星野源 新春 Live 2days 『YELLOW PACIFIC』パシフィコ横浜の座席表について解説!

俳優としても活躍しているシンガーソングライターの星野源が、新春ライブを行うことを発表しました。パシフィコ横浜 国立大ホールで2Days行われる星野源 新春Live 2days 『YELLOW PACIFIC』の概要と、わかっている座席表情報をご紹介します。

俳優としても活躍しているシンガーソングライターの星野源。シンガーソングライターとしては紅白歌合戦に出場、俳優としては連続ドラマなどで大活躍と、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの人気者である星野源が、新春ライブを行うことを発表しました。

パシフィコ横浜 国立大ホールで2Days行われるこのライブ『YELLOW PACIFIC』の概要と、わかっている座席表情報をご紹介します。

いま一番ホットな存在 星野源って何者?

星野源は、1981年生まれの男性シンガーソングライターです。学生時代から音楽活動や舞台活動を行い、2000年にインストゥルメンタルバンドSAKEROCKを結成。ギターとマリンバを担当します。2010年にソロデビューし、1stアルバム『ばかのうた』、翌年に2ndアルバム『エピソード』をリリースしました。

しかし、シングルでも順調にヒットを重ね、知名度を広げていっていた矢先の2012年12月、くも膜下出血と診断されたために活動休止を余儀なくされます。2013年にいったん復帰を発表したものの、体調が万全ではないということで再度活動を休止し、2014年に本格的にアーティストとしての復帰を果たしました。

2014年2月に日本武道館にて復帰ライブを実施。2015年3月には横浜アリーナで初の単独公演を成功させ、2015年の年末に初の紅白歌合戦出場を果たしました。

俳優としても成功を重ねています。それまでも、ペンギンプルペイルパイルズや大人計画の舞台に数多く出演していた星野源ですが、2012年には『テキサス -TEXAS-』で舞台初主演を果たし、2013年には初主演映画『箱入り息子の恋』、映画『地獄でなぜ悪い』(園子温監督)などの出演で各映画賞に輝きました。

『コウノドリ』などのドラマでも存在感を見せ、大河ドラマ『真田丸』への出演が発表されたときには大きな話題となりました。

その他、文筆家としても活躍するなど、マルチな才能を持つアーティストとして各方面で活躍中です。

星野源 新春 Live 2days 『YELLOW PACIFIC』概要

2017年1月23日と24日に開催されることが決定した星野源のワンマンライブ。概要は下記になります。

【星野源 新春Live 2days 『YELLOW PACIFIC』】

  • 日程:2017年1月23日(月)~1月24日(火)
  • 開場18:00 / 開演19:00
  • 会場:パシフィコ横浜 国立大ホール
  • 全席指定:¥7,000(税込)※未就学児童入場不可(6歳以上チケット必要)

会場となるパシフィコ横浜 国立大ホールは、横浜のみなとみらいエリアにあるホールです。最寄駅はみなとみらい線みなとみらい駅ですが、JR桜木町駅からも歩いて行くことができます。

パシフィコ横浜 国立大ホールの座席表

パシフィコ横浜 国立大ホールは、3階構造になっている大ホールです。総座席数は約5000席。まずは、1階席の座席表をご覧ください。

1階席の座席表はコチラ

1階席は最大3260席、47列もある巨大空間ですが、ステージが非常に大きいことと、横方向にも最大80席と横に広い座席構造なので、後ろの方だとしても比較的ステージが観やすいのが特徴です。

良席は最前列から28列目くらいまでの真ん中3ブロックあたりになりますが、星野源のステージはダンサーなども登場するはずですので、どこの位置からでも楽しむことができるのではないでしょうか。

次に、2階席と3階席の座席表をご覧ください。

2階席と3階席の座席表はコチラ

2階席は994席 3階席は748席となっていますが、2階席には前方と後方の間にある中通路と言われる部分が真ん中のブロックに設けられていないため、場内で下手の方の座席から上手の方の座席に移動することができないのが注意点です。

入場の際は気を付けてください。2階席と3階席に関しても、真ん中の3ブロックが良席といえますが、しっかりと傾斜がついているので後方やサイドであっても、ステージ全体を観ることはできます。

なお、チケット料金は¥7,000(税込)※未就学児童入場不可(6歳以上チケット必要)となっていて、席種はすべて同じです。ホール内は巻貝の内部をイメージした、温かみのある美しいデザインになっています。

星野源のオススメ記事はコチラ!

2017年は星野源と一緒にスタートしよう!

病気による活動中止を経て、俳優としてもアーティストとしても乗りに乗っている星野源。テレビでもお馴染みの存在になりつつはありますが、やはり星野源の醍醐味は音楽を演奏しているときでしょう。海の近くの上品なホールで、星野源の音楽に酔いしれてスタートを切ることができたら、きっと2017年は最高の1年になりますね!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。