当していました。現在はゲスの極み乙女。でで休日課長名義で活動をしています。
細かいプロフィールとしては、 1987年生まれ、埼玉県出身、絵にならない課長、休日課長以外のニックネームとして、和田理生、わだお、カチョージオなどがあります。
また、2017年5月29日からは学生気分というボカロPユニットにも所属しています。
indigo la End(インディゴラエンド)を抜けてしまった理由は当時就活中だった為です。

元メンバー和田茉莉子プロフィール

和田茉莉子さんは第3期indigo la End(インディゴラエンド)のベースとして参加しています。
脱退の理由は一身上の都合だそうで、メンバーとして在籍していた期間はたったの二ヵ月半と短い間でした。
細かいプロフィールなどの情報はあまりありませんが、現在ではboots on avalanche、Far Franceというバンドで活動しており、またniobiumというバンドでサポートベースも担当されています。

元メンバーオオタユウスケプロフィール

indigo la End(インディゴラエンド)の元メンバーの中でも第1期~第5期までと在籍期間が長かったオオタユウスケさんはドラムス・コーラスを担当していました。ちなみに結成当時の第1期ではカタカナ表記ではなく、太田悠介という漢字名義でした。
オオタユウスケさんはCOUNTDOWN JAPAN14/15をもって脱退を発表し、脱退理由も語られています。

「昨年末バンドの更なる発展に向け、今後の活動についての話し合いをして行く中で、オオタと他のメンバーの考え方に大きな隔たりがある事が明確化し、今後お互いが更なる進化を遂げる為には別々の道を歩むべきだという結論に至った為」

(出典:音楽ナタリーより)

細かいプロフィールとしては1984年生まれで小さい頃は野球選手を目指していたという事位しかわかっていませんが、現在もドラマーとして活動されています。

現在のindigo la End(インディゴラエンド)に期待!

メンバーチェンジを繰り返しているindigo la End(インディゴラエンド)ですが、バンドをやる中でバンドメンバーが固まらないというのはなかなか活動に支障をきたしてしまいます。
そんな中でもメジャーとしてデビューし、曲を作り続けているのは凄い事です。
indigo la End(インディゴラエンド)を一つのバンドとしてみるのも良いですが、この様に個々のメンバープロフィールを知って応援していくのもファンの醍醐味です!
これからのindigo la End(インディゴラエンド)の活躍にも期待しましょう。

川谷絵音さんの他のオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。