グリーンルームフェス2015の横浜赤レンガ倉庫を徹底解説

2005年のスタート以来、毎年横浜で開催されているGREENROOM FESTIVAL(グリーンルーム・フェスティバル)。

サーフカルチャーとビーチカルチャーを融合し音楽やアートを通してビーチを守りたいというサーファーなら誰しも共感するようなコンセプトを持つ野外フェスティバルで、毎年日本の有名アーティストだけでなく海外のアーティストも登場し様々なテイストの音楽を聴かせてくれます。

そんな毎回私たちを楽しませてくれるグリーンルームフェスですが、今年2015年も横浜赤レンガ倉庫の特設会場にて2015/5/23(土)と2015/5/24(日)の2日間の日程で開催が決定しました

そこで今回は会場となる「横浜赤レンガ倉庫」とアクセスについてなどをご紹介させていただこうと思います!

グリーンルームフェス2015が開催される「横浜赤レンガ倉庫・野外特設会場」とエリア

グリーンルームフェス2015は横浜赤レンガ倉庫1号館と2号館を含む「赤レンガパーク」全体を使った大規模な野外イベントです

赤レンガ倉庫といえば横浜を代表する観光地で、その印象的な景観と心地よい潮風で最高に気分が高揚する素晴らしいロケーションです。お昼もその姿は素晴らしいのですが、特に夕方から夜にかけてはみなとみらいの夜景も含めて最高に美しい景色が楽しめますので見逃せません。

グリーンルームフェスのエリアは位置は毎年若干異なりますが大きく6つに分けられその中でも「GOOD WAVE」と「Blue SKY」、「Humming Bird」そして「Pirates Ship」の4箇所が音楽の主要なステージになります。

今年は既に第1弾アーティストが発表されており、既に人気を確立しているロックバンド怒髪天やレゲエシーンで飛ぶ鳥落とす勢いのPUSHIM、そして海外からもラテン音楽を中心に活躍しグラミー賞獲得グループであるOzomatliが参戦予定!他にも豪華なアーティスト陣が追加予定で目が離せませんよね。

グリーンルームフェス2015は音楽以外も楽しみ盛りだくさん!

グリーンルームフェス2015はサーフカルチャーを中心とした様々な文化に触れ合える祭典なので、音楽だけでなくアートやフィルム作品なども楽しめますし関連ショップも立ち並びます

映画などのフィルム作品が毎年数本は上演されますが今年決まっているのは現時点では「ボーンズ・ブリゲード」一本のみ。こちらの作品は伝説的なスケートボードチームBONES BRIGADEに迫ったドキュメンタリーでスケートカルチャーに触れることができます。他にも今後上演作品が数本発表されますので、楽しみですよね!

そして赤レンガ倉庫1号館&2号館の間のスペースを中心にファッションブランドとグリーンルームフェスとのコラボショップや、サーフカルチャーを主体にしたアート作品の展示、そして毎年行われているライブ・ペインティングなど様々なイベントが開催されますので、1日飽きることなく思い切り楽しむことができます。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。