60年代っぽい?HAPPYのメンバープロフィールや結成秘話!

HAPPYは、最近では珍しいサイケなバンドです。アーティスト写真だけ見ると、60年代にタイムスリップしたような雰囲気に驚きますが、全員1990年生まれのメンバーは未だ20代前半です。しかし、これが、なかなかにレトロカッコ良い!!そんなHAPPYのメンバープロフィール、結成秘話等を紹介していきます。HAPPYのメンバープロフィールをチェックして彼らの魅力に迫っていきましょう。

バンド名は、その名も”HAPPY”!

New photo🔥 @tengoyola

A post shared by H A P P Y (@happy_jpn) on

アーティスト写真もサイケな”HAPPY”。
このレトロでカッコ良い写真は「大物アーティストの若かりし頃」とかではありません。
彼らは2017年現在、正真正銘の20代です(笑)。
けれど、所謂「最近のバンド」とは一線を画した存在なんです。
このアーティスト写真からも解ると思いますが、全員が1990年代生まれでありながら、なぜか、ドアーズにハマり始めた時から、1960年代後半のサイケデリックミュージックへと進んでいきます(特に「60年代」とか意識して聞いていたのではなく、カッコ良いと思った曲達が偶々そうだったらしいのですが)、かなり個性的でとにかくカッコ良い!

60年代の雰囲気はありつつも、そのまねごとではなく、そこからインスパイアして新しい音楽を作っている感じですね。
今回はそんな”HAPPY”のメンバープロフィールや、担当楽器、バンドの結成秘話などを紹介したいと思います!

5人は幼馴染?全員が、京都府綾部市出身

HAPPYは、5人組のロックバンドです。
メンバーは、Alec(アリク)さん、Ric(リク)さん、Bob(ボブ)さん、Syu(シュウ)さん、Chew(チュウ)さんの5人。
全員の出身地が京都府の綾部市という人口33,000人ほどの市の出身という、珍しいバンドです!
結成の経緯は、そもそもAlecさんとRicさんとBobさんは小学校から一緒の幼馴染(Bobさんは学年的には1つ上)、その後中学で、Syuさんも一緒になり、中学までに5人中4人が既に知り合い。
最後に加わったChewさんさえも、高校生の時には知り合っていたという、「幼馴染バンド」と言っても良い関係性です。

中学生の時からライブ開始。バスケットが結んだ縁

そんな彼らですが、AlecさんとRicさんが初のライブを行ったのは、なんと中学2年生!”クリスマスパレード”と言う名の地元のお祭り(?)で期間限定だったらしいですが、なかなかやりますね。
当時バスケット部だった彼らはバスケットを優先し、バンド活動を一旦は止めてしまいますが、Alecさんは、音楽の趣味が似ているSyuさんと出逢い、Syuさんとバンド結成。
一方Ricさんも幼馴染のBobさんとバンドを組むようになっていて、そこへAlecさんのバンドのドラムが抜けた事から、AlecさんがBobさんを誘い、結果的にRicさんも加わる事に。
ちなみに驚いたことに、Chewさんとの出会いもバスケット!高校生になり、バスケットの試合で他校の生徒同士として出逢い、仲良くなったらしいです(当時はChewさんは未だバンドには参加していません)
その後、Chewさん以外の4人は、地元でバンドを継続し、大阪や神戸でライブをやるようになり、一方、Chewさんは高校卒業後、大阪で一人暮らし。
そんなChewさんの家にライブの度に4人が泊まりに来ているうちに、Chewさんもいつの間にか(笑)メンバーになって行ったそうです。

1人2担当制?バンド構成も、一味違うHAPPY

Happyのバンド構成をみると、Alekさん(ギター&ヴォーカル)・Ric(リク)さん(シンセサイザー&ヴォーカル)・Bob(ボブ)さん(ドラム&ヴォーカル)・Syu(シュウ)さん(ベース&シンセサイザー)・Chew(チュウ)さん(ギター&シンセサイザー)となっています。
え?ヴォーカルが3人・・・コーラスでは無くて?シンセサイザーも3人?
けれど、この1人2役は、いざ演奏が始まるとちゃんと意味を成します。
1曲の中でボーカルが3人移り変わって行くカッコ良さや、シンセはライブの時も常に舞台上に3台あり、曲により又は、曲の途中でも担当が変わる事で、多才な音色を編み出す事が出来るのです!

Alek(アリク)さん ギター&ヴォーカル

😈😈

A post shared by Alec Polonsky Vo/Gt HAPPY hpy (@alechappy) on

1993/11/16 生まれ 23歳

お父さんはカルフォルニア出身と言われています。
英語の先生もされていたようで、なんと別の小学校だったChewさんを授業で教えた事もあるそうです(笑)。
Alecさんの音楽好きは、お父さんの影響と言う事なので、そこでも60年代後半のサイケデリックというジャンルと繋がるようですね。
意識していた訳では無いのでしょうけれども、身近にあった音楽がそういう種類だったのかもしれません。
但し、最も影響を受けたのは2000年代になって登場したMGMTとの事なので、だから、古い物と新しい物が融合されたカッコ良さがあるのかもしれないですね!

Ric(リク)さん シンセサイザー&ヴォーカル

1994/1/4 生まれ 23歳

Alecさん、Syuさん、Bobさんと3人までがJunk Foodというバンド名で活動を始めた時に、ドアーズに影響を受けた3人から「キーボードが必要!」とオファーされ、メンバーに加わったというRicさん。
今やすっかりシンセ担当ですが、バンドを始めてパンク系にハマっていた頃は、打ち込み系の音楽には抵抗があり、「対バン相手にキーボードがいるだけでダサいと思っていた」(笑)というから、人は変わる物ですね。
お父さんもバンドをやっていて子供の頃から家にギターがあったというから、中学2年生で初ライブと言うのも解る気がしますね。

Bob(ボブ)さん ドラム&ヴォーカル

BOB

A post shared by Alec Polonsky Vo/Gt HAPPY hpy (@alechappy) on

1992/9/11 生まれ 24歳

1歳だけとはいえ、年上のBobさんは頼りになる兄貴のようです。
最初にAlecさんがBobさんを誘った当初も、そこは地元の先輩後輩!ということで、「ドラムやってもらえませんか?」と、未だ敬語で話していたそうです(笑)。
元のバンドでは、ドラムスではなく、ギターボーカルだったそうなので、つまりギターも弾けるんですね!
最近のメンバーのツイートでも、レコーディングが終ってもスタジオでドラムを研究し続けるBobさんを「さすが」という呟きもあったので、一番多才でストイックなのかもしれません。

Syu(シュウ)さん ベース&シンセサイザー

REC!!

A post shared by Ric HAPPY (@r_happy0104) on

1994/2/28 生まれ 23歳

中学生の頃に、Alecさんと音楽の趣味がぴったりで仲良くなったというSyuさん。
レッドツェッペリンのアルバムを全部持っており、当時AlecさんにCDを貸してもらっての感想は「ビートルズは嫌い。
セックスピストルズは好き」だったらしいです(笑)
なので、2人でバンドを始めた当初は完全にパンク派だったようです。

Chew(チュウ)さん ギター&シンセサイザー

(Chewさん=写真左)

1993/10/3 生まれ 23歳

一番最後にメンバーになったChewさん。
元々バスケットを通じて友達になっただけなので、全く楽器などやっていなかったらしいのですが、前述のように、成り行きでメンバーになると決まったが最後、なんと、練習初めて1週間後にはライブの舞台に、一緒に立っていた、しかもギターもシンセも両方やったいうから驚きです(笑)。
追いつくには相当苦労した事でしょう。

HAPPYのライブを見に行こう!


(出典:pakutaso

ここまで、色々聞いたら、HAPPYは実際のライブではどんな音楽をやるんだろう?って聞いてみたくなりますよね!
では、彼らの直近のライブ情報です。

その他のLive Freakおすすめ情報

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。