【痩せていてイケメン?】葉加瀬太郎の昔の写真を紹介!

1996年に解散した自身のバンド「クライズラー&カンパニー」も再結成し、ダイエットも成功させた葉加瀬太郎。そんな葉加瀬太郎と言えば、パーマをかけていてぽっちゃり体系というイメージの人が多いと思います。しかし葉加瀬太郎は昔は痩せていてイケメンだったという噂があります。今回は葉加瀬太郎は昔は痩せていてイケメンだったという噂に、写真付きで紹介していきます。ジャンルの枠にとらわれない葉加瀬太郎の意外な一面を知って、もっと葉加瀬太郎のことを好きになってください。

葉加瀬太郎の昔の痩せていてイケメンだった写真を紹介!

クラシックだけでなくポップスなどのジャンルの垣根を越えた活躍を見せる日本を代表するヴァイオリニスト・葉加瀬太郎

代表作にはTBS系人間密着バラエティー番組「情熱大陸」のオープニング曲「情熱大陸」やエンディング曲「Etupirka」、2010年に放送されたNHK連続テレビ小説「てっぱん」のテーマンソング「ひまわり」、航空会社「ANA」の機内アナウンス曲「Another Sky」など多くの馴染みがある曲を手掛けています。

2004年に中島美嘉の楽曲「朧月夜〜祈り」をプロデュースし、第55回NHK紅白歌合戦に中島美嘉の伴奏で出演や、2007年3月にはゆずとのコラボレーション「春風 meets 葉加瀬太郎」、韓国のヒップホップグループ・BIG BANGのD-LITEとのコラボレーションで尾崎豊の「I LOVE YOU」のカヴァー、世界の歌姫・Ariana Grandeとのコラボレーション「Baby I」などの型にとらわれないコラボレーションでも世界から注目を集めています。

またコンサートでは葉加瀬太郎のオリジナルグッズである扇子「はか扇子」を使った振り付けなども有名で、クラシックのコンサートにはない魅力もあります。

従来のクラシック音楽やヴァイオリニストとしての型に一切とらわれない自由な活動スタイルと、柔軟な音楽性は多くのクラシックファンだけでなく音楽ファンをも巻き込んでいます。

そんな葉加瀬太郎のルックスと言えば特徴的な「パーマ」と「ぽっちゃり体系」ですよね。

しかし葉加瀬太郎の昔は「痩せていてイケメン」と言われていたそうです。

今回はそんな葉加瀬太郎の昔の写真で、痩せていてイケメンだったころを振り返っていきます。

葉加瀬太郎は昔はイケメンだった?

葉加瀬太郎と言えばアフロのような「パーマ」と「ぽっちゃり体系」愛くるしいルックスが特徴であり、「イケメン」というには程遠いですよね。

「葉加瀬太郎」とGoogleで検索すると、ダンサーであり振り付け師でもある「パパイヤ鈴木」が出てくることも話題となっています。

確かにそっくりで、パパイヤ鈴木と勘違いしている人もいるようです。

そんな葉加瀬太郎ですが、昔は痩せていて「イケメン」だったという噂があります。

クライズラー&カンパニーでのデビュー当時の写真

葉加瀬太郎が1987年に東京藝術大学の学生だった頃に、同級生の竹下欣伸、斉藤恒芳のと結成したバンドである「クライズラー&カンパニー」。

20代前半の頃の葉加瀬太郎の写真ですが、やっぱり今よりかなり痩せていてスマートな印象があります。

目もきりっとしていてイケメンですよね。

 

