イナズマロックフェスの行き方、駐車場、アクセス情報を詳しく解説!

T.M.Revolutionの西川貴教主催の音楽フェスティバル、イナズマロックフェス

2009年に開催され、現在では西日本最大の音楽フェスティバルへと成長を遂げました。2014年は9月13日(土)、14日(日)の2日間で開催されます。

ここではイナズマロックフェスのアクセスについてご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

イナズマロックフェスの会場までのアクセス(東京・名古屋・博多)

イナズマロックフェスが開催されるのは、「滋賀県立琵琶湖博物館」のイナズマロックフェス2014会場になります。

最寄りの駅はJR草津駅。

会場周辺の駅は混雑が予想されるため、みんなで協力しましょう。JR草津駅は、東京から東海道新幹線(のぞみ)で京都駅まで行き、そこから琵琶湖線(新快速)で行きます。

名古屋や博多からの場合も、京都まで新幹線で行き、そこから琵琶湖線(快速)で行きます。所要時間は東京から約2時間53分、名古屋からは約1時間3分、博多からは約3時間18分となっています。

イナズマロックフェスの会場までのアクセス(草津からは会場直行シャトルバスがあります)

イナズマロックフェスが開催される会場の最寄りの草津駅からは、会場直行シャトルバスがあります。

運行時間は往路は9時30分〜17時00分、復路は18時00分からとなっています。また、所要時間は約20分です。

シャトルバスに乗るには往復チケットが必要になるので注意しましょう。

価格は13日(土)、14日(日)、ともに1100円です。

イナズマロックフェスの会場までのアクセス(車や自転車で行く場合は?)

イナズマロックフェスに、車で行きたい方もいらっしゃると思います。

イナズマロックフェスの会場には専用駐車場は用意されていないため、車で行くのはやめましょう。また、渋滞などの原因にもなるので送迎などで会場付近に駐車することも禁止されています。草津駅から会場行きの専用シャトルバスが出ているので、そちらを使いましょう。地元の中には、バイクや自転車で行きたい方もいらっしゃるのではないでしょううか。

イナズマロックフェスの会場には駐輪場もありますが、数に限りがあるので、そこだけは注意が必要です。

イナズマロックフェスの模様を動画でチェック!

イナズマロックフェスとは西川貴教が主催する音楽フェスティバル。

少しだけその模様を動画で見てみましょう。ライブの雰囲気が分かれば、きっとイナズマロックフェスに行きたくなるはず!ぜひチェックしてくださいね。

イナズマロックフェスに行ってみよう!

イナズマロックフェスの会場アクセスのご紹介、いかがだったでしょうか。当日がとっても楽しみですよね。チケットキャンプではイナズマロックフェスのチケットを取扱中です。西川貴教が音楽で恩返しをしたいという気持ちから開催されたイナズマロックフェス。みんなでルールを守って、楽しいフェスの思い出を作ってくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。