氷室京介の チケット
氷室京介の心がシビれるライブ名言集!多くの人に影響を与えるヒムロックの魅力に迫る!

1980年代を代表するロックバンドBOOWYのボーカルとして活躍していた氷室京介は、88年のBOOWY解散から25年以上を経た今もカリスマとして多くのファンやミュージシャンに指示され続けています。

バンド時代もソロ活動でもメディアへの露出は控えめな彼ですが、ライブやインタビュー記事などで数多くの名言を残し多くの人々へ影響を与えていますね。今回はそんな氷室京介の名言の中から、ストイックな性格をうかがい知ることのできる言葉をご紹介します!

氷室京介 名言
(出典:NEVERまとめ)

氷室京介の武道館ライブで放った名言

ライブハウス武道館へようこそ!

こちらの名言はBOOWYの全盛期に行われたライブの演奏中に発言されたものです。地元での下積み時代から一躍スターとなった彼らですが、大きなキャパシティの会場へ立つことになっても初心を忘れずライブハウスのような距離の近い一体感を造り上げようという心意気を感じ取ることができます。

この後に続く「ここは東京だぜ!?」も共に名言として知られていますが、こちらは群馬から活動をスタートさせてきた氷室京介の感慨深い気持ちが伝わってきます。

氷室京介のライブのアンコール中に言った名言

俺達はまだまだ伝説なんかになんねーぞ!

88年に東京ドームで行われたLAST GIGSでアンコール中に氷室京介が言った言葉です。BOOWYとしての活動は終止符を打たれ伝説となってしまいましたが、メンバーの一人ひとりは皆現役で活躍しておりこの言葉は具現化されていますね。

ラストライブとは思えないこの前向きな言葉はストイックな氷室京介らしい言葉でもあり、多くのファンの胸に今も響き続けています。

氷室京介のオーディエンスへ向けて発した名言

テメーら演奏出来ねーんだよ うしろにさがれコラっ….

氷室狂介の名前で活動していた84年のライブ中、ステージへ上ろうとしていたオーディエンスへ向けて発した言葉です。演奏に対する真摯な姿勢が伝わる一言ですね。

また、腰を下げずに注意する物言いは勢いのあった当時の氷室京介ならではの名言でしょう。メイクもバッチリでクールな容姿とは一転、今見てもヒヤっとする迫力があります。

氷室京介のストイックな名言

自分と闘ってます。

こちらは2010年NEWS ZEROの単独インタビューにて、何と闘っていますか?と聞かれたときの答えです。当時50歳の節目を目前に控えた氷室京介の言葉として、年齢を感じさせない前向きさを感じさせる言葉ですね。以前からも完璧主義者として知られていた彼ですが、この言葉に全てが込められているように思います。

氷室京介 名言
(出典:trendサイト)

氷室京介に関するこちらの記事もチェック♪

氷室京介の名言はライブ会場で!

いかがでしたか?アーティストとしての歴史が長い氷室京介には、他にもたくさんの名言があります。BOOWY時代の名言はVHSやDVDで楽しみつつ、ライブ会場に足を運べばリアルタイムで名言の生まれる瞬間に立ち会えるかもしれません!チケットキャンプで氷室京介のライブチケットを探して、生の言葉を聴いちゃいましょう♪

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:4)

  • あの時期は BOOWYの全盛期とは言わない!
    便乗記事にも程がある!

  • ホントに浅すぎる!
    そんなんで 氷室京介を語らないで欲しい!
    JAST A HERO TOURでの 名言…LIVEHOUSE武道館へようこそ!の時期を BOOWYの全盛期と 書いちゃう時点で ド素人!!!もしくは 取材不足!!!
    軽々しく便乗してもらいたくないし こんな知ったかぶりで書く人に 何の記事も書く資格無し!
    無し!
    無し!

  • 内容が浅すぎる。リサーチも出来ないなら最初から書かないで頂きたい。

    • 同感です
      JAST A HEROtour の頃を 全盛期と認識してるあたり ホントに認識足らなすぎと思えます
      便乗しないで欲しい!
      記事を書く資格は 有るのか⁈
      読んでしまった 自分が 情けな過ぎる!!!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。