久石譲のおすすめコンサート動画ベスト5をYoutubeからお届け!

宮崎駿監督作品において、『風の谷のナウシカ』から『風立ちぬ』まですべての音楽を手がけている作曲家、久石譲

彼の作る作品を聴くだけで名シーンが蘇ってくるというファンの方も多いのではないでしょうか。

ここではそんな久石譲の魅力が分かる動画をランキング形式でご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

久石譲の魅力が分かる動画ランキング第5位は、『風の谷のナウシカ』の「風の伝説」

第5位にランクインしたのは、1984年の宮﨑駿監督アニメ作品『風の谷のナウシカ』のメインテーマである「風の伝説」。

宮﨑駿監督の初期作品の中でも特に人気の高い作品となっています。ご紹介するのは、「風の伝説」のオーケストラによる演奏です。

指揮者としての久石譲を見ることができる動画、ぜひチェックしてくださいね。

久石譲の魅力が分かる動画ランキング第4位は、『ハウルの動く城』の「人生のメリーゴーランド」

第4位にランクインしたのは、2004年の宮﨑駿監督アニメ作品『ハウルの動く城』のメインテーマである「人生のメリーゴーランド」。

魔女に呪いをかけられ、90歳の老婆になってしまうソフィーなど、ファンタジー要素たっぷりの作品のメインテーマは、ファンタジーな雰囲気たっぷりの作品に仕上がっています。

ワルツのリズムに乗せて奏でられる弦楽による主旋律、美しいですよね。

久石譲の魅力が分かる動画ランキング第3位は、『もののけ姫』の「アシタカせっ記」

第3位にランクインしたのは、1997年の宮﨑駿監督アニメ作品『もののけ姫』のメインテーマである「アシタカせっ記」。

人間と神々の対立という壮大なテーマにぴったりの楽曲に仕上がっています。当時の日本映画の興行収入の記録を更新した193億円という興行収入にも驚きますよね。

フルオーケストラによる「アシタカせっ記」。その壮大な世界をぜひ感じてくださいね。

久石譲の魅力が分かる動画ランキング第2位は、『となりのトトロ』の「風のとおり道」

第2位にランクインしたのは、1988年の宮﨑駿監督アニメ作品『となりのトトロ』のイメージソングである「風のとおり道」。

昭和30年代前半の日本を舞台にしたという本作は、子どもだけではなく多くの大人の心を鷲掴みにしました。ご紹介するのは、久石譲のピアノとチェロによる「風のとおり道」。

景色が浮かんでくるこのメロディ、ぜひ感じてくださいね。

久石譲の魅力が分かる動画ランキング第1位は、『菊次郎の夏』の「Summer」

第1位にランクインしたのは、1999年の北野武監督作品『菊次郎の夏』の主題曲「Summer」。

世界のキタノの作品が堂々の1位を獲得しました。ストリングスによる美しい演奏、中盤に出てくるピチカート、優しい主旋律を奏でるピアノなどまさに極上の作品ですよね。

意外と曲ばかりが注目されがちですが、ぜひ映画の方もチェックしておきたいところです。

久石譲のコンサートに行ってみよう

久石譲の魅力が分かる動画ランキング、いかがだったでしょうか。宮﨑駿、北野武、世界で支持されるふたりの監督に信頼をおかれている久石譲はすごいですよね。チケットキャンプでは久石譲のチケットを取扱中です。彼の奏でる美しいメロディ、ぜひ生で感じてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。