福山雅治「家族になろうよ」をご紹介!震災をきっかけに絆を再確認…!

ましゃこと福山雅治には、いい曲がたくさんあるのはご承知のとおり。恋の歌ばかりではありません。家族をテーマにした曲があります。

中でも「家族になろうよ」は感涙ソング。これから家族になろうとしている二人を歌う曲です。結婚式での両親への手紙をイメージして作られたそうですが、将来の二人の姿をイメージしながらパートナーに贈る歌としてもとらえることができますよね。

結婚情報誌のCMでも起用され、「結婚式で使いたい!」という要望が殺到したこの曲。その魅力を解き明かしましょう!

福山雅治「家族になろうよ」 まずは、聞いてみよう!

早速、ましゃの「家族になろうよ」を聴いてみましょう。歌詞も字幕でついていますので、じっくりかみしめてくださいね。

登場人物は、父、母、おじいちゃん、おばあちゃん、まだ見ぬ息子、娘…と盛りだくさんです。家族があって、また新しい家族を作っていく…そんな歌ですね。結婚を目前にしたカップルには心からぐっとくる歌なのではないでしょうか。

福山雅治「家族になろうよ」は、震災を機に作られた曲

この曲は、2011年の東日本大震災でツアーが中止になったときに、空いた時間を使って作られました。

震災によってあらためて見直された、絆。家族や旧友との連絡を密にしようと誓った人も多かったのではないでしょうか?多くの日本人のメンタリティを変えることになった東日本大震災。それはもちろん、ましゃの心も動かしたようです。

2014年12月現在まだましゃは独身ですが、もしかしたら震災をきっかけに、ちょっと気持ちが変わったのかもしれません。それぐらい、この歌には深い思いが込められています。

福山雅治「家族になろうよ」は、ゼクシィのCMで一挙に全国区に

家族になろうよ / fighting poseをAmazonでチェック!

この曲は、サビの部分がゼクシィのCMで使われ、瞬く間に有名になりました。

CMでは一部しか流れていないものの、「感動した!」という声が全国で聞かれました。そして爆発的にシェアされていったのです。

震災で日本人の心が傷ついていた時期だったからこそ、家族や恋人との絆を再確認するこの歌が響いたのでしょうね。

▶︎家族になろうよ / fighting poseをAmazonでチェック!

福山雅治の他のオススメ記事

福山雅治の「家族になろうよ」はコンサートで聞こう!泣こう!

いかがでしたでしょうか?気になるようでしたらぜひコンサートで聞いてみてください。ましゃの生声で聞いたら泣いてしまうはずです…。チケットキャンプでは福山雅治のコンサートチケットを取り扱っていますので、ぜひご覧ください。ハンカチを握りしめて、生の「家族になろうよ」を聴きに行きましょう!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。