フジファブリックの人気おすすめ曲ランキング【前進する意味を求めて】

フジファブリックは2000年に志村正彦さん(Vo/Gt)を中心に結成。2004年1stシングル「桜の季節」、1stアルバム「フジファブリック」をリリースしメジャーデビュー、2009年12月に志村が急逝するも、その後は山内総一郎(vo,g)、金澤ダイスケ(key)、加藤慎一(b)で活動を継続。そんなJ-ROCKシーン屈指の個性的バンドとして活躍しているフジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP10を紹介!今もなお大人気バンドとして成長を続けているフジファブリックの人気おすすめ曲ランキングはマストで知っておきましょう。

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP10を徹底解説!


(出典:ぱくたそ)

『フジファブリック』は志村正彦さん(Vo/Gt)を中心に2000年に結成されたロックバンド。
都内を拠点に活動を開始し、2002年にミニアルバム「アラカルト」をリリース。
そのユニークなサウンドと捻りの利いたアレンジ、志村の綴る独特の歌詞が注目を集めています。

現メンバーはメジャーデビュー直前に集まり、2004年4月にシングル「桜の季節」でメジャーデビュー。

独創的、抒情的で、しかし人懐っこさも持ち合わせている1stアルバム「フジファブリック」、変態的な攻撃性と爽やかなメロディが綺麗に合わさった2ndアルバム「FAB FOX」、メンバーの日常が素晴らしく奥行きのある音楽性と混ざった3rdアルバム「TEENAGER」といったアルバムがいずれも高い評価を受け、アルバム内で一番深い孤独に沈んでいるような独白を思わせる2009年発売の4thアルバム「CHRONICLE」でさらに支持を拡大するも、同年12月24日に志村が急逝。その後、2010年に発売した5thアルバム「MUSIC」は新たな境地で進み出す新生フジファブリックに志村を含むメンバー4人が重ねた思いを、全員の総力により作品として結実させた渾身のアルバムでした。

バンドは山内総一郎(Vo/Gt)、金澤ダイスケ(Key)、加藤慎一(Ba)の3人体制でその活動を継続することを発表し、2011年9月に新体制で初となるアルバム6th「STAR」をリリースしました。2013年10月にはダンスロックをテーマにした4曲入りCD「FAB STEP」で新境地を開拓しました。
デビュー10周年を迎えた2014年は、2月に発表されたシングル「LIFE」を皮切りに、「FAB BOX II」「FAB LIVE II」という映像作品を連続リリース。9月に8thアルバム「LIFE」を発表し、11月にはデビュー10周年を記念した東京・日本武道館公演を行った。2015年4月、武道館公演の模様を収めたライブDVD / Blu-ray「Live at 日本武道館」とビデオクリップ集「FAB CLIPS 3」を同時リリースしました。
2016年12月には背中を押すような疾走感がありつつ、心の奥底にそっと降り立つような感覚を味わえる9thアルバム「STAND‼」をリリース。

さらに来年の2018年2月3日(土)から神奈川県・横浜BAY HALLを皮切りに全16本からなる全国ツアーの開催を発表しました!!
タイトルは「フジファブリック LIVE TOUR 2018 “帰ってきた!!三日月ADVENTURE”」です。
2016年初夏に行い好評を得た三日月ADVENTUREツアーがカムバックします! 2016年の三日月ADVENTUREツアーでは最新曲はもちろん過去曲まで余すところなく網羅し、さらにADVENTUREの名の通り、公演が進むにつれセットリストも目まぐるしく変化していった同名ツアー。
なので今回は『フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP10をご紹介したいと思います!

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP10!

発売日:2008年1月23日

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP10は、2008年にリリースされた3rdアルバム「TEENAGER」に収録されている「星降る夜になったら」です。

この曲は志村さんが生前の頃には珍しいKeyの金澤ダイスケさんが作曲の中心となった曲です。
「TEENAGER」内、そしてフジファブリックの楽曲内でも疾走感がトップレベルの楽曲となっています! 
ファンの中でも根強い人気を誇っているこの曲は、山内さんがVo/GtになってもなおLIVEで演奏されています。

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP9!

発売日:2004年11月10日

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP9は、2004年にリリースされた1stアルバム「フジファブリック」に収録されている「TAIFU」です。

この曲はなんといってもフジファブリックの持つ「変態性」「中毒性」「独創性」が最高に光っている一曲となっています。
こんなにも楽しく切なく変態的なカラフルなロックを歌える人は後にも先にも出てきません。
個性的の一言では片付けられない奥ゆかしさもあり、デビューアルバムに入っている楽曲とは思えないほどの完成度。
志村さんの才能のほとばしりが凝縮された一曲です。

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP8!

発売日:2014年2月12日

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP8は、15thシングル及び8thアルバム「LIFE」に収録されている「LIFE」です。

本作は3人体制になって初めて、山内さん(Vo/Gt)が作詞・作曲を単独で行っており、誰が聴いても間違いなく「フジファブリックだ!!」という楽曲に仕上がっています。
ピアノの軽快なイントロからアップテンポに前進していき、間奏部分では山内さん(Vo/Gt)のクールなソロが光ります。
本当にこの楽曲からは3人体制のフジファブリックの音楽に真摯に向き合い、これからのフジファブリックらしさを確立していこうと没頭している姿を垣間見ることが出来ます。

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP7!

発売日:2004年11月10日

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP7は、2004年リリースの1stアルバム「フジファブリック」に収録されている「サボテンレコード」です。

この曲はいわば「隠れた名曲」というやつです。
今となっては1stアルバム「フジファブリック」が言わずと知れた名盤であるため隠れてすらないんですが、本当に志村さんの才能が光っています。
イントロから確実に引き込まれ、不思議な歌詞からキャッチ―なサビへ流れ込みます。
「リズム チキチキ ドン チキチキドンドコ」という歌詞からあんなキャッチ―なメロディーのサビの流れを他の誰が思いつくでしょうか。
志村さんの天才さには驚くばかりです。

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP6!

発売日:2010年7月28日

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP6は、2010年リリースの5thアルバム「MUSIC」に収録されている「会いに」です。

この曲は加藤さん(Ba)が大半を作詞し、山内さん(Vo/Gt)がボーカルを担当しています。
このアルバムまでは志村さん以外のメンバーがメインボーカルと作詞をすることは初めてでありました。
というのも、本作中唯一この曲のみ歌詞も志村さんのボーカルトラックも残されていなかったそうです。
唯一サビの「会いに行くよ」という歌詞のみは存在したようでそこから山内さん、加藤さん、金澤さんの3人がそれぞれ詞を書き、その詞に乗せて3人がボーカルレコーディングを行った中で、作詞:加藤さん、ボーカル:山内さんの組み合わせが採用されたようです。
フジファブリックだけの音や言葉を失くしたくないという思いが強く感じ取れるこの曲。
志村さんが遺していってくれた”もの”をしっかり受け止めて、彼ら3人の音で僕らにもこれからも与え続けてくれるんだという確信を持てる曲です。

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP5!

発売日:2005年6月1日

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP5は、5thシングル及び同年にリリースされた2ndアルバム「FAB FOX」に収録されている「虹」です。

この曲は今でもファンの中で根強い人気を誇っています。
彼らの代表曲ともいえる曲です。
歌詞から志村さんの天才的な感性が感じ取れます。
志村さんにしか作れない歌、フジファブリックにしか鳴らせない音楽だとつくづく思います。
スタートからノリノリで、どこかレトロな感じのするシンセサイザーの音色が、この曲の爽やかさをより引き立てていると思います。
歌詞は突飛なモノだったり、和ませるモノだったり、美しいモノだったりとにかく志村さんの感性が遺憾なく発揮されています。
現在のLIVEでもよく演奏されている曲なので是非御一聴下さい。

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP4!

発売日:2004年9月29日

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP4は、3rdシングル及び1stアルバム「フジファブリック」に収録されている「赤黄色の金木犀」です。

フジファブリックの真骨頂と言える曲です。
四季を基調に作られた連作シングルの3作目でありテーマは「秋」。
イントロは軽く入っていく曲ですが、サビで一気に大爆発させます。
サビ前の早くなっていく音楽隊が好きというファンも多いです。
少ない言葉、簡単な言葉で聴く人それぞれ違うものを思い浮かべるでしょう。
それはその人の過去だったり、ドラマで見た風景だったり、そうして曲の世界に浸たることができます。
こういうセンチメンタルな部分は未来に受け継がれていくことでしょう。
この曲にはそれがすべて凝縮されています。

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP3!

発売日:2004年4月14日

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP3は、1stシングル及び1stアルバム「フジファブリック」に収録されている「桜の季節」です。

フジファブリックのメジャーデビューシングル。
四季を基調に作られた連作シングルの1作目でテーマは春、別れ。朴訥としていながら不敵な輝きを内包したメロディに、キーボードをフィーチャーした独特のサウンドと、情感に満ちた和風の歌詞が懐かしさと新しさを感じさせる、不思議な魅力を持った彼らならではの情景描写がチクリと胸を刺す曲です。
10th anniversary LIVE at 武道館 2014 では最初の曲にこの曲を演奏し、涙を流していたお客さんも少なくなかったです。
メジャーシングルとは思えない出来と色褪せることのないサウンド。
素晴らしい曲です。

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP2!

発売日:2007年11月7日

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP2は、10thシングル及び3rdアルバム「TEENAGER」に収録されている「若者のすべて」です。

「真夏のピークが去った」。
夏の終わりの物悲しさと、心の奥の切なさがシンクロする。
なんだかやりきれなくなる。
フジファブリックは心のモヤモヤを晴らしてくれるわけじゃない。
いつもそうだ。
晴れた気にさせてくれるわけじゃない。
そんな調子のいい軽いポップソングは歌わない。
しかし、そのモヤモヤの正体を教えてくれる気がする。
静かに、核心に迫ってくる。
この曲は、かつて若者だったすべての人への処方箋。
心に染みて泣けてくる。

技術的に歌が上手いことだけが注目されがちなこのご時世、真の”うまさ”を指し示すのにこれ以上の歌があるでしょうか。
決して技術があるわけじゃなくても、なのにどうしてこんなにも出逢った者の心を震わせるのでしょうか。
名曲です。

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP1!

発売日:2004年7月14日

フジファブリックの人気おすすめ曲ランキングTOP1は、2ndシングル及び1stアルバム「フジファブリック」に収録されている「陽炎」です。

四季を基調に作られた連作シングルの2作目。
テーマは夏、ワープ。
志村さん(Vo/Gt)がサビを苦しそうに歌っていますが、それがかえって夏の通り雨の何とも言えない気持ちを掻き立てます。
最後に余韻を残すキーボードも良い、抒情詩でありながらポップ。
まさにフジファブリックの曲と言えます。
セピア的かつ文学的な楽曲にも関わらず、10年以上経った今でもここまで新鮮な気持ちで聴ける曲は他にないと思います。
この夏の終わりの時期に聴くと一層心に沁みます。
何年経っても色褪せない名曲です。

フジファブリックの今後の活躍を見逃すな!

ここまでフジファブリックの人気おすすめ曲をランキング形式でご紹介させていただきました。
さて、長くなってしまいましたがもう一つ動画を載せておきます。

この動画についてはあえて何も言いません。
この動画には多くの背景があります。
彼の涙から何か感じ取ってくれればと思います。

『フジファブリック』についての関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。