マキシマムザホルモン チケット
マキシマムザホルモンのデスボイスを徹底解説!ホルモンのデスボイスの出し方とは?

マキシマムザホルモンは、ヘビーなサウンドとトリッキーでかつキャッチーな楽曲で絶大な人気を誇るロックバンドです。日本のロックシーンの中でも異彩を放ち、その重厚で激しい曲とライブパフォーマンを武器にファンを獲得し続けています。

マキシマムザホルモンの特徴の一つに、重々しいデスボイスが上げられます。フロントマンであるダイスケはんは、メインボーカルでありながらメロディを歌うことは少なく、シャウトやデスボイスを担当しています。ここでは、ホルモンの得意とするデスボイスについて紹介します。

マキシマムザホルモンの持ち味、デスボイス

デスボイスとは、いわゆる「叫び」のことでシャウトの中でも低音のダミ声のような声のことを指します。フォルスコードスクリームとも呼ばれます。一般的にはデスメタル、グラインドコアなどのジャンルで使われる歌唱法ですが、マキシマムザホルモンはキャッチーなメロディの中に盛り込むことで多くのリスナーを獲得しています。

マキシマムザホルモンのデスボイスを真似してみよう

マキシマムザホルモンのデスボイスを真似してみたいと思った人は、ぜひ練習してみましょう。ただし、デスボイス自体はかなり喉に負担をかける発声方法なので注意が必要です。

充分に水分を取り、体をリラックスさせた状態で発声しないと喉を壊す原因にもなります。デスボイスは少しだけ開いた声帯に過度に息を通すことで、歪んだ声を出すことが出来ます。

マキシマムザホルモンのデスボイスが生み出した多くのフォロアー

マキシマムザホルモンが有名になったことで、日本のロックシーンでシャウトやデスボイスが一般的にも受け入れられるようになりました。マキシマムザホルモンのサウンドはヘビーでありながら、キャッチーなパートを盛り込むなどして幅広い層の音楽ファンにリーチできる仕掛けがたくさんあります。

ホルモンが有名になることで、「もっと激しい音楽が知りたい」と思ったリスナーが増えることにつながり、それまで日本では、なかなか日の目を見ることのなかったヘビーロック、メタルバンドが芽を出すことになりました。その後のスクリーモ、ハードコアブームにも大きな影響を与えていると言われています。

マキシマムザホルモンの最新オススメ記事

ホルモンのチケットをゲットしよう

いかがでしたか?マキシマムザホルモンのデスボイスを生で聴きたい人はライブに行ってみましょう。チケットキャンプではマキシマムザホルモンのライブチケットを取り扱っています。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:3)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。