GReeeeN(グリーン)ライブの楽しみ方、持ち物は?

2016年夏、デビュー10周年を記念して、全国ライブツアー「んなぁしたぁぁぁ~・・・今日よりも好きになれる~♪ツアー」の開催が決定したGReeeeN(グリーン)。今回はライブに先駆けて、コアなファンから初心者ファンまで盛り上がることができる、GReeeeN(グリーン)のライブの楽しみ方をまとめました。

「キセキ」「愛唄」などの人気ソングで一躍有名となった、GReeeeN(グリーン)。メンバー全員がボーカル、異彩を放ったハーモニーに釘付けになるファンが続出しました。2007年のシングル「道」でメジャーデビューしてから今年で10周年を迎え、今も着々とファンを増やし続けています。

2016年夏、デビュー10周年を記念して、全国ライブツアー「んなぁしたぁぁぁ~・・・今日よりも好きになれる~♪ツアー」の開催が決定しました。今回はライブに先駆けて、コアなファンから初心者ファンまで盛り上がることができる、GReeeeN(グリーン)のライブの楽しみ方を紹介します。

GReeeeN(グリーン)のライブの特徴

GReeeeN(グリーン)は素顔を見せないことで有名で、テレビはもちろん、雑誌などのメディアにおいても、顔を出すことはありません。じつは、ライブでもそれは徹底されていて、彼らがライブで素顔を出すことはなく、シルエットのみの映像出演となっています。そしてよく誤解されがちなのが、顔出しNGのままメンバーは当日ステージに立っている、と想像する人が多いのですが、事前に撮った映像をライブ風に流している、というのがグリーンのライブの特徴です。

GReeeeN(グリーン)のライブ、守るべきマナー

メンバーが登場することがなく、映像によるライブということは盛り上がりに欠けるのかと思いきや、会場のファンはまるでそこにメンバーがいるかのような盛り上がりを見せます。そのため、通常のライブと同様に注意すべき点もあります。

とくに女性の場合、ヒールの高い靴はとても危険です!自分がころんでケガをするだけでなく、まわりに立っている人の足を踏んで相手にケガをさせてしまう危険性もあります。ほかにも、貴重品はつねに身につけておく、ケータイはマナーモードにしておく、その他、周囲の迷惑になるようなことは避けましょう。

GReeeeN(グリーン)のライブ、持ち物は?

  • チケット(絶対忘れないで!)
  • タオル
  • ウェストバッグ、ボディバッグなど両手があくもの
  • 小銭入れ

ポイントとしては、各ライブやフェスに共通することですが「両手のあくバッグ」を身につけておくことです。盗難対策にもなることはもちろんですが、何よりも両手があいていることでライブに安心して集中できます。ほかにも、普段使いの財布とは別に小銭入れを用意し、最低限の現金のみを入れておくようにしましょう。

GReeeeN(グリーン)のライブ、服装は?

グリーン色のTシャツやスニーカーなどを身につけているファンが多いため、何か1アイテムだけでも緑色を取り入れるといいでしょう。Tシャツは会場の物販で調達して、そのまま着替えて参加してもいいかもしれません。

この夏は、GReeeeN(グリーン)のライブツアーに行こう!

一切の素性を明かさず、ライブでも素顔を見せることのないGReeeeN(グリーン)。特徴的なそのスタンスに、はじめてライブに足を運んだ人はきっと新鮮な印象を抱くことでしょう。ぜひ一度、GReeeeN(グリーン)のライブに足を運んでみてはいかがでしょうか。

7月18日からGReeeeN(グリーン)10周年ライブツアーが開始!

GReeeeN(グリーン)10周年ライブツアー「んなぁしたぁぁぁ~・・・今日よりも好きになれる~♪ツアー」が、7月18日(月・祝)宮城・仙台PIT公演を皮切りにスタートします。この夏は、GReeeeN(グリーン)のライブで思いっきり盛り上がりましょう!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

GReeeeNのオススメ記事はこちら

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。