今を歌い続ける歌手!家入レオのBless you!

高校生で鮮烈デビューして、現代を歌い続ける歌手、家入レオ

見た目もいいんですよね。ネコ顔で。不器用で、でもまっすぐで、情熱的で。

そんな家入レオに、Bless youという曲があります。祈りって意味ですね。今回はそんなBless youについてお伝えしようと思います。若いからというだけではこれだけ感度の高い歌を歌うことは出来ません。そこには、彼女にしかない「何か」があるはずです。

これから、彼女の極に隠された背景を探ってきましょう。

家入レオ Bless You まずは聞いてみよう!

せっかくですので動画をおいておきます。

聞いてみてください。なんだか心に刺さって来ませんか?

キレイでとても流れるようなメロディで、胸に来ますよね。家入レオちゃんは本当に「今」を歌うのが得意だと思います。

家入レオ Bless You 歌詞の解釈!

ではここで、歌詞を見てみましょう

愛って温かいけれど、時には残酷。きれいごとは歌いません。それが裸の歌詞を描く家入レオちゃんの魂。そんなむき出しの情熱がこちらにビシビシ伝わってきます。

「愛なんていつも残酷で祈る価値ないよ」って一体どういう意味なんでしょう?なぜ若い家入レオちゃんは、こんな歌詞を書くにいたったのでしょう?

考察してみたいと思います。

家入レオ Bless You なぜこんな歌詞を書くの?

Bless You (初回限定盤A)をAmazonでチェック!

なぜ家入レオちゃんの歌詞はこんなにも心を打つのか。なぜ家入レオちゃんの歌詞はこんなにも刺さるのか。

それは彼女の生い立ちに関係があります。親戚の家を転々とし、親の愛を知らずに育った家入レオちゃん。愛に飢えた子供時代がバックボーンとなり、ものごとの両面を見れるようになったのです。そして、ラブソング全盛のこの時代に、あえて愛を否定するのです。

それがどこかリアルなので、人気があるのです。

▶︎Bless You (初回限定盤A)をAmazonでチェック!

家入レオの他のオススメ記事

家入レオのBless youが気になったら、ライブで見てみよう!

いかがでしたでしょうか?祈りについて歌っている家入レオのBless you。心に突き刺さりますよね。なんだか胸が締め付けられるような気がしてくるのです。そんな家入レオが気になった人は、ぜひライブに行きましょう!

チケットキャンプでは、そんな家入レオのライブチケットを取り扱っています。ぜひご覧ください。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。