フジファブリックの名曲厳選5選!聞くと切なくなる!

フジファブリックの曲はいろんな雰囲気の曲がありますが、今回は聞くと懐かしくなる切ない曲を5つご紹介します。

定番の名曲や新曲も含めて、どっぷりと懐かしさや切なさを味わってみてください。

フジファブリックの聞くと切ない歌詞 赤黄色の金木犀

まずは名曲「赤黄色の金木犀」歌詞の

から、主人公が過去を思い出し、恋人を思う気持ちを感じることができます。

過去の恋人への自分の行為を後悔し、失恋した記憶に重ねるとせつなすぎますね。

フジファブリックの聞くと切ない歌詞 茜色の夕日

「茜色の夕日」いかがでしたでしょうか。聞いて泣けてきますね。歌詞の

という部分が、大事な人が自分の前からいなくなってしまった出来事を読み取れます。

歌詞に何度もでてくる「茜色の夕日眺めてたら」が、見るたびに何度も何度も思い出す姿がとても切ない歌です。

フジファブリックの聞くと切ない歌詞 ブルー

「ブルー」いかがでしたか、青春時代を思い出す染みる曲ですね。

この歌は、作詞した本人も思春期に感じたもやもやした思いを歌詞にしたと言っています。何で思ってることが上手くいかないんだろうかと、もやもやした学生時代、でも大人になっても変わんないですね。歌詞の

が特に学生時代の葛藤を感じさせます。

フジファブリックの聞くと切ない歌詞 Small World

アニメ「宇宙兄弟」のテーマソングともなった「Small World」この曲もまた幼少時代を思い出させる切なさと、未来への希望を感じる曲です。歌詞の

が、大人になって忘れてしまった何かを思い出して切なくなります。

フジファブリックの聞くと切ない歌詞 若者のすべて

「若者のすべて」いかがでしたか、夏を感じますね。

夏の終わりはどうしてあんなに切なくなるものなのか。この曲を制作した背景は、夏の終わりの最後の花火大会が終わった後の切なさや虚しさなど、感傷的になり考えてしまう所を歌った曲だそうです。歌詞の

が小さな頃にうす暗くなる夕暮れに、あわてて急いで帰った幼少を思い出させます。

フジファブリックの他のオススメ記事

フジファブリックのライブでノスタルジックな気分に浸ってみよう

いかがでしたでしょうか、聞くだけでとても切なくて懐かしい歌詞と名曲ばかりでしたね。アニメをきっかけにファンになる方も多いと思われます。チケットキャンプではフジファブリックのチケットを取扱中です。みなさんも、フジファブリックの名曲の数々、ぜひ見てみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:2)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。