葉加瀬太郎のコンサートにふさわしい服装とは?

世界的に有名なヴァイオリニスト、葉加瀬太郎。コンサートも国内外問わず積極的に行っていますが、ヴァイオリンのコンサート、どんな服装で行けばいいのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。本日はそこのところを実際どうなのか、ご紹介しますね。

世界的に有名なヴァイオリニスト、葉加瀬太郎。1997年にソロデビューしてから、クラシックを中心に様々な楽曲を世に送り出しています。

特に「情熱大陸」は誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

もちろんコンサートも国内外問わず積極的に行っています!しかしヴァイオリンのコンサートとなるとクラシックを連想して少しお硬いイメージがある人も多いのではないでしょうか?

特に服装にも気を使わないといけないと思われがちですが、実際はどうなのか紹介します!

葉加瀬太郎のコンサートでは服装は自由

結論からいうと、葉加瀬太郎のコンサートにドレスコードは特にありません。場に似つかわしくない過度に派手な服装でなければ自由です。

特に葉加瀬太郎のコンサートの場合、クラシックだけではなくポップスなどの要素も取り入れているため、幅広い人に楽しまれています。

実際、コンサート会場にも会社帰りのサラリーマンやOL、学生だったりと様々な人が参加していて、スーツからデニムまで服装も幅広く、カジュアルな格好の人も多くいますよ。

せっかくなら葉加瀬太郎のコンサートではオシャレな服装をしてみよう!

しかし葉加瀬太郎のコンサートに行くなら、いつもよりちょっとだけオシャレでキレイめな服装にしてみるのをおすすめします!

せっかくオシャレな音楽を楽しむのであれば、服装もそれに合わせたものにするとより雰囲気を楽しめますよ。

男性であればジャケットを着たり、女性であればキレイめなワンピースなど、いつもより少しだけ「かっこいい」または「かわいい」服装を意識してみると素敵ですね。

葉加瀬太郎のコンサートではどんな音楽が多い?

コンサートの雰囲気にあわせた服装といっても、初めて葉加瀬太郎のコンサートに行く人はあまりイメージがつきにくいのではないでしょうか。

元々葉加瀬太郎は4歳の頃からヴァイオリンを習い始め、京都の音楽高校を卒業後、東京藝術大学でヴァイオリンを学んでいたため、彼の音楽のベースはクラシックになります。

その後、大学時代に結成した「クライズラー&カンパニー」というバンドでクラシックだけでなくポップスやニューエイジなどの要素を取り入れた音楽を演奏するようになり、今の葉加瀬太郎の音楽スタイルにつながっています。

そのほかにも中島美嘉の音楽をプロデュースしたり、志方あきこやゆずの楽曲に参加、テレビドラマの劇中音楽など様々なジャンルで活躍しています。

そのため、演奏する曲目もクラシック音楽の要素が中心になりますが、それだけではなくポップスなど様々なジャンルの要素を取り入れていて、しっとりと聴かせる曲からノリノリの曲まで幅広くあります。

葉加瀬太郎のオススメ記事はこちら

自分らしいオシャレな服装で葉加瀬太郎のコンサートを楽しもう!

海外のクラシックコンサートなどでは、格式高いものでは場にそぐわない服装だと入場を断られることもあります。

しかしここは日本。特に葉加瀬太郎のコンサートではクラシック以外の要素も取り入れているため、服装に決まりがあるわけでもなく誰でも楽しめます。

葉加瀬太郎本人も、盛り上がって欲しいときは皆さん立って下さいと言われるなど、ステージから自らナビゲートしてくれるので純粋にコンサートを楽しみたいという気持ちさえあればクラシックコンサートに慣れていない人でも十分に楽しめます。

きっとどこかで聴いたことがある曲もあるはずですよ!コンサートに慣れていないと服装も悩みどころですが、人気アーティストのライブだとライブTシャツを着ていくとより気持ちも高まってより楽しめますよね。

そのような感覚で、いつもよりちょっとだけキレイめでオシャレな服装でコンサートに行くと、より楽しめるようになりますよ!葉加瀬太郎のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。