沖縄から贈る歌声。HYのボーカルひーでこと新里英之のことをもっと知りたい!

HYは2014年、ASSE! Recordsという自社レーベルを設立。ますます音楽に力を入れています。自社レーベル立ち上げ後、初のアルバム「GLOCAL」も発売され、絶好調です。

これまでのバンド曲には少なかったラップも取り入れるようになり、とても新しさを感じますよね。でも沖縄のエッセンスは変わらず聴こえてきて、ファンにとっては一度で二度三度おいしいバンドだといえるでしょう。

今回はそのHYを率いるボーカル、ひーでこと新里英之さんをご紹介です。バンドのフロントマンはいったいどんな人なのか?新レーベルに込めた思いとは?

バンドHYのフロントマン、ひーでこと新里英之は、とてもイケメン

新里英之1
(出典:NAVERまとめ)

2010年には紅白出場も果たしたHY。バンドの顔であるひーではとてもイケメンです。絶妙に濃い顔のバランスで、いい男の空気をかもし出しています。とにかくコンサートでは、ファンから「カッコいい!」の黄色い歓声が飛ぶこともしばしば。もちろん声もいいのですが、その抜群のルックスを活かしてボーカルとして目立つ位置にいることは間違いありません。

ただ、ひーでの魅力は顔がイイだけではもちろんありません。ひーでの声はファンを癒し、またラップでも聞く人を魅了するのです。HYの音楽には時としてラップが登場しますが、ゴリゴリのB系ラップというよりは、リズムとテンポが心地良いラップ。自分の思ったことを思ったままストレートに、伝えたいことを素直に紡ぎ出すラップに定評があります。

高校時代から突出したボーカルの実力と華を持っていたひーで。当時の同級生達とHYを結成し、デビュー時から人気を博していましたよね。オリコンでは1位を獲得することも多い実力派バンドのボーカルとして、ひーでは現在も沖縄出身アーティストの最前線を走っていると感じます。

バンドHYのフロントマン、ひーでこと新里英之と自社レーベル立ち上げ

新里英之2
(出典:ti-da)

30歳前後になり、同級生達が出世したり転職したりなどで悩みが多くなってきたメンバーたち。この年齢になって何かをしたい!という強いメンバーの思いが、自社レーベル立ち上げに一役買ったのだと話しています。自分達の足で一歩一歩動き出そう、その思いが結実したのです。

ですが、前向きにやる気をだしている他のメンバーに比べて、ひーでは不安が強かったのだとか。敷かれたレールの上を歩むのではなく、自社で立ち上げることになったレーベルです。HYのボーカルとして、不安を感じるのは当然のことでしょう。そんな中、ひーではこの不安な思いをそのまま歌にしようと決意。不安をさらけ出すことで、そこから目の前が開けていったと語っています。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。