福山雅治の名曲「虹」が長く人々から愛されるワケ

ドラマの主題歌だったことで広く知られている福山雅治さんの「虹」は、悩みや迷いを「超える」人間の姿が描かれている曲です。この曲を聴いて勇気をもらい、自分の限界を突破できたという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。人間にとって普遍のテーマを取り扱っているこの曲は、ファンのみならず多くの人々を魅了し続けている福山雅治さんの名曲です。青春を謳歌している若者が共感することはもちろん、大人でも自分の若いころを思い出して活力をもらえる曲でもあるでしょう。そんな「虹」という曲の魅力を深く掘り下げると共に、この曲に込められているさまざまな意味を考えていきましょう。

【福山雅治の名曲「虹」】

福山雅治さんの「虹」という曲をご存知でしょうか。福山雅治さんは数々の名曲を世に送り出していていますね。その中でも、「虹」は、2000年代を代表するフジテレビ系ドラマ/映画「ウォーターボーイズ」の主題歌になった事でも知られる名曲です。

今回は、一年中いつ聴いても夏を思い出させてくれる「虹」についてご紹介していきます。一度聴いたら忘れられない名曲ですので、ぜひ最後まで読んで聴いてみて下さいね!

【福山雅治のヒット曲「虹」と収録曲】

福山雅治さんの「虹」は2003年の8月に発売された18枚目のシングルになります。CDに収録されているのは「それがすべてさ」、「虹」、「ひまわり」の3曲になっています。

このシングルは、MAGNUM SINGLEという3曲すべてがA面シングルという珍しい形のヒット曲なんです!「それがすべてさ」はポカリスエットのCMにも起用されていました。

中でも「虹」は、ドラマの主題歌として使われていたころから、時が経っても根強い人気を誇っている曲です。メッセージ性の高いこの曲は、老若男女問わず愛されています。それは、この曲の意味するものが多くの人々の心をとらえて離さないということなのではないでしょうか。

【福山雅治の「虹」に込められた「超える」という深いテーマ】

福山雅治さんの「虹」のテーマは「超える」こと。「ウォーターボーイズ」の主題歌になっていることもあって、若者の青春を連想させる楽曲になっています。

初めは、そもそもシンクロに縁のない男子である上に、全くシンクロ・スイミングが出来なかった男子生徒たち、そんな彼らが数々の困難に立ち向かい、自らの限界を超え成長していく…そんなドラマにぴったりの楽曲になっています。

心に強く響く低音の福山雅治さんの歌声、それでいて軽快ポップな持ち味の誰にでも親しめる楽曲なのです。

大人になってからも、生きていく上でさまざまな悩みはつきもの。「頑張ってるのにどうもうまくいかないなぁ…」という時に、この曲は背中を押してくれる存在になるのではないでしょうか。

仮に青春時代とは悩みの内容が違っていたとしても、悩みを「超える」のが大切なのは同じです。今では過去となってしまった時代にも、頑張って邁進していた自分がいたことを思い出して、次の第一歩を踏み出すきっかけにもなるかもしれません。

【成長促進剤のような福山雅治「虹」の歌詞】

「ただ雨に打たれ ただ虹を待ってたんだ 疑いもせずに」というフレーズが印象的な福山雅治さんの「虹」。青春時代の一途でまっすぐな気持ちを思い出させてくれるので、懐かしさに浸れることでしょう。

曲のテーマ自体が「超える」とあるように、歌詞には飛躍を誓う内容が含まれていることも特徴です。未知の可能性を秘めた若者へ向けた応援歌という解釈をすることもできますね。

福山雅治さんの数多くある楽曲の中でも、「特に虹が好き!」という方は多いようです。しばらく聴いていなかったとしても、ふとした瞬間に思い出して聴きたくなる…。「虹」は人々をそんな気持ちにさせる力を秘めた名曲なのです。

「虹」の歌詞には自分の限界を超えることで、「向こう側」へと成長していく様子が描かれています。前進することの大切さを私たちに教えてくれていると解釈することもできますね!悩みに縛られてなかなか前に踏み出せないでいる時には、ぜひこの曲を聴いて勇気をもらってください!

【福山雅治「虹」のミュージックビデオを見てみよう】

(出典:pixabayより)

福山雅治さん「虹」のミュージックビデオの舞台は風情のある夏の下町。出演者もあえて有名な俳優などは使わずに、一般的な若者だけで構成されているのも特徴的。そこかしこに出てくる若者の成長を願っているような描写も印象に残りますね!!

社会で生きていると、広い世界観を持って生活するということが難しい場合も多くあります。同じことの繰り返しと感じる毎日に意味を見いだせないでいる人もいるかもしれません。そんな時にこのMVを見ながら流れてくる「虹」を聴いていると、狭まった自分の視野を広げてくれるような気がすることでしょう。

また、映像は始まりから終わりまでモノクロです。昔若者だった世代の人たちにとっては、過ぎ去りし日々を思い出しているかのような感覚で楽しめるMVでもあるのではないでしょうか。「虹」は、聴く人によって異なる解釈ができる曲でもあるのです。

このMVもおすすめなのはもちろん、まだ見てない人ならドラマ「ウォーターボーイズ」をDVDで見るのもおすすめです。この曲の魅力を一層実感することでしょう。

福山雅治のオススメ記事はこちら

【福山雅治の曲の世界を満喫しよう】

福山雅治さんの「虹」のご紹介、いかがでしたか。福山雅治さんの楽曲は、複雑な曲は少なくシンプルなのに、聴き手の心に深く響く不思議な魅力があります。特に、「虹」で描かれているのは人間の成長です。

壮大なテーマでありながらも、その歌詞は、ありふれた人間の日常に深く根ざしています。親しみが感じられるので、聴く人の心に違和感なくじんわりとしみわたっていきます。それが爽快感のあるメロディと重なり全体のバランスが整えられることで、世代問わず聴きやすいと感じられる曲になっているのでしょう。

ライブで聞くと、福山雅治さんのふくらみのある低音が心地よく耳に響き、さらに強く、この曲の魅力を感じることができるのではないでしょうか。そのように魅力あふれる「虹」という曲を、ぜひ心行くまで楽しんでみてください。

みんなのコメント
  1. 匿名 より:

    ben harper のForgivenって聞いた事あります??
    虹もいいけどこっちの方がかっこいいよ!!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。