GReeeenの曲をカバーしている女性アーティストたち

間もなく10周年ツアーを控えており、「愛唄」「キセキ」「遥か」など多くのヒット曲で知られるGReeeeN(グリーン)。数多くのヒット曲は他のアーティストにもカバーされており、GReeeeNの楽曲の良さを違った形で表現しています。ここでは、GReeeenの曲をカバーしている女性アーティストについてご紹介いたします。どんな女性アーティストがどのようにGReeeeNの楽曲の魅力を伝えてくれているのでしょうか。

GReeeenの曲をカバーしている女性アーティストその1 whiteeeen/「愛唄」をカバー

GReeeeNの「愛唄」を「愛唄〜since 2007〜」としてカバーしたのがwhiteeeen(ホワイティーン)という名の女性4人組アーティストです。そのグループ名から想像できるように、GReeeeNの妹分として結成されました。映画「ストロボ・エッジ」の主題歌として使われた「愛唄〜since 2007〜」は、少しせつない感じにアレンジされたイントロと透明感のある歌声が女子高生が主役のストーリーにぴったりと合い、iTunesやレコチョクなどの音楽配信サイトで首位を獲得。コーラスでGReeeeNが参加していることも話題になりました。このwhiteeeen、「兄貴分」のGReeeeN同様に顔出しはしておらず、本人たちを描いたイラストのみが公開されていましたが、2016年3月に発売された1st mini album 「声」のジャケットには彼女たちの後姿が写されています。今後、さらなる露出はあるのでしょうか。whiteeeenのこれからの活動から目が離せません。

GReeeenの曲をカバーしている女性アーティストその2 美吉田月/「キセキ」「歩み」「遥か」をカバー

GReeeeNの「キセキ」「歩み」「遥か」をカバーしているのが美吉田月(みよしだるな)です。「キセキ」「歩み」のカバー曲は、アルバム「Ska Flavor」シリーズに収録されており、軽快なスカアレンジが、「遥か」は「Punk! Flavor」に収録され、エレキギターを前面に出したアレンジが施されています。美吉田月はその柔らかな歌声と淡々とした歌い方で、「スカ」「パンク」といった異なるアレンジを施されたGReeeeNの楽曲の違った魅力を引き出してくれています。その他、美吉田月は「Hello, Again 〜昔からある場所〜」(MY LITTLE LOVER)や「I LOVE YOU」(尾崎豊)などラブソングを中心としたカバーアルバムも複数リリースしており、非常に振り幅の広いアーティストといえるでしょう。

GReeeenの曲をカバーしている女性アーティストその3 Tiara/「キセキ」をカバー

2012年にGreeeeNの「キセキ」をカバーしたのが、女性シンガーソングライター・Tiara(ティアラ)です。自身初のカバーアルバム「Sweet Flavor 〜cover song collection〜」で「キセキ」をはじめ「小さな恋のうた」(MONGOL800)、「君をさがしてた~The Wedding Song~」(CHEMISTRY)など計10曲をカバーしました。Tiaraが歌う「キセキ」は、「癒し系歌姫」と呼ばれるTiaraの大きな魅力である「ウィスパー・ボイス」が存分に味わえる仕上がりとなっており、本家・GreeeeNの「キセキ」と異なる世界観が広がっています。2015年10月に女の子を出産したTiaraの復帰が待ち遠しいですね。

GReeeenの曲はカバー曲も魅力的なものばかり!

始まりの唄

他にも多くのアーティストがGReeeenの曲をカバーしており、さまざまなアレンジが施されていますが、GReeeenのオリジナルの曲も、そしてカバー曲も、それぞれ非常に魅力的な楽曲となっています。今後、GReeeenの素敵な楽曲の数々にどのようなアレンジが施されるのでしょうか。GReeeenのオリジナル曲同様に注目したいところです。

h3>GReeeeNのオススメ記事はこちら

7月からはGReeeeN 10周年ツアー んなぁしたぁぁぁ~・・・今日よりも好きになれる~♪ツアーも始まります!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。