【動画付】星野源人気おすすめ神曲ランキングTOP15

本業であるアーティストの仕事以外にも、俳優や文筆業でも人気が高まっている星野源。今J-POP界で最も勢いのある男と言っても過言ではありません!そんな星野源のおすすめの曲・人気の曲を厳選し、TOP15のランキング形式動画付きでまとめました。人気オススメ曲ランキングの中でもTOP5ではファンの声もあわせて紹介します。動画やメイキングもあり。

星野源の人気おすすめ曲をランキング形式でご紹介!


俳優や文筆業もこなす多彩なアーティスト星野源。2016年は新垣結衣さんとのちょっと変わった結婚を題材にしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』も高視聴率をキープし、話題となっています。本業であるアーティストの面でも『逃げ恥』タイアップとなったシングル『恋』が発売から一週間で10万枚を売り上げ、今最も勢いのあるアーティストです。

そんな星野源さんの人気の曲、おすすめの曲の独自ランキングTOP15を紹介していきます!

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング15位『Crazy Crazy・桜の森』

発売日:2014年6月11日
収録曲:
1.Crazy Crazy
2.桜の森
3.Night Troop
4.海を掬う(House ver.)

『Crazy Crazy』の白いスーツ姿で歌うPVは、星野源さんが高校時代によく励まされていたという「ハナ肇とクレージー・キャッツ」へのオマージュとなっていて、遊び心がそのまま見どころとなっているPVです。歌詞の中にもメンバーの名前が隠されていて、バンドへのリスペクトが感じられる曲です。「ハナ肇とクレージー・キャッツ」を知らない若い世代も、星野源さんがどんな曲に励まされていたのか、一度聴いてみたくなりますよね。

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング14位『ただいま』

発売日:2010年6月16日
アルバム『ばかのうた』13曲目に収録

1stアルバム『ばかのうた』に収録されている『ただいま』は、細野晴臣さんとの共作。作曲を細野さんが担当しています。ほとんどの曲を自分自身で作詞作曲する星野さんには珍しいですよね。歌詞に英詞部分が多いのもちょっとレアに感じます。星野さんの曲はほとんど知っているけど、もっと知りたいという人におすすめです。動画ではアルバムメイキングの様子が見られます。

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング13位『知らない』

発売日:2012年11月28日
収録曲:
1.知らない
2.ダンサー
3.季節
4.おもかげ(House ver.)

『夢の外へ』に続いた4作目となる『知らない』は、『夢の外へ』の世界観とはうって変わってしっとりとしたバラードとなっています。切ない想いを吐き出すような歌詞は、大切な人を失ってしまうことをイメージさせます。どっぷりと世界観にはまって、1人で聴くのがおすすめです。PV動画の中でも「メイキングを見てもらえればわかりますが、思いがたくさん詰まった曲」と語っています。独り言のような素朴な語り口調の歌詞が、星野源の内面に触れられるような気持ちになる曲です。

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング12位『地獄でなぜ悪い』

発売日:2013年10月2日
収録曲:
1.地獄でなぜ悪い
2.地獄でなぜ悪い (Karaoke)

星野さんが2度目のくも膜下出血で入院中の発売となったこの曲は、タイトルどおり「地獄」のような環境でもたくましく生きる力に溢れた歌詞となっています。PV動画は全編アニメーションですが、ラストでは入院中の星野の姿もあります。辛い経験をしたからこそ生まれた曲でもあるのではないでしょうか。映画『地獄でなぜ悪い』の監督である園子温監督は、この曲の発売によせて「星野君、エンディングに相応しい、最高にしびれる曲を本当にありがとう。恩にきるぜ!」とコメントしています。タイトルに「地獄」と入ってはいても曲はキャッチーでノリが良く、聴きやすい曲。思わず外へ出かけたくなる気持ちにさせてくれます。

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング11位『ギャグ』

発売日:2013年5月8日
収録曲:
1.ギャグ [4:42]
2.ダスト

『ギャグ』は星野源さん5作目のシングル。星野さん自身も声優として出演した、『聖☆おにいさん』の主題歌となっています。病気から復帰してすぐのレコーディングだったため、編曲を亀田誠二さんが行いました。アルバムはすべて自分自身で編曲を行いたいという星野さんの意向から、アルバム未収録曲となっています。特徴的なギターリフが元東京事変・現ペトロールズの浮雲さん(今作では本名の長岡亮介名義でサポートとして参加)のエッセンスを感じさせる曲です。

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング10位『フィルム』

発売日:2012年2月8日
収録曲:
1.フィルム
2.もしも
3.乱視
4.次は何に産まれましょうか(House ver.)
5.落下(House ver.)

