世界的ヴァイオリニスト!葉加瀬太郎のプロフィール紹介

多くのテレビ番組を始めとするメディアへの楽曲提供や、有名アーティストとのコラボレーション、代表曲「情熱大陸」などで知られる、日本国内のみならず世界を股にかけて活躍するヴァイオリニスト・葉加瀬太郎のプロフィールを紹介していきます。葉加瀬太郎のプロフィールを読んで、世界的に評価される高い演奏技術と、その表現力の高い心揺さぶられる演奏を生で聴けるライブへ足を運んでみてください。

世界的ヴァイオリニスト・葉加瀬太郎!

日本のみならず世界を股にかけて活躍するヴァイオリニスト・葉加瀬太郎

多くのテレビ番組を始めとするメディアへの楽曲提供、有名アーティストやクラシック音楽以外のアーティストとのコラボレーション、確かな演奏技術、特徴的な髪型とルックスも相まって日本を代表する世界的なヴァイオリニストです。

テレビ番組などで、日本人なら葉加瀬太郎の楽曲や演奏を一度は耳にしたことがあるといっても過言ではないほどの存在です。

ヴァイオリニストとしての活動だけにとどまらず、CDジャケットのデザインや画展の開催などと活躍は多岐にわたります。

そんな葉加瀬太郎のプロフィールを生い立ちや身長と体重、気になる演奏技術などまとめて紹介していきます。

葉加瀬太郎のプロフィール

本名:髙田太郎(たかた たろう) ※旧姓 葉加瀬

生年月日:1968年1月23日

星座:みずがめ座

血液型:A型

身長:178㎝

体重:75㎏

出身地:大阪府吹田市

学歴:京都市立堀川高等学校音楽科(現・京都市立京都堀川音楽高等学校)卒業、東京芸術大学音楽学部器楽学科バイオリン専攻中途退学

配偶者:高田万由子(タレント)

職業:ヴァイオリニスト

担当楽器:ヴァイオリン

所属レーベル:HATS UNLIMITED

所属事務所:ハッツマネージメント

葉加瀬太郎の所属していたユニット「クライズラー&カンパニー」とは?

「クライズラー&カンパニー」とは葉加瀬太郎が東京芸術大学入学時に結成し、中心人物として活躍した3人組のユニットです。

メンバーはヴァイオリンの葉加瀬太郎、ベースの竹下欣伸、キーボードの斎藤恒芳で構成されています。

「クライズラー&カンパニー」はヴァイオリンを始めとするクラシック楽器を大胆にフィーチャーし、クラシックだけではなくポップスなどの様々な要素を取り入れたジャンルレス、音楽のジャンルの垣根を越えた多彩な音楽性が魅力なニューエイジ・ミュージックバンドです。

クライズラー&カンパニーのバンド名の由来はオーストラリア出身の世界的ヴァイオリニスト、作曲家である「フリッツ・クライスラー」から取っています。

バンド結成当初はクラシックのアレンジを中心に楽曲を制作していましたが、次第にクライズラー&カンパニーとしてのオリジナル曲を展開していきました。

1990年にはテレビバラエティ番組「さんま・一機のイッチョカミでやんす」のエンディングテーマ「愛のよろこび」でメジャーデビューを果たすと、1991年に発売したセカンドシングル「水族館」がヒットし注目を集めました。

カナダ人女性歌手であるセリーヌ・ディオンのオリコン第1位を獲得した大ヒットシングル「To Love You More」のバックとして共演したことでも話題になりました。

1996年、バンドとして人気絶頂ともいえる時期に解散を発表し、メンバーは個々のソロ活動へと移行していきました。

しかし2014年12月21日に東京NHKホールで行われた葉加瀬太郎のコンサートのアンコールにて、2015年の結成25周年を記念してクライズラー&カンパニーが再結成されることが発表され、2015年2月25日には実に20年ぶりとなる待望のオリジナルアルバム「NEW WORLD」をリリースし、全国ツアー「Concert Tour “NEW WORLD”」を開催、成功させました。

葉加瀬太郎の生い立ち

葉加瀬太郎は大阪吹田市の2DKの実家で3人兄弟の長男として生まれました。

家族構成は父親、母親、妹2人の5人家族です。

因みに「葉加瀬」という苗字は、日本に30人ほどしかいないと言われる非常に珍しい苗字です。

大阪の千里ニュータウンという団地で育ち、1学年10クラス以上というとにかく人が多いという状況の中育ちました。

ヴァイオリンを始めたのは4歳の頃で、当時は「習い事ブーム」の時代であり、親はとにかく子供にならいものをさせるというブームでした。

葉加瀬太郎も例外ではなく、父親の「音楽を習わせたい」という希望からヴァイオリンを習い始めました。

ヴァイオリンを習うことになった理由は「ピアノは大きく置くスペースがない」という理由で、コンパクトで持ち運びができるヴァイオリンに決定しました。

父親がきっかけとなり始めましたが、母親や同じ団地に住む女の子の影響でヴァイオリンにのめり込み、毎週金曜日に地元の公民館で練習をしていました。

10歳になるころに本格的にヴァイオリン教室に通い始め、夏休みなど関係なく1日10時間ほどをヴァイオリンの練習に充てたり、学校の遠足などの行事を休んでまでヴァイオリンの練習に明け暮れ、授業中には隠れてウォークマンで聴きながら楽譜を読んだりしていました。

血のにじむような努力の結果、中学2年生の頃に西日本コンクールで2位となる快挙を達成しました。

その翌年に更に努力を重ね、自身も周囲も1位を確信して挑んだ西日本コンクールで課題曲「スペイン交響曲」を冒頭で音を外すという失敗をし、かなりの挫折を味わいました。

しかしその挫折をバネに、今まで以上に努力を続けプロのヴァイオリニストになることを夢見てヴァイオリンに打ち込んでいきました。

 

葉加瀬太郎の身長と体重は?

葉加瀬太郎の身長は178㎝と公表されています。

日本人の平均身長が170.7㎝と言われているので、日本人の平均身長よりもかなり大きいことが分かります。

ぽっちゃり体系のイメージが大きく、身長は大きくないイメージがあったので意外でした。

ぽっちゃりというイメージが世間に定着しているとも言える葉加瀬太郎ですが、実は2014年ごろからダイエットを開始しています。

そのダイエットが「肉抜きダイエット」です。

「肉抜きダイエット」とは書いて字のごとく肉を食べないというダイエット方法で、合わせてウォーキングも取り入れ見事15㎏のダイエットに成功しました。

ダイエット以前は90㎏あったと言われる体重も75㎏まで落としたことで、178㎝の長身を生かしたスタイル抜群の体系になりました。

 

葉加瀬太郎のヴァイオリンの演奏技術は?

 

葉加瀬太郎は4歳からヴァイオリンを習い始め、10歳から本格的にヴァイオリンを習い始めました。

キャリアとしては2017年現在で約45年となります。

もちろんキャリアとしては十分すぎるほど重ねています。

そのキャリアに裏打ちされた演奏技術に定評がありますし、表現力の高さもかなり評価されています。

聴いていて癒されたり、落ち込んでいるときに元気付けられたりする演奏です。

そしてヴァイオリンという楽器に耳馴染みの良いメロディーや楽曲の作曲能力、柔軟に他ジャンルを取り入れる姿勢も評価されるポイントとしてあげられます。

ヴァイオリンという楽器が「お茶の間」にも浸透するきっかけとなった人物と言っても過言ではなく、聴く人の心を惹きつけることのできる演奏は正しく葉加瀬太郎が「本物のヴァイオリニスト」である証明です。

まとめ

(出典:PAKUTASOより)

日本だけでなく、世界を股にかけて活躍するヴァイオリニストである葉加瀬太郎のプロフィールを生い立ちや身長と体重、気になる演奏技術などまとめて紹介していきました。

多くの名曲を世に送り出し、常に話題を提供してくれる葉加瀬太郎から目が離せません。

その表現力の高さと確かな演奏技術を是非生で体感してください。

普段はクラシック音楽を聴かないという人でも、心を揺さぶられること間違いなしです。

葉加瀬太郎のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。