誰も知らない泣ける曲!?THE イナズマ戦隊「応援歌」に込められた想いとは?

メジャーデビューから11年が経ち、さらに活躍の場を広げているTHE イナズマ戦隊

最近では、ジャニーズへの楽曲提供でも活躍していますね。関ジャニ∞の「無責任ヒーロー」や「ズッコケ男道」を何気なく聴いていて、「なんて良い歌なんだ!」と感動して調べてみたら、作詞があの上中丈弥さんだった!……なんて経験をした方もいるのではないでしょうか。

今回は、活躍の場を広げているTHE イナズマ戦隊の初期の名曲「応援歌」を改めて聴いてみましょう。

歌詞はイナズマ戦隊らしくとてもストレート!

上中丈弥さんの書く詞はどれもストレートですが、「応援歌」の詞はその中でも群を抜いてストレート!

という曲名通りのどストレートなフレーズ。そのフレーズが何度も何度も繰り返され、曲を止めた後でも耳に残って頭の中で流れ続けてしまうような印象的な曲。

人を応援したいという気持ちを、何の飾りもつけずに表現した曲ですよね。

「応援歌」が誕生したキッカケとは?

「応援歌」は、ヴォーカルの上中丈弥さんが親友であるボクサーに向けた作った曲です。

一度は挫折してしまったボクサーが再びリングに立つことを決意したときに、親友として全力で応援しようという思い、親友が立ち直った喜びを込めてこの曲を作ったと、上中丈弥さんは語っています。

「応援歌」は、全力で人を応援しようとする気持ちと、熱い友情がテーマになった曲なのです。

応援歌は『誰も知らない泣ける歌』

「応援歌」は、2009年3月に日本テレビ系の番組『誰も知らない泣ける歌』で紹介されました。

その番組中で「応援歌」の制作エピソードが語られるや否や、日本中に大きな反響を巻き起こしました。

イナ戦ファンのみならず今までイナズマ戦隊に興味がなかった人までが、イナズマ戦隊の「応援歌」に深く感動した瞬間だったのでしょう。

本当はみんな大好き「応援歌」

応援歌をAmazonでチェック

『誰も知らない泣ける歌』が放送された当初は、「応援歌」は『誰も知らない』ようなマニアックな曲だったかもしれません。

しかし、この番組が放送されて大反響を巻き起こした後、「応援歌」はレコチョクロックうたデイリーランキング1位を獲得しました。

「応援歌」は、誰も知らない泣ける歌から、全ての人に愛される泣ける歌に変わったのでしょう。

応援歌をAmazonでチェック

THE イナズマ戦隊のライブへ行こう!!

THE イナズマ戦隊の「応援歌」はいかがでしたでしょうか。チケットキャンプではTHE イナズマ戦隊のライブチケットを取扱い中。ぜひ、みなさんライブへ足を運んでみてください!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。