I Love Musicalsの来日公演が決定!

ヨーロッパで話題沸騰のミュージカルコンサート「I Love Musicals」が、いよいよ日本上陸!世界をまたにかけ大活躍中のミュージカルスターたちが集まり、名曲を歌い踊る貴重な機会ということで、公演を楽しみにしていた人も多いのではないでしょうか?今回は公演情報から見どころ、出演者情報までたっぷりとご紹介いたします。

ヨーロッパで話題沸騰のミュージカルコンサート「I Love Musicals」が日本に上陸することが決定しました。ヨーロッパでの動員人数は、なんと15万人。世界をまたにかけて大活躍中のミュージカルスターたちが集まり、誰もが知っている名曲を歌い踊る貴重な機会ということで、日本での公演を楽しみにしていた人も多いのではないでしょうか?今回は公演情報から見どころ、出演者情報までたっぷりとご紹介いたします。

I Love Musicalsの公演情報

I Love Musicalsの公演は、2016年7月7日(木)14時開演と、18時30分開演の計2回公演です。会場は、日本武道館。

出演者は、ピーター・ジョーバック、ラミン・カリムルー、ノーム・ルイス、シエラ・ボーゲス、新妻聖子東京フィルハーモニー交響楽団。豪華すぎるラインナップとなっています。

日本公演はたった1日のみということで、チケット獲得も激戦が予想されます。

豪華スターが集う!I Love Musicalsの見どころ

なんといっても、出演者が豪華!世界最高峰と評されるミュージカルスターたちが共演する機会は大変貴重といえます。

出演者のなかでも目玉と言われているのは、ピーター・ジョーバック、ラミン・カリムルー、ノーム・ルイスの3名。全員が『オペラ座の怪人』のファントム役を経験していて、「最強のスリー・ファントムズ」と呼ばれています。

本公演の考案者、ピーター・ジョーバックは、スウェーデン出身のミュージカル俳優。名門劇場が集まるエリアとして有名なイギリスのウェストエンドやアメリカのブロードウェイで公演を成功させた実績がある実力者です。『ミス・サイゴン』のクリス役や『オペラ座の怪人』でファントムを演じ、一躍有名となりました。

ラミン・カリムルーは、イラン出身のミュージカル俳優。ウェストエンド史上最年少の28歳という若さで『オペラ座の怪人』ファントムに抜擢されました。

ノーム・ルイスは、アメリカ出身の黒人ミュージカル俳優としてその名を轟かせました。『レ・ミゼラブル』ではジャベール役を演じ、『オペラ座の怪人』ではブロードウェイ初のアフリカ系ファントムとして有名になりました。

『オペラ座の怪人』ファンはもちろん、ミュージカルファンにとっては、奇跡的な3人の共演といえます。

そして、日本公演のスペシャルゲストとして出演するのは、新妻聖子。国内ミュージカル界ではNo.1と評されるスター歌手であり、5オクターブの歌唱力に圧巻されることでしょう。

I Love Musicalsのスター俳優!ラミン・カリムルー

とにかく出演者が豪華な「I Love Musicals」。世界的スターである3人のなかでも、特にラミン・カリムルーは日本で人気があります。

ラミン・カリムルーは『オペラ座の怪人』の25周年記念公演で、作者のアンドリュー・ウェーバーがファントム役として指名するほどの超人気スター歌手。迫力満点の圧倒的な声量と、繊細で美しい声。そのギャップにやられてしまう人は多いのではないでしょうか。

また、過去にはブロードウェイミュージカル『レ・ミゼラブル』のバルジャン役でトニー賞にもノミネートされました。トニー賞とは、アメリカの演劇界において最も権威がある賞で、ブロードウェイの最高栄誉とされています。実力はお墨付き。ラミン・カリムルーの歌声には感動することまちがいなしです。

I Love Musicalsは楽曲も豪華!

『オペラ座の怪人』『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』『キャバレー』『ウエスト・サイド・ストーリー』『サウンド・オブ・ミュージック』など、名作ミュージカルの有名楽曲たちが、オーケストラの生演奏と大がかりな演出でよみがえります。ミュージカル初心者の人にとっても、見ごたえ十分の豪華なステージとなっています。

I Love Musicalsで世界最高峰のステージを見にいこう

なかなか日本ではお目にかかれない、世界最高峰のミュージカル俳優たち。日本では公演が1日のみということですが、ぜひ「I Love Musicals」でスター俳優たちの歌い踊る姿を目に焼き付けたいですね。この貴重な機会を逃さないように!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。