そしてもう一つ気になるのが、トレードマークでもある「パーマ」がかかっていないことですよね。

実はあのパーマは「天然パーマではなく」、毎回美容室で1回に2時間以上かけてかけているそうです。

パーマをかけ始めた時期は「クライズラー&カンパニー」でデビュー以降で、パーマをかけ始めてからはぶれずにパーマを続けています。

パーマをかけるようになった理由は「イメージを付けるため」だそうで、見事にその戦略も成功しています。

クライズラー&カンパニーは残念ながら1996年に解散してしまいますが、クライズラー&カンパニーとして活動する後半あたりからすこし「ふっくら」し始めました。

しかし「若干太った」という程度で、元々すごく痩せていたので気にならない程度です。

身長は178㎝と高いので、ちょうどいい感じかもしれません。

クライズラー&カンパニー解散後の写真

1996年にクライズラー&カンパニーを解散し、1997年にソロデビューしてすぐに葉加瀬太郎は30代に突入しました。

一般的に体形が崩れやすくなってくる時期ですが、葉加瀬太郎も一気に「ぽっちゃり体系」へとなっていきます。

見た目も一気に印象が変わり、昔のシュッとしたスマートさが無くなりました。

「ぽっちゃりとした可愛らしい印象」となり、今のイメージの葉加瀬太郎となりました。

40代に入ると体重もさらに増え90kgに突入しました。

因みに葉加瀬太郎は「お酒と食べることが大好き」であり、このことが太った原因と言われています。

葉加瀬太郎の身長178㎝の適正体重であり、20㎏も多かったようです。

クライズラー&カンパニー再結成をきっかけに

1996年に解散した葉加瀬太郎のバンド「クライズラー&カンパニー」が2014年に再結成を発表し、葉加瀬太郎はこの再結成をきっかけに「ダイエット」を決意しました。

無理なダイエットやサプリ、ダイエット器具に頼ることは避け、「1日1万歩のウォーキング」と「肉抜きダイエット」という方法でダイエットを開始しました。

すると10か月ほどでマイナス15㎏まで体重が落ち、見た目もすっきりとした感じになりました。

流石に20代の頃のルックスに完全になるのは難しいですが、イケメンと言われた昔の面影を感じることができます。

ダイエットを成功した今でもリバウンドしないように気を使っているそうです。

昔のイケメンだった頃に戻った葉加瀬太郎は?

葉加瀬太郎のダイエットの成功は様々なメディアで取り上げられ話題となりましたが、それ以上に驚きのニュースがありました。

それはASKAやスガシカオ、そして葉加瀬太郎のライブでもバッグコーラスを務めたことのある年上女性歌手「大滝裕子」との「路チュー写真」が2017年5月に報道されました。

葉加瀬太郎も大滝裕子も既婚者であるため「ダブル不倫」となり、世間を騒がせました。

葉加瀬太郎は不倫関係を認め、妻である高田万由子にすぐ謝ったそうですが、「痩せてイケメン」になった瞬間にハメを外してしまうところが何とも言えません。

葉加瀬太郎と高田万由子は離婚には至っておらず、息子や娘との関係も良好なようです。

昔から「おしどり夫婦」として知られている葉加瀬太郎と高田万由子だけに、この報道にはびっくりした人も多いと思いますが、本当に離婚せずに良かったです。

痩せてモテるようになって不倫というのは分かり易すぎますが、これからは控えて家族を大事にしてほしいものです。

葉加瀬太郎についてまとめ

(出典:出典ページ名より)

今回は葉加瀬太郎の昔の写真で、痩せていてイケメンだったころを振り返っていきました

クライズラー&カンパニーの再結成をきっかけに見事ダイエットを成功させた葉加瀬太郎ですが、痩せると印象が変わってイケメンだった頃のオーラがありますよね。

ジャンルの垣根を越えてクラシックという枠にとらわれない葉加瀬太郎ですが、これからの活躍も非常に楽しみです。

痩せて身も心も軽くなり、これまで以上のパフォーマンスを見せてくれるであろう葉加瀬太郎のライブに、是非足を運んでみてください。

葉加瀬太郎に関する記事はこちら!

葉加瀬太郎の人気&おすすめ曲TOP10!1度は聞いたことのある名曲ばかり♪

今秋、葉加瀬太郎さんが「コンサートツアー2017」を開催!日程・会場や座席表をチェック

葉加瀬太郎の楽曲を弾いてみたい!楽譜の入手方法などお役立ち情報まとめ

葉加瀬太郎が出演する『情熱大陸ライブ2017』の座席情報をお届け!

葉加瀬太郎のコンサートに行こう!服装はどうする?

ダイエットも成功!ヴァイオリンだけじゃない意外とすごい葉加瀬太郎

世界的ヴァイオリニスト!葉加瀬太郎のプロフィール紹介

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。