星野源さん2作目のシングルである『フィルム』は、落ち着いたミドルバラードで心にすっと染み入ってくるような曲。動画の見どころはなんといってもゾンビ!あたたかくしっとりとした曲なのにゾンビが自然に登場し、見た人を驚かせてくれます。このPVに登場するゾンビは星野さんの仕事仲間として身近な人ばかりだそうです。沖田修一監督・役所広司さん主演の映画『キツツキと雨』の主題歌で、PVの監督も沖田監督が行っています。ゾンビ映画好きの星野さんが沖田監督に逆オファーしたとのこと。星野さんのゾンビ愛が伝わってくるPVとなっています。

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング9位『化物』

発売日:2013年5月1日
アルバム『Stranger』1曲目に収録

カラオケランキングでは常に上位に入るこの曲。PVの見どころはなんといってもダンス。「星野源の曲らしい」クセのある動きで、スーツ姿の男女が踊る姿は見入ってしまうこと間違いなし。PVを見ていると、「あれっ、この特徴のある人見たことある!」と思うはず。そうです。メインダンサーの一人・井手茂太は『夢の外へ』のPVにも出演していたあの人。大きな体でダイナミックにキレキレのダンスを踊っています。色々な意味で個性の強いこの曲ですが、ノリが良く何度もリピートして聴きたくなる曲でもあります。

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング8位『夢の外へ』

発売日:2012年7月4日
収録曲:
1.夢の外へ
2.パロディ
3.彼方
4.電波塔(House ver.)

星野源さんの3枚目のシングルとなったこの曲は、資生堂「ANESSA」のCMソング。蒼井優さんが出演したこのCMでは、真っ青な空をバックに白い肌の少女が「守って!」と笑顔で言うCMですが、なんとも爽やかな雰囲気で『夢の外へ』の楽曲とマッチしていました。このCMで星野源さんを知った人もいるかもしれませんね。PVではダンスカンパニー「イデビアン・クルー」を主宰する井手茂太さんと共演しています。PVを観れば一発で覚えてしまうインパクトのある男性が井出さんです。

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング7位『Friend Ship』

発売日:2015年12月2日
アルバム『YELLOW DANCER』14曲目に収録

アルバム『YELLOW DANCER』の最後を飾る曲であり、コンサートのラストでも歌われるこの曲は映画『森山中教習所』の主題歌。野村周平さん、賀来賢人さんをW主演としたひと夏の青春を描く映画のストーリーにぴったりの、少し切ないミドルナンバーとなっています。爽やかなギターの音色、心地よいリズムで、何度もリピートして聴きたくなるこの曲。シングル曲ではないけれど、この曲が一番好き!というファンも多いですね。星野さん自身も「切ないダンスミュージックが完成しました。劇場で、映画の一部となって聴ける日を今から楽しみにしています。」と語っているので、ぜひ映画もあわせてチェックしてみましょう。

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング6位『くせのうた』

発売日:2010年6月16日
アルバム『ばかのうた』8曲目に収録

星野さんのソロ初となったアルバム『ばかのうた』に収録されているこの曲は、相手のことをもっと知りたいという気持ちが詰まったバラード。恋愛関係でも、友情関係でも、好きな相手のことを理解したくなったり、もっと近づきたいという気持ちは、誰しもが経験したことがあるはず。星野さんの歌詞の世界観は、「押しつけがましくないのに身近で、聴きやすいのに何か引っかかる」というファンが多く、この曲もまさにそんなイメージの歌詞です。

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング5位『時よ』

発売日:2015年12月2日
アルバム『YELLOW DANCER』1曲目に収録

現在の星野さんのスタイルを印象づける曲として、アルバム『YELLOW DANCER』の1曲目となったこの曲。歩きながら聴いていると、軽快なリズムとリフでついつい早足になってしまいそう。どことなく懐かしく、昭和の時代の騒々しさとぬくもりを感じられる曲です。歌詞の中で「時よ」という部分は「東京」と聴こえることを意識したとのこと。カラオケでもノリが良く歌いやすい、人気の高い曲となっています。

『時よ』に対するファンの声は…

野さんのPV動画の中でも特に話題になったのが「このダンサーは誰?」というポイントでした。『時よ』では特に星野さんとの息ぴったりのダンスが目を引きますよね。

星野さん自身が「100点の太もも」と称しているダンサーさんが誰なのかは、いまだに謎なままです。

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング4位『くだらないの中に』

発売日:2011年3月2日
1.くだらないの中に
2.歌を歌うときは
3.湯気
4.ブランコ(House ver.)
5.くせのうた(House ver.)

