FUJI ROCK(フジロック) 2017参戦者のための宿泊方法まとめ

今年も、7月28日(金)~7月30日(日)の日程で開催されるFUJI ROCK(フジロック) 2017。できることならば、日帰りではなく連日参戦したいですよね。今回はFUJI ROCK(フジロック) 2017参戦者のための宿泊方法をご紹介します。ホテルとキャンプ、2通りの宿泊方法について解説します!

【今年もFUJI ROCK(フジロック) 2017に行きたい!】

「自然と音楽の共生」を目指し、1997年からスタートしたFUJI ROCK FESTIVAL

1999年からは会場を苗場スキー場に移し、山間の広大な土地で開かれるピースフルでクリーンなフェスとして、音楽ファンたちの間で親しまれています。

2017年も、7月28日(金)~7月30日(日)という日程で開催されることが決定!第一弾アーティストも発表され、早くも本番に向けて動き出しています。

3日間にわたって開催されるFUJI ROCK(フジロック) 2017ですが(前夜祭も入れたら4日間)、せっかく参戦するのであれば1日だけではなく連日参加したいですよね。今回は、FUJI ROCK(フジロック) 2017参加者のための宿泊方法を解説します!

【ぐっすり身体を休めたい!FUJI ROCK(フジロック) 2017宿泊方法:ホテル編】

フジロックは野外フェス。しかも、広大な土地を移動しなければいけないため、歩く距離も相当のもの。山の天気は変わりやすいので、雨に降られるリスクも高いです。

1日中野外を動き回った後は、静かな環境でぐっすり身体を休めたいという人も多いはず。そんな場合は、やはりホテル宿泊がおすすめです。

苗場スキー場周辺には複数の宿泊施設がありますが、その中でも特におすすめのホテルを3つご紹介します。

苗場グランブルー

まず最初にご紹介するのは、会場から徒歩圏内にあるホテル、苗場グランブルーです。

苗場グランブルーは、苗場スキー場すぐ近くにある徒歩圏内のホテルです。越後湯沢駅より苗場行きに乗車、「西武ヴィラ入り口」バス停にて下車、バス停より徒歩2分という立地にあります。

女性限定大部屋宿泊4連など、毎年フジロックプランを多数用意している宿泊施設で、4連泊宿泊プランは毎年比較的早い時期から予約受付を開始しています。

  • 住所:新潟県南魚沼郡湯沢町大字三国171
  • 電話番号:03-6434-5746

湯沢グランドホテル

続いて、越後湯沢駅付近のおすすめホテルをご紹介します。

湯沢グランドホテルは、越後湯沢駅から徒歩2分という好立地にある豪華なホテルです。宿泊料は比較的高額ではありますが、清潔で設備の整った部屋と、美味しい食事、そして何種類もある温泉を堪能することができます。

FUJI ROCK(フジロック) 2017とリッチな温泉旅行を両方とも楽しみたい場合に最適です。

  • 住所:新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2494
  • 電話番号:025-784-2351

ゆざわ健康ランド

最後に、リーズナブルなおすすめホテルをご紹介します。

ゆざわ健康らんどは、越後湯沢駅から車で10分の場所にある宿泊可能な健康ランドです。会場から少し離れた場所にあるものの、1泊あたりの料金が2,400円と、かなり低価格になっています。

健康ランドなので厳密にはホテルではないのですが、温泉あり、食事処あり、仮眠室ありと、「暖かいところでお風呂に入ってぐっすり眠る」という目的は十分に果たすことができる施設です。ただし、フジロッカーたちにはお馴染みの施設ですので、かなりの混雑が予想されます。

  • 住所:新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢1022-1
  • 電話番号:025-784-4622

【やっぱりキャンプ!FUJI ROCK(フジロック) 2017宿泊方法:キャンプ編】

フジロックといえばキャンプを連想するほど、フジロック参加者にとってキャンプはメジャーな宿泊方法です。キャンプサイトの宿泊方法を解説します。

キャンプサイト

フジロックフェスティバルで販売されているキャンプサイト券を購入すれば、キャンプサイトにキャンプを張ることができます。

利用者専用トイレやシャワー、女性専用エリア、バーベキューエリアなどが用意されている他、苗場温泉(有料)も利用可能です。また、「キャンプよろず相談所」があるので、困ったときは何でも相談できるのも心強いポイントです。

通常の利用者はすべてこのキャンプサイトを利用することになるため、会場に近い場所から埋まっていってしまう点だけ注意してください。前夜祭の日の12時から、最終日翌日12時までオープンしています。

ピラミッドガーデン

ピラミッドガーデンは、フジロックフェスティバルのツアーバス利用者専用のキャンプサイトです。通常のキャンプサイトほど場所取りの競争率は高くありませんが、入場ゲートまでは遠くなります。

しかし、平らな場所は確保されている点、ある程度ゆとりがある点はメリットだといえるでしょう。

ムーンキャラバン

ムーンキャラバンは、4泊参加者限定のオートキャンプ施設です。区画が割り振られているため、場所取りをする必要がなく、車のまま乗りこむことができます。また、犬を連れての利用も可能!ただし、入場ゲートまでは遠くなります。

また、車の入出庫時間が決められているため、開催期間中に途中で車を出す事はできません。

あわせて読みたいフジロック記事

【FUJI ROCK(フジロック) 2017宿泊方法の確保はお早めに!】

(出典:pixabayより)

ホテル派、キャンプ派とに分かれるフジロッカーの宿泊方法ですが、いずれを選択するにせよ早めの計画が必要になります。いまのうちによく考えて、自分にとって最善のFUJI ROCK(フジロック) 2017の過ごし方を決めてみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。