初心者はツアーがオススメ!フジロック初参戦の手引き

音楽ファンなら一度は参加してみたい夢のロックフェス、フジロック。今回は、フジロックのオフィシャルツアーの活用術、また初心者でも安心して参戦するためのポイントについて紹介します。

1998年のスタート以来、いまや世界中から多くのロックファンが押し寄せるフジロックフェスティバル。新潟・苗場スキー場で開催されるフジロックは、3日間の開催に11万人を超える観客を動員する、まさに日本を代表するロックフェスに成長しました。

大御所アーティストから、これからの活躍が注目されるホットなアーティストまで、ジャンルを問わず楽しむことができるフジロック。音楽ファンなら一度は参加してみたい夢のロックフェスですが、初心者であればオフィシャルツアーを活用してみてはいかがでしょうか?

今回は、フジロックのオフィシャルツアーの活用術、また初心者でも安心して参戦するためのポイントについて紹介します。

全国から参加できる!フジロックのオフィシャルツアー

フジロックに行きたいけれど、会場までのアクセスを考えたり、宿のことを考えると大変ですよね。そんな人には、フジロックのオフィシャルツアーがオススメです。

毎年募集しているフジロックのオフィシャルツアーは、全国26都市から出発が可能で、さまざまなプランが用意されています。ホテルでゆっくりしたい人にはホテル宿泊プラン、フェス気分を味わいたいからキャンプサイトを使用したい人にはキャンププランなど、自分好みの交通手段や宿泊プランを組み合わせることができます。また、ツアー申込時に入場券も手配できるので、一度ですべてを手配したい人にはオススメです。

ただ、希望のホテルが取れない、電車やバスの時間が指定されているためステージを最後まで見ることができない、といったデメリットも発生します。オフィシャルツアーに参加するときには、時間にゆとりを持つことが大切です。

フジロックの醍醐味、キャンプサイトを満喫しよう!

フジロックといえば、カラフルなテントでうめつくされるキャンプサイト。音楽と自然を楽しめる、まさにフジロックの醍醐味です。夜は満天の星空の下で音楽を楽しむも良し、キャンプサイトでゆったりとした時間をすごすも良し、普段とは一味ちがった世界が楽しめます。せっかくなら、キャンプサイトでフジロックを楽しむのもオススメです。

キャンプサイトで過ごす際の注意としては、貴重品は必ず持って歩くこと。テントは自分だけの空間、と言いつつも、不特定多数の人たちが出入りする場所。大切なものは必ず持ち歩くようにしましょう!

全国からおいしいものが集まる、フードコートではサプライズのライブも!

フジロックの楽しみといえば、全国からおいしいものが集まるフードコートです。和食、中華、エスニック、メキシカンなど、幅広いジャンルのフードが集まるフードコートは、休憩にはピッタリ。音楽よりも食べるほうが忙しい!というロックファンも多いのではないでしょうか?

また、フードコートではラジオやケーブルテレビの中継などが行われたり、出演しているアーティストたちがふらっとやってくることも!ときには、サプライズライブが始まったり、ファンにもうれしいサプライズがたくさん用意されています。

3日間野外で行われるフジロックを完走するには、休憩が大切!しっかり水分&栄養補給をして、フェスを楽しみましょう。

山の天気は急に変わる!雨具&防寒着は必須

フジロックは苗場スキー場で行われますが、山に近いため、天気が急変することもしばしば。また、お昼は汗ばむほどの陽気でも、夜はダウンが必要なほど冷え込みます。気温や天候の急変にそなえて、雨具や防寒着は必須です。夏だからTシャツ1枚で大丈夫!と無防備な参戦は控えましょう。

また、多くの観客が出入りするため、大きなリュックやかばんでの参戦は移動も大変です。できるだけ軽装で動けるようにするのがオススメです。

しっかりと準備をして、いざフジロックへ!

初心者でも安心して参戦できる、フジロックの参戦ポイントについて紹介しました。音楽ファンなら一度は行ってみたいフジロック。数々の伝説が生まれるロックフェスを楽しむためにも、万全のそなえで参加しましょう!

フジロックの他のオススメ記事

激動の20年!フジロックの舞台に立った永遠のスターまとめ

フジロック2016への参戦を決めたら…

「今年こそはフジロックに行くぞ!」と参戦を決めた人は、まずはチケット情報をチェック!フジロックのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。