星野さんのソロファーストシングルのこの曲は、日常の中にある幸せをリアルに描いたラブソング。星野さんはこの曲について「初めて正面から書いたラブソング」と語っています。シャワー中にこの曲のワンフレーズが思い浮かんで、びしょびしょの状態でノートに書き留めたとのことで、まさに「降りてきた」曲ですね。歌詞の中では、「首筋の匂いがパンのよう」という部分や「希望がないと不便だよな」など、今まで気が付かなかったけれど、言われると納得してしまうような言葉がたくさん。「愛」、「愛している」という言葉を出さずに愛を表現したこの曲は、心を柔らかくしてくれます。息の長い売り上げを記録していて、星野源好きとしては絶対に聴いておきたい1曲。

『くだらないの中に』に対するファンの声は…

些細なことが楽しくなる身近な関係性を描いた優しい雰囲気で癒されますね。

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング3位『WeekEnd』

4thアルバム『YELLOW DANCER』収録曲

おしゃれな雰囲気でわくわくするようなこの曲は、アルバム曲でありながら人気の高い曲。歌詞の世界は週末のソワソワした雰囲気を描いています。ささやくように始まるイントロのサビが内緒話のようでセクシーです。動画の見どころは星野さんの笑顔。ライブ動画なので、開場と一緒に盛り上がった星野さんの自然な笑顔を見ることができます。ファンならば星野さんの笑顔が魅力的!というのはよく知っていることだと思いますが、『逃げるは恥だが役に立つ』などのドラマではほとんど笑顔のない役なので最近星野さんに興味が湧いた人には新鮮かもしれません。

『WeekEnd』に対するファンの声は…

たしかについ口ずさみたくなる歌詞が多い曲です!

これを聴くと週末という感じで楽しい気持ちにさせてくれますね。

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング2位『SUN』

発売日:2015年12月2日
収録曲:

1.SUN
2.MOON Sick
3.いち に さん
4.マッドメン(House ver.)

フジテレビ系水10ドラマ『心がポキッとね』の主題歌となったこの曲は、2015年の『第66回NHK紅白歌合戦』でも歌われた人気の高い曲です。カラオケでの人気やCDの売り上げも高く、星野さんのブレイクを決定づけた曲でもあります。キャッチーで楽しい曲調と「君の歌を聴かせて」という自分の外側へ向けたメッセージが印象的。動画で見られるダンスも真似て踊りたくなる、覚えやすいものとなっています。イントロとBメロのフレーズが星野さんが仲の良い友人であるバナナマンの日村さんに贈った『日村勇紀42才誕生日の歌』を元ネタにしているというエピソードを、2015年5月15日放送のTBSラジオ『バナナマンのバナナムーンGOLD』で語っています。

『WeekEnd』に対するファンの声は…

ファンの中では有名なエピソードです!

楽曲の良さからじわじわと人気曲となり、紅白で歌うまでに。

星野源の人気曲・おすすめ曲ランキング1位『恋』

発売日:2016年10月5日
収録曲:
1.恋
2.Drinking Dance
3.Continues
4.雨音(House ver.)

恋 (初回限定盤)をAmazonでチェック!

TBS系列火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌として人気となったこの曲は、ドラマのエンディングで星野さんや新垣結衣さんを始めとしたメインキャストが踊る「恋ダンス」が大ヒット。星野さんのデビュー以来初となるオリコンランキング初登場1位を獲得したこの曲は、発売からわずか1週間で前作『SUN』の売り上げの2倍近くを売り上げ、現在も自身の売り上げ記録を更新中です。歌詞では「夫婦を超えてゆけ」など、ドラマの世界観に合わせたものとなっていて、恋をしているときに聴きたくなります。

「恋ダンス」動画

『恋』に対するファンの声は…

コンサートで『恋」が歌われるのが楽しみですね!

『恋』から星野源を知った人に魅力をもっと知ってほしいといった声も。

星野源の他のオススメ記事

ブームを巻き起こした星野源の人気は増すばかり!

『恋』の真似したくなる可愛らしいダンスで広い世代に人気の幅を広げた星野源。2017年1月にはコンサート『YELLOW PACIFIC』も開催され、ファンには楽しみがたくさんありますね!今後もますます人気となることが予想される星野源から目が離せません。

チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

(敬称略)

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。