GRAPEVINEの魅力が炸裂!YouTubeで見るPVライブ動画ベスト5!

TRICERATOPSとともに90年代後半に現れて日本のロキノン系(音楽雑誌「ロッキング・オン」によく登場する内省的なロック臭のする音楽性のバンドを指す)ブームを牽引したGRAPEVINE(グレイプバイン)。

とはいえ彼らのルーツはブラックミュージック。バンド名の由来もニューソウルの伝説、マーヴィン・ゲイの楽曲から取られたくらいなので、本格派ロックでありながらどことなく土臭い匂いを感じさせる独特のセンスがあるのです。

今回はそんな彼らの音楽を映像で楽しんでみましょう!

GRAPEVINEの魅力が炸裂するPV/動画ランキング 第5位●「羽根」

重厚な70年代ロックのようなイントロからしびれさせるバインのロックサイドを代表するナンバーでヒット曲。

内省的ないわゆる文学的な歌詞と重いビートのバランス感が最高。

という田中和将ヴォーカルの絶唱ぶりもとてもかっこいいんだから。

GRAPEVINEの魅力が炸裂するPV/動画ランキング 第4位●「スロウ」

この曲がなかったら、世間にこれだけGRAPEVINEは広まっていなかったといえるのがこの曲です。

この曲で彼らをはじめて知った人がいちばん多いんじゃないかな。

彼らの特徴のひとつ、浮遊感のあるサビのメロディーも際立ってて、後年戦列を離れてしまうリーダーでベーシストだった西原誠の作り出すうねりが泣けるほどかっこいいのです。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。