PCが楽器に!?グースハウスの個性的な楽器たち

シンガーソングライターや異なるミュージシャン同士が集まって、UstreamやYouTubeを中心に楽曲を発表している音楽ユニット、グースハウス(Goose house)

音楽ユニットと言っても、普段は個々それぞれに活動しているミュージシャン同士が「ハウス」と呼ばれている部屋に集まって制作を行っている、いわばシェアハウス的なグループです。

彼らが行っている音楽配信では、ギターやピアノを使った楽曲はもちろんのこと、普段は楽器にしないようなものを利用して楽器として活用する、音楽制作のクリエイティブな側面を見ることが出来ます。そこで今回はグースハウス(Goose house)のメンバーについてのご紹介と、彼らが楽器として活用してきた本来楽器ではないものをまとめてご紹介させていただきます。

グースハウス(Goose house)のメンバーは個性派揃い

まずはグースハウス(Goose house)のメンバー紹介をさせていただきたいと思います。

  • 工藤秀平:ボーカル、ギター、ハーモニカ、ヒューマンビートボックス、ピアノなどを担当。ナオト・インティライミに影響を受けていて、グースハウス(Goose house)内ではリーダー的立ち位置です。
  • 竹渕慶:ボーカル、ピアノ、パーカッションを担当。宇多田ヒカル、セリーヌ・ディオン、椎名林檎と東京事変に影響を受け、メンバー内では「慶ちゃん」と呼ばれています。
  • 竹澤汀:ボーカル、アコースティックギター、ピアノ、カホン、ドラムを担当しているが、いろんな物を楽器に変化させることもあります。ハナレグミ、ノラ・ジョーンズなどに影響を受けています。また名前の汀は「みぎわ」と読みますが、みぎちゃんと呼ばれています。
  • マナミ:ボーカル、ギターを担当しています。スーザン・ケイグル、ミシェル・ブランチ、アナム&マキなどに影響されています。
  • 沙夜香:ボーカル、ピアノを担当。バックストリート・ボーイズ、アヴリル・ラヴィーン、宇多田ヒカル、PUSHIMに影響を受け、愛称は「さや姉」。
  • ワタナベシュウヘイ:ボーカル、ギター、バス、ウクレレ、ドラム、ベースを担当する多才ぶりを発揮しています。アース・ウィンド・アンド・ファイアー、ザ・ビートルズなどに影響を受けており、愛称は「わっしゅう」です。
  • 齊藤ジョニー:ボーカル、ギター、マンドリン、バンジョー、バイオリン、ベース、チェロなどあらゆる楽器を駆使します。ザ・ビートルズ、レッド・ツェッペリン、ザ・フー、くるりなどに影響を受けており、愛称は名前の通り「ジョニー」と呼ばれています。

現在のメンバーは第1期から第4期までで全員で7人います。皆ただ1種類のパートを担当するだけに留まっておらず、多才っぷりを見せつけています。

ちなみにメンバーは「ハウス」にちなんで住人と呼ばれることもあります。また今までグースハウス(Goose house)からは数人が卒業していますが、卒業のことも「退室」「家出」と表現することがあるそうです。

グースハウス(Goose house)は何でも楽器にするその1:空き瓶&ボールペン


(出典:YouTube)

何でも音楽にして楽しんでしまう、グースハウス(Goose house)。これまで、どのようなアイテムを使って音を奏でてきたのか、動画で見てみましょう!

まずはBENNIE KのDreamlandをカバーした演奏では3人がボーカル・ボイスパーカッション+それぞれの楽器の演奏を基本に音を創りあげているのがわかるかと思います。

この映像の冒頭25秒過ぎくらいからはボールペンのカチカチ音をメトロノームのカチカチ音と融合させて音楽にしています!面白いですよね。

更に45秒が過ぎたあたりから汀ちゃんが胸ポケットから栄養ドリンクの瓶を取り出して飲み干しています。するとスティックを使いこの空き瓶を打楽器として利用してしまいます!これがまた結構良い音を出していますよね。この辺にグースハウス(Goose house)のクリエイティビティを感じることができますね。

グースハウス(Goose house)は何でも楽器にするその2:空気入れ


(出典:YouTube)

続いてご紹介させていただくのは、スチャダラパー feat. 小沢健二のヒット曲「今夜はブギー・バック」のカバーです。こちらも映像で見て、聴いていただきましょう!

30秒過ぎたあたりから突然、自転車に使用する「空気入れ」をマイクに見立てて登場する旧メンバーのd-izeが可愛すぎます!また汀ちゃんの綺麗で伸びやかな声が響き渡ってとっても素敵です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。