Goose house マナミ!その歌唱力抜群なその歌声に注目!

シンガーソングライターや、ミュージシャンたちがシェアハウスとして集まっているGoose houseをご存知ですか?

ソニー・ウォークマンPR企画「PlayYou.House」の後身として、主にインターネット上での活動や、ライブ活動を行っています。複数の個性溢れるアーティストが在籍しているGoose house。

今回は、Goose houseメンバーの1人、マナミの紹介をします。

Goose house マナミ
(出典 : goosenews.xyz)

Goose houseメンバー、マナミのプロフィール♪

マナミは、千葉県出身の1984年11月13日生まれです。

影響を受けた歌手は、スーザン・ケイグル、ミシェル・ブランチ、アナム&マキで、好きなものは、猫、ジャガイモ、酒。マナミは変顔をしたり、ヒゲを付けたりと面白いことをするキャラが魅力的です。小学生低学年の頃、将来の夢は、「茶碗蒸し職人になりたいです!」と言っていたとツイッターで呟いています。

面白い性格のマナミですが、ギターを持つとたちまち表情が変わり、力強い歌声を響かせます。

Goose houseで歌唱力抜群な歌声を披露しているマナミ

マナミは、2011年10月の放送からGoose houseに加入しました。

一番最初に歌った曲は、ユニコーンの「すばらしい日々」。斉藤ジョニーと一緒に披露し、歌唱力の高さと力強い歌声で、みんなを虜にしました。

2人のハモリが心地よいですよね!

Goose houseマナミが以前、活動していた女性音楽デュオ!

マナミはGoose houseに入る前、アニーポンプという女性音楽デュオでも活動していました。

アニーポンプでの愛称は、「マナミ」、「マナミ虫」。

アニーポンプで活動しているときの画像を見ると、今と雰囲気が全然違います!

Goose house マナミ
(出典 : www.music-lounge.jp)

Goose house マナミ
(出典 : namituka.com)

ロングヘアーもお似合いで可愛いですよね!

2010年2月リリース「ないていたいよ」のカップリング曲「駒場東大前駅〜キミに会いたい〜」は、東京大学第60回駒場祭のイメージソングになっています。

2010年4月リリース「こくはく〜give me a chance〜」のカップリング曲「世界が敵になっても」は映画「恋極星」の挿入歌になっています。

2013年からマナミが活動していたバンドって?

2013年にTHE KERTI OKKAR(ザ・ケルティオーカー)というバンドを結成して活動していました。

THE KERTI OKKARというのは、アイスランド語で「ろうそく達」という意味です。1つの小さな火でも集まれば大きな炎になるという意味が込められています。

残念ながら、すでに活動はしていませんが、現在ソロライブでTHE KERTI OKKARIの曲も歌っています。

Goose house マナミ
(出典 : prcm.jp)

Goose houseマナミの歌声を聴きにライブへ行こう!

いかがでしたか?Goose houseで大活躍中のマナミの現在に至るまでの音楽活動や、人間性などがよく分かりましたよね♪マナミの素敵な歌声を聴きにライブへ行ってみたくなったら、早速チケットキャンプGoose houseのチケットを購入しましょう!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。