>葉加瀬太郎 チケット
葉加瀬太郎のひまわり 温かく包まれるような美しい音色に注目!

高校時代から音楽科を選択し東京藝術大学のヴァイオリン専攻に進学した葉加瀬太郎は、学生3人でクライスラー&カンパニーを結成。

1996年に解散後はソロとしての活動を始めました。音楽ジャンルにこだわらず、自身の演奏のほか、プロデュースをしたりコラボをしたりと積極的に世界を広げてきました。

テレビ番組などのテーマ曲も多数手がけてきましたが、ここではNHK連続テレビ小説「てっぱん」のテーマ曲「ひまわり」の魅力を探ってみましょう。

葉加瀬太郎の「ひまわり」は、瀬戸内海をイメージして作られました

葉加瀬太郎の「ひまわり」は、2010年9月29日に発売されたアルバム『EMOTIONIZM』に収録されています。

葉加瀬太郎にとって、ひまわりの花が一番大好きな花であり、また父親が岡山県出身であることから何度となく訪れた瀬戸内海のイメージを広げて「ひまわり」という楽曲が出来上がりました。

余談ですが、実はお嬢さんの名前も「向日葵」なんです。NHK連続テレビ小説では歌詞が入った曲が主に使われており、「ひまわり」のようなインストゥルメンタル曲が使われるのは珍しいことでした。

葉加瀬太郎「ひまわり」という楽曲の魅力は何でしょう

葉加瀬太郎が大好きな花というだけあり、この曲に託した想いは深いものです。

太陽に向かって真っ直ぐに育つ爽やかな花のイメージを、葉加瀬太郎のヴァイオリンのメロディーが見事に表現し、そこへオーケストラがのることで、優しいイメージが出来上がっています。

ミディアムスローなテンポが、花と海とそしてヒロインのイメージにぴったりです。

葉加瀬太郎オリジナルの「ひまわり」を聞いてみましょう

朝、テレビをつけると流れてくる「ひまわり」という曲が、聴く人を爽やかな気持ちにしてくれることで注目を浴びました。

吹奏楽用、ピアノ用などにもアレンジされ、あちらこちらで演奏されています。また、ドラマのオープニングには、この曲に合わせて鉄板ダンスなるものが披露され話題になりました。

ここでは、「てっぱん」のヒロイン・村上あかりのあり方を決定づけた葉加瀬太郎自身の美しい演奏を聴いてみましょう。

葉加瀬太郎のおすすめ記事

葉加瀬太郎の「ひまわり」をコンサート会場で聴いてみましょう

葉加瀬太郎の「ひまわり」についてご紹介してきましたがいかがでしたか。ヴァイオリンやオーケストラの音色は、やはり生の演奏で聞いてみたいですね。チケットキャンプでは葉加瀬太郎のコンサートのチケットも扱っています。是非コンサート会場へ足を運び、葉加瀬太郎の世界をお楽しみください。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。