【異例のデビュー!?】演歌歌手の福田こうへいってどんな人?詳しいプロフィールをチェック!

2012年に突如現れた演歌界の新星・福田こうへいさん。のちにNHK「歌謡コンサート」に出演して注目を浴びましたが、まだ詳しいプロフィールを知らないという人も多いのではないでしょうか?今回は、演歌歌手として活躍中の福田こうへいさんのプロフィールを詳しくお伝えします!

【演歌歌手として活躍する福田こうへいさんのプロフィールをチェック!】


(出典:PAKUTASO)

福田こうへいさんは、2012年に演歌歌手としてデビューし、NHK「歌謡コンサート」出演を果たした際に注目を浴びました。しかし、彼は最初から歌手だったわけではないのです。
今回は、福田こうへいさんのこれまでの経歴、出身地や家族などプロフィールを徹底的にチェック!テレビの歌番組にも多数出演し、お年寄りからも熱い声援を受けている彼の魅力の原点を、プロフィールから辿っていきましょう!

■こちらの記事もおすすめ!

【福田こうへいさんのプロフィール①歌手になる前はサラリーマンだった!】

まずは、福田こうへいさんの基本情報をチェックしましょう。

基本プロフィール

▼本名

福田廣平(ふくだ こうへい)

▼出身地

岩手県盛岡市玉山

▼生年月日

1976年9月21日

▼血液型

O型

▼趣味

釣り・ゴルフ

▼特技

山菜採り

福田こうへいさんは2012年10月に演歌歌手デビューを果たしました。
そのときにキングレコードからリリースしたシングル「南部蝉しぐれ」は、演歌界では異例となる28万枚以上を売り上げる大ヒットに!3万枚売れればひとまず良しとされるという世界なので、28万枚というのがどれほどの数字なのかハッキリとわかるでしょう。

しかし、実のところ「南部蝉しぐれ」は2010年6月に発売されていました。地元のカラオケ大会で演歌の作詞を手がける久仁京介さんに出会ったことで生まれた楽曲でしたが、発売して長らくオリコンチャート圏外で燻っていました。それを、デビューの際に引っ張り出しジャケットを一新して再発売したのです。
最終的に演歌部門で1位を記録するヒットになるとは、ご本人も驚きだったのではないでしょうか。

演歌歌手の前は営業マン!

福田こうへいさんのプロフィールで気になるのは、演歌歌手になる前の仕事。
彼は、デビュー直前の2012年9月まで岩手県にある呉服店の営業マンとして働いていました。2005年に亡くなった民謡歌手の父親の想いを引き継ぎ、「自分がやらなければ!」と奮起して”脱サラ”に踏み切ったのです。

注目されたのはNHKの番組

福田こうへいさんは2013年1月8日放送の「歌謡コンサート」出演で、大きく注目され、その後も「紅白歌合戦」などをはじめとするテレビの歌番組に多数出演しています。
演歌界の大御所である北島三郎さんが「日本歌謡界の宝になる」と表現したほどの魅力は、プロフィールを見ただけでは伝わらない歌声にあったのでしょうね!

【福田こうへいさんのプロフィール②民謡大会では常連!】


(出典:pro.foto)

福田こうへいさんの高い歌唱力のルーツは民謡にあります。
出身地の岩手県ではご両親が民謡関係で有名だったことに反して、民謡に関わるのは嫌だと感じていた福田こうへいさん。
しかし、父親が実行委員を務めた民謡大会にこっそり出場して、そのまま優勝してしまったことで事態は一転。23歳になってやっと民謡を習い始めたのです。
そしてその後は数多くの全国大会で優勝!公式サイトのプロフィールには次のような経歴が載っています。

  • 第2回南部馬方節全国大会 優勝(平成14年)
  • 第4回南部よしゃれ全国大会 優勝(平成16年)
  • 郷土民謡協会民謡民舞全国大会 ヤングの部 優勝(平成17年)
  • (財)日本民謡協会 東北春季大会 竹韻の部 優勝(平成18年)
  • (財)日本民謡協会 民謡民舞全国大会 浦本杯 準優勝(平成18年)
  • 津軽五大民謡全国大会 津軽よされ節の部 優勝(平成19年)
  • 津軽五大民謡全国大会 桜花グランプリ争奪戦 グランプリ(平成19年)
  • 平成22年度高円宮殿下記念地域伝統芸能 奨励賞受賞(平成22年)
  • 郷土民謡協会民謡民舞全国大会 内閣総理大臣賞争奪戦 優勝(平成23年)
  • 第25回津軽五大民謡全国大会 津軽三下りの部 優勝(平成24年)

(引用:福田こうへいofficial web site)

ここに挙げているのはプロフィールから一部抜粋したものですが、これだけ見ても、デビュー前の福田こうへいさんが民謡大会で常連の実力者だったことがわかりますね!
今となっては亡くなったご家族の意向を組む活躍を見せていますし、サラリーマンを辞めて歌の世界に入ったのは必然だったともいえるでしょう。
民謡仕込みの魅力的な歌唱力で表現される楽曲は、ファンがカラオケなどで歌うときにとても苦労するようで、ツイッターでは「難しい」という声が多数あがっています!

【福田こうへいさんのプロフィール③地元では家族も有名!】

(出典:PAKUTASO)

では最後に、福田こうへいさんのご家族のプロフィールをみてみましょう。先ほどから述べているように、すでに亡くなられていますが父親は民謡歌手です。福田岩月さんという方で、地元ではとても有名だったとか。
出身地の岩手県をはじめとする東北地方の民謡を収録したCDなどに参加するなどして、活躍していたようです!
また、母親は福田キミエさん。父親の福田岩月さんと同じ民謡の世界で、民舞師範として活躍している方です。福田岩月さんが参加しているCDで、太鼓・掛声のクレジット表記にも載っています。

このようなご家族のもとで育ってきた経歴があれば、福田こうへいさんのプロフィールに民謡の存在が欠かせないのも、納得ですね!きっと幼い頃から見てきたご両親の姿は、現在の福田こうへいさんの魅力に繋がっているのでしょう。

【福田こうへいさんの歌で元気をもらおう!】

福田こうへいさんのプロフィールについて、詳しくお伝えしました。”脱サラ”という大胆な経歴も気になるプロフィールでしたね!出身地が岩手県ということで、東日本大震災で大きな被害を受けた地域復興のためにも積極的に動いてきた福田こうへいさん。歌の実力以外の部分で元気を届ける行動力も、多くの人を惹きつける魅力となっているのかもしれませんね!そんな福田こうへいさんは、現在『福田こうへいコンサートツアー2017 全身全霊』で全国をまわっています。ぜひ、彼の素晴らしい歌声で元気をもらいにコンサート会場へ行ってみてくださいね!

■こちらの記事もおすすめ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。