GRAPEVINE 田中和将のプロフィールを徹底解剖!

GRAPEVINE(グレイプバイン)の大きな魅力はやはりギター&ヴォーカルの田中和将の存在感が大きいでしょう。

関西出身の、草食系男子の代表のようなルックス。もともとはRCサクセションやストリート・スライダーズの影響で音楽好きになったと聞くと生粋のロック畑のように思えるけれど、彼がルーツにしているのはブラックミュージック。バンド名の由来もR&Bニューソウルの金字、マーヴィン・ゲイの楽曲から取られているくらい。

最初はギタリストとして加入したかったのに、歌声を聞いた当時のリーダーだった西原誠にむりやりヴォーカルにさせられてしまったという経緯はファンの間で有名です。

GRAPEVINE 田中和将
(出典:NAVERまとめ)

とにかく言葉が聴き取りづらいGRAPEVINE・田中和将のヴォーカル

「Sing」

田中くんのヴォーカルはなんといっても、その発音

本人は「照れくさいから…」という理由があるらしいけど、とにかく言葉をはっきり聴き取りにくいのが田中ヴォーカルの特徴。

この曲でもよく聴かないと「英語?」って思っちゃうくらい。こんなにバックがスッキリとしてヴォーカルが際立つ曲なのに、今ひとつ何を言っているのか聞き取りづらい。まあもちろん、あえてはっきり聞き取らせないように、聞き違いも含めて作品として成立させようとしている彼の戦略なんですけどね。

GRAPEVINEが生み出す文学臭はすべて田中和将くんの責任です!

GRAPEVINE
(出典:NAVERまとめ)

坂口安吾や安部公房という濃い口の純文学に影響を受けていると公言している田中くん。だからこそ難解で意味を取るのに苦労する楽曲を生み出しているわけですが。実際の彼は

「歌詞を書こうと思って書いてない。読んだ本の影響をただつづっているだけ」

という発言をしていたりもしますが、これはロックで小説ではないのです。

従ってバンドのサウンドがあり、彼自らの歌唱もあります。そうすると不思議に言葉以上の何かが伝わってきてしまうのです。

ギタリストとしてもなかなかの凄腕なGRAPEVINE・田中和将

GRAPEVINE 田中和将2
(出典:NAVERまとめ)

日本のロックシーンでは珍しい、セミアコースティックタイプのエレキギターを抱えて歌っていることも多い田中くん。機種は歴史の古いエピフォン(ギブソンに買収されちゃったけど)ブランドのCASINO(カジノ)を使用してます。

他にもロックンローラーの定番・フェンダーのJAZZMASTER(ジャズマスター)やテレキャスター、ハードロック系御用達のギブソンのSGスペシャルなど、さながらギタリスト並みの品揃えのコレクションを持っているのです。

なのでライブでは田中くんと、リードギターの西川弘剛くんとの掛け合いギターバトルも見どころの一つになっています。

GRAPEVINEの他のオススメ記事

チケットキャンプではGRAPEVINEのチケットを取扱中!

GRAPEVINE2
(出典:Amazon)

さて、GRAPEVINEのライブが見たくなってきたのではないでしょうか? やはり生のステージには音源だけでは味わえないリアルな感動があるものなのです。もちろんチケットキャンプではGRAPEVINEのチケットを取り扱っています。ぜひチェックしてみてください!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。