平井堅 チケット
平井堅のカバー曲ランキングBEST5!洋楽から松田聖子や宇多田ヒカルの名曲カバーをyoutubeからご紹介!

平井堅と言えば、自身の優れた楽曲も当然たくさんありますが、他のアーティストの楽曲も数多くカバーしております。その集大成とも言えるアルバムが、カバーアルバムの「Ken’s Bar」と「Ken’s Bar II」です。

そこで、ここでは平井堅がカバーした曲の中から、特におすすめのものをランキング形式で動画を交えてご紹介していきたいと思います。

平井堅 カバー曲 動画
(出典:NAVERまとめ)

第5位:涙そうそう(森山良子、BEGIN)

まず最初にランクインしたカバー曲は、「森山良子」作詞、「BEGIN」作曲の沖縄の名曲「涙そうそう」です。この曲を三味線一本だけで歌い上げています。

涙そうそうが本来持つしっとりとした雰囲気を壊すことなく、平井堅の美しい声で見事にカバーしており、じっくりと聴き入ってしまう一曲でしょう。

第4位:もらい泣き(一青窈)

続いては、一青窈のデビュー曲「もらい泣き」です。こちらも元々の曲の雰囲気と平井堅の声がよくマッチしたカバーだと思います。ただし、一青窈と平井堅がそれぞれ持つ独特のリズム感が少し違うため、良い意味で曲に新しいエッセンスが加わっています。平井堅のカバー曲の方が、よりビートを刻むような歌い方を感じることができます。

第3位:瞳はダイアモンド(松田聖子)

昭和の歌姫である松田聖子の名曲「瞳はダイアモンド」をカバーしました。この曲は、テレビドラマ「青が散る」の主題歌として使われたこともあり、当時(1983年)音楽を聴いていたほとんど全ての人達が知っていると言っても過言ではないでしょう。こうやって、各世代を代表するアーティストが名曲を受け継いでいくのは、とても素敵ですね。

第2位:Automatic(宇多田ヒカル)

続いてのランクインは、宇多田ヒカルのデビュー曲でミリオンセールスを記録した「Automatic」です。こちらは、先程の「もらい泣き(一青窈)」と比べて、逆にオリジナルよりももったりとした歌い方になっています。その分、原曲よりもかなりしっとり聴かせるバラードとしてまとまっているのではないでしょうか。

第1位:This Love(Maroon 5)

第1位に輝いたのは、アメリカの5人組ロックバンド「Maroon 5」のカバー曲です。この「This Love」は、Maroon 5自身が日本のテレビ番組で披露したこともあるお馴染みの楽曲で、聴いていてとても心地の良いサウンドが特徴です。これを、平井堅独特の歌い方で、見事に自分らしく歌い上げています。

平井堅カバー曲動画まとめ

いかがでしたでしょうか。あの声で何でも歌ってしまうその歌唱力の高さはさすがと言ったところですね。こういったカバー曲は、アルバムに収録されているもの以外でも、ライブで頻繁に歌われていますので、是非ライブ会場に足を運んで「新しい」カバー曲をチェックしてみてください。

平井堅のオススメ記事

そのレベルの高さに感動すること間違いなしです。もしかしたら、あなたの大好きなあのアーティストの曲をカバーするかも!?そんな期待も楽しめますね。さて、そんな平井堅のライブチケットですが、チケットキャンプを使って入手すると簡単ですので、是非使ってみてください。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。