福山雅治のウォーターボーイズの主題歌だった名曲「虹」の深いイミとは?

福山雅治の「虹」という曲をご存知でしょうか。

福山雅治は数々の名曲を世に送り出していていますね^^その中でも、「虹」は、2000年代を代表するフジテレビ系ドラマ/映画「ウォーターボーイズ」の主題歌になった事でも知られる名曲です。

今回は、そんな、一年中いつ聴いても夏を思い出させてくれる「虹」についてご紹介していきます。一度聴いたら忘れられない、そんな名曲ですので、ぜひ最後まで読んで聴いてみて下さいね!

福山雅治のヒット曲「虹」と収録曲

虹 / ひまわり / それがすべてさをAmazonでチェック!

福山雅治の「虹」は2003年の8月に発売された18枚目のシングルになります。

収録されているCDには「それがすべてさ」、「虹」、「ひまわり」がの3曲になっています。

このシングルは、MAGNUM SINGLEという3曲すべてがA面シングルという珍しい形のヒット曲なんです!「それがすべてさ」はポカリスエットのCMにも起用されていました。

▶︎虹 / ひまわり / それがすべてさをAmazonでチェック!

「虹」に込められた「超える」という深いテーマ

「虹」のテーマは「超える」こと。

「ウォーターボーイズ」の主題歌になっていることもあって、若者の青春を連想させる楽曲になっています。

初めは、そもそもシンクロに縁のない男子である上に、全くシンクロ・スイミングが出来なかった男子生徒たち、そんな彼らが数々の困難に立ち向かい、自らの限界を超え成長していく…、そんなドラマにぴったりの楽曲になっています。

心に強く響く低音のよく響くましゃの歌声、それでいて軽快ポップな持ち味の誰にでも親しめる楽曲なんですよね^^

成長促進剤のような福山雅治「虹」の歌詞

曲のテーマ自体が「超える」とあるように、飛躍を誓う内容が印象的なこの曲の歌詞。

自分の限界を超えることで、「向こう側」へと成長していく様子を描いているんです。うーん、力強い!

福山雅治「虹」のミュージックビデオを見てみよう

ミュージックビデオの舞台は風情のある夏の下町。

出演者もあえて有名な俳優などは使わずに、一般的な若者だけで構成されているのも特徴的。そこかしこに出てくる若者の成長を願っているような描写も印象に残りますね!!

このMVもおすすめなのはもちろん、まだ見てない人ならドラマ「ウォーターボーイズ」をDVDで見るのも、一層この曲の魅力が伝わるはず。曲を楽しむためにドラマを見るなんて邪道ですかね!?

福山雅治のオススメ記事はこちら

聴き手の心を揺さぶる!ライブを体感!

福山雅治の「虹」のご紹介、いかがでしたでしょうか。ましゃの楽曲は、複雑な曲は少なくシンプルなのに聴き手の心を響かせてしまう不思議な魅力があるんですよ。

ライブで聞くと、ふくらみのある低音がさらに響くので、余計にその魅力を強く受けるんじゃないかなあ。チケットキャンプでは、福山雅治のライブチケットを取り扱っています。一度ライブに行って生の歌声を聞いてみることをオススメします!

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

  • ben harper のForgivenって聞いた事あります??
    虹もいいけどこっちの方がかっこいいよ!!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。