秦基博 チケット
秦基博の声の魅力を徹底解剖!Surperflyとの共演がヤバい!

秦基博は、横浜育ちのシンガーソングライターとして知れており、独特で透き通った声で多くのファンを抱えています。

F.A.D YOKOHAMAといった老舗ライブハウスでの弾き語り活動を経て、2006年にシングル「シンクロ」でメジャーデビューを果たしました

その後もコンスタントに曲を発表し続け、さまざまなアーティストとのコラボレーション曲も多数リリースしています。ここでは、秦基博の声の魅力について詳しく紹介していきます。

秦基博の声が存分に発揮されたヒット曲「フォーエバーソング」

「フォーエバーソング」は、秦基博の声の魅力を余すところなく盛り込んだヒット曲です。

2008年にシングルCDがリリースされ、東京事変などの活動で有名な亀田誠治をプロデューサーに起用したことでも話題になりました。

芯のある声にウィスパーボイスのような繊細さが加えられたAメロは、低いパートでも音程感が失われることなく歌こないされています。

歌い上げられるサビにはファルセット(裏声)が盛り込まれており、ドラマティックに演出がされています。ファルセットの部分も音量が極端に落ちることなくコントロールされており、秦基博の実力を見せつけられます。

秦基博の実力がわかるカバー曲「カブトムシ」

秦基博の声は「鋼と硝子でできた声」というキャッチコピーがつけられるほど、繊細で鋭く突き刺さるような声質が魅力です。

特に透き通って抜けの良い高音域に魅せられたといったファンの人は多くいます。オリジナリティ溢れる声は、カバー曲でも存分に発揮されます。

「カブトムシ」は女性歌手aikoのカバーです。女性アーティストのカバーでありながら、自分の曲のように歌いこなしています。

秦基博の声の魅力はデュエットでも!

秦基博はソロアーティストして絶対的な魅力を発揮する歌手ですが、デュエット曲にも定評があります。

Superflyの越智志帆と共演を果たした「楓」はスピッツのヒット曲のカバーです。Aメロなどは繊細に歌いこなすのに対し、Cメロやサビなどでは力強く歌い上げる一面も見せてくれます。中音域に倍音の豊かさが強調されており、秦基博の声の幅広さがわかります。

秦基博のオススメ記事

チケットキャンプのサービスを利用して、秦基博の生の声を味わおう!

いかがでしたか?秦基博の声を生で味わってみたくなって来た人も多いでしょう。チケットキャンプでは秦基博のライブチケットを取り扱っています。

秦基博のチケットが取れなくて困っているという人も、自分の条件に合わせて譲ってくれる人を探せるリクエスト機能があるので、諦めずにぜひリクエストしてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。