葉加瀬太郎が奏でる身近なバイオリンの音色とは?

日本を代表する屈指のバイオリニストである葉加瀬太郎

「バイオリニスト」と聞けばクラッシック音楽を思い浮かべると思いますが、葉加瀬太郎と聞けば、「情熱大陸」が思い浮かぶと思います。彼の奏でるバイオリンは、ポピュラー音楽といった色が強く、音楽に精通していなくても楽しく聞くことができますよね。

ここでは葉加瀬太郎の生い立ちをご紹介します。彼の事をもっと知ると、もっと音楽が楽しくなるに違いありませんよ。

hakase-taro-violin
(出典:ofunechan.blog)

葉加瀬太郎の生まれとバイオリン

葉加瀬太郎は、団地ブームの1968年に大阪の千里ニュータウンに生まれました。そのころは「習い事ブームの時代で、彼はバイオリンを習い始めました。

なんと彼は4歳よりバイオリンを始め、少年時代は「天才少年」と言われるほどに成長していきます。10歳になるころには、本格的にバイオリン教室に通うようになり、技術をどんどん磨いていきました。

メディアへの露出と荒くなる腕

そのようにもてはやされ成長した彼は、大学在学中からだんだんメディアへの露出が多くなっていきました。それに伴い忙しさの為、きちんとした練習ができなくなってしまいました。

クラシック奏者として名を馳せていた彼はどんどん腕が荒くなり、ついには「下手になった」とまで言われるようになってしまいました。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

  • YouTube で見ました。コンピュータで再生なので、音質については述べる事はできません。サラサーテのツィゴイネルワイゼンでした。一番の聞かせ所の三楽章の最速部分をピアノの方が演奏していました。他の部分の音程も最悪でした。クラシックを聴いた事のない人に誤解を与える害毒を垂れ流すのはやめてほしいものです。イージーリスニングとしても中程度ですね。

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。