GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングTOP10!ロック好きなら絶対に聴くべき本物の10曲

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングTOP10とプロフィールまとめ!松尾レミさんと亀本寛貴さんの男女ユニット・GLIM SPANKY(グリムスパンキー)。ロックでブルージーな世界観で、男女問わず音楽好きから高い評価を受けています。今回はそんなGLIM SPANKY(グリムスパンキー)のプロフィールと人気おすすめ曲を独自のTOP10ランキング形式でまとめてみました。TOP5からは聴いた人の感想も。感想やまとめを参考にしつつ、お気に入りの1曲を見つけてみてくださいね。

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングTOP10!ロック好きなら絶対に聴くべき本物の10曲


【画像:GATAG / Dusty J

いとうせいこうさんやみうらじゅんさんなど、音楽好きと言われる業界人から絶賛されるユニット・GLIM SPANKY(グリムスパンキー)

メジャーシーンで活躍する現在までに、数々の大会で優勝・好成績を収めてきたGLIM SPANKY(グリムスパンキー)。やはりライブに定評があり、自身のライブツアー以外にも今年2017年の夏は「音魂~OTODAMA SEA STUDIO 2017~HAPPY BEACH 2017~」や「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」、「SUMMER SONIC 2017」などの音楽フェスに引っ張りだこ!

たまたまGLIM SPANKY(グリムスパンキー)が出演するライブに行くという人も、GLIM SPANKY(グリムスパンキー)目当てで行くという人も、ライブに参加する前に楽曲を予習しておくことでよりライブを楽しむことができますよね。

今回はGLIM SPANKY(グリムスパンキー)のプロフィールを紹介しつつ、おすすめ&人気曲をTOP10のランキング形式でまとめてみました

TOP5からは曲を聴いた人の感想もまとめていますので、人気おすすめ曲ランキングTOP10の中からお気に入りの1曲を見つけるときの参考にしてみてください!

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)のプロフィール

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)は2007年、高校の文化祭のため松尾レミさんが中心となってメンバーを集めたバンドが原点となっています。

結成当初はコピーバンドとして活動していましたがすぐにオリジナル曲を作り始め、結成からわずか1年後の2008年にはソニーミュージック主催の「ロック番長」で優勝するという実績を残しました。

その後長野県から上京した松尾レミさん、亀本寛貴さんの2人はライブを中心に精力的に活動。

2014年にミニアルバム「焦燥」でメジャーデビューし、著名人のおすすめやCM・映画タイアップなどをきっかけにじわじわと全国的な人気を高めています!

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングTOP10! 10位「NEXT ONE」

発売日:2016年7月20日(アルバム「NEXT ONE」収録)

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の2ndアルバムのタイトルにもなった「NEXT ONE」。

ブラインドサッカーの公式ソングタイアップとなったこの曲は、アルバムの1曲目にぴったりのかっこいい曲です。
ミドルテンポでどっしりと構えた楽曲に乗ったボーカルが気持ちいい!

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)が人気の理由の1つである「迫力」が充分に伝わってきます。

「ここ一番!」という勝負のときにもおすすめの曲です。

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングTOP10! 9位「サンライズジャーニー」

発売日:2016年1月27日(アルバム「ワイルドサイドを行け」収録)

乾いたギターの音色で始まるイントロにノックアウトされた人も多いはず!

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキング9位には「サンライズジャーニー」を選ばせていただきました。
荒野を1人で歩いているような世界観で、曲を聴きながら日常を忘れて旅に出ることができる曲です。

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングTOP10! 8位「ワイルド・サイドを行け」

発売日:2016年1月27日(アルバム「ワイルドサイドを行け」収録)

ストレートな王道ロックチューンを聴きたいならこれを聴くべし!
「ワイルド・サイドを行け」は「GLIM SPANKY(グリムスパンキー)らしさ」が詰まったロック好きに人気の曲です。

この曲の魅力を底上げしているのは歌詞でしょう。

内容は尖っていてインディーズ感を残した歌詞となっていますが、注目すべきは歌詞の音選び。

楽曲を聴いていると、来て欲しいところで来て欲しい音が来ます!
聴いていてとても気持ち良い歌詞となっているんです。

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングTOP10! 7位「大人になったら」

発売日:2015年4月22日(itunes、レコチョクから配信)

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の描く等身大のバラード「大人になったら」は、かっこつけていない姿がかっこいい曲!

「大人になったら」というタイトルどおり、子どもと大人の狭間で揺れ動く繊細な感情を歌うこの曲は、10代だけでなくそういった気持ちを経験してきた大人にも人気の楽曲です。

悩んだり迷ったりしたときにおすすめ!

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングTOP10! 6位「焦燥」

発売日:2014年6月11日(ミニアルバム「焦燥」収録)

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)のデビュー曲である「焦燥」。
静かに始まるイントロからいつの間にかGLIM SPANKY(グリムスパンキー)の世界観に引き込まれていきます。

MVも60年代感が溢れていて、最近のJ-POP、J-ROCKに飽きてしまったという人におすすめ&人気の楽曲となっています。

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングTOP10! 5位「リアル鬼ごっこ」

発売日:2016年1月27日(アルバム「ワイルドサイドを行け」収録)

トリンドル玲奈さん、篠田麻里子さん、真野恵里菜のトリプルヒロインが注目を集めた映画「リアル鬼ごっこ」のイメージソングとなったこの曲は、疾走感溢れるかっこいい曲。

「命短し 走れよ乙女よ」という歌詞は映画の内容とリンクしていますが、映画を観ていない人でももちろん共感できる内容となっています。

青春とは、その真っ只中にいるときは気づかないけれど、後から振り返ったときに「あの時期がそうだった」と思うもの。GLIM SPANKY(グリムスパンキー)はこの曲でそんな青春の時期を描いていて、特に高校生や大学生といった今まさに青春を送っている人におすすめ&人気の曲です!

「リアル鬼ごっこ」を聴いた人の感想は…

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングTOP10! 4位「褒めろよ」

発売日:2015年2月18日 

タイトルからインパクトのある楽曲「褒めろよ」。テレビ東京系ドラマ「太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~」の主題歌となったこの曲はノリが良く人気のナンバーとなっています。

「敵を味方に変えてしまえよ」という強気なメッセージが印象的で、元気を出したいときや気合いを入れたいときにおすすめ!

「褒めろよ」を聴いた人の感想は…

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングTOP10! 3位「MOVE OVER」

発売日:2014年12月6日(iTunes、レコチョクから配信)

3位としておすすめしたいのは60年代アメリカのロックシーンを代表する歌姫であるジャニス・ジョップリンの「MOVE OVER」のカバー。
GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気に火を付けるきっかけとなった楽曲です。

「SUZUKIワゴンRスティングレー」のCMソングとして放送され、本物のジャニス・ジョップリンかと思ってしまった人も多いかもしれませんが、よく聴くとジャニスとはまた違ったボーカルの魅力が伝わってきます。

「MOVE OVER」を聴いた人の感想は…

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングTOP10! 2位「美しい棘」

発売日:2017年4月12日(ミニアルバム「I STAND ALONE」収録)

温かみのあるバンドサウンドがどこか懐かしいイメージの「美しい棘」。90年代から2000年代初頭のJ-ROCKの雰囲気が好きという人には特におすすめ・人気の楽曲です。

「手を離せば最後 もう知らぬ人」という歌詞からも伝わってくるとおり、大切な人との別れと、少女から大人の女性へと変化していく姿を描いた楽曲です。

失恋したときにはこの曲をじっくり聴きながら浸りたくなりますよ。

「美しい棘」を聴いた人の感想は…

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングTOP10! 1位 「怒りをくれよ」

発売日:2016年7月20日(アルバム「NEXT ONE」収録)

映画「ONE PIECE FILM GOLD」の主題歌となった「怒りをくれよ」はキャッチーでノリが良く、GLIM SPANKY(グリムスパンキー)を知らない人にもおすすめしたい楽曲です。

誰もが知る国民的人気漫画「ONE PIECE」の映画主題歌となった背景には、原作者である尾田栄一郎さんがGLIM SPANKY(グリムスパンキー)を指名したことがあったそう。

この曲ではボーカル・松尾レミさんのハスキーボイスを堪能することができ、GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の魅力が詰まっています。

「怒りをくれよ」を聴いた人の感想は…

現代のジャニス・ジョップリンと称されるGLIM SPANKY(グリムスパンキー)・松尾レミさん

その個性的で力強いハスキーボイスで、現代のジャニス・ジョップリンとも言われるGLIM SPANKY(グリムスパンキー)・松尾レミさん。

ただ、ジャニス・ジョップリンと違っているのは60年代の音楽に今風のキャッチーなアレンジを取り入れていること。

コアな音楽好き以外にも人気が出る、聴きやすいものになっています。

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングTOP10まとめ、聴いた人の感想から、お気に入りの1曲は見つかったでしょうか?

他のどのアーティストにもないオリジナルの魅力を持っているGLIM SPANKY(グリムスパンキー)は9月13日に3rd アルバム「BIZARRE CARNIVAL」を発売予定です!

またGLIM SPANKY(グリムスパンキー)のおすすめ&人気曲が増えていきそうですね。

今回のGLIM SPANKY(グリムスパンキー)の人気おすすめ曲ランキングまとめでお気に入りの1曲が見つかった人は、生の楽曲を聴きにライブに足を運んでみてください!

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)・J-ROCKの他